六門礁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アリソン礁
南沙諸島の実効支配状況

六門礁またはアリソン礁[1]英語: Alison Reefベトナム語: Bãi Tốc Tan / 𥒥速潵中国語: 六門礁)は、南沙諸島ロンドン群礁英語: London Reefs中国語: 尹慶群礁)の東端にある環礁である。

地理[編集]

コーンウォリスサウス礁[1]中国語: 南華礁)から7海里離れている。地形は楕円。南東から北西までの長さは約19.8km、幅は約8km。

領有[編集]

1988年から[2]ベトナムがこの礁を実効支配しているが、中華人民共和国中華民国台湾)とフィリピンも主権を主張している[3][4]

中国名[編集]

干潮時に南に6つの礁石が現れるため、中国の漁民からは「六門」と呼ばれている[5]

脚注[編集]

関連項目[編集]


座標: 北緯8度46分 東経113度54分 / 北緯8.767度 東経113.900度 / 8.767; 113.900