浦野起央

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

浦野 起央(うらの たつお、1933年(昭和8年) - )は、日本の政治学者日本大学法学部名誉教授[1]。専門は国際政治学。

愛知県豊川市生まれ。日本大学法学部卒業、同大学院修了。政治学博士。日本大学法学部教授を経て、現職。

社会的活動[編集]

  • 日本アフリカ学会理事
  • 日本国際政治学会理事
  • アジア政経学会理事
  • 国際法学会理事
  • 日本平和学会理事
  • 日本国際フォーラム政策委員[2]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『ナショナリズム――研究動向と文献』(アサヒ社, 1965年)
  • 『現代国際政治の課題』(有信堂, 1970年)
  • 『現代政治の世界』(有信堂, 1970年)
  • 『ジュネーヴ協定の成立』(巖南堂, 1971年)
  • 『発展途上国の社会主義』(アジア経済研究所, 1974年)
  • 『アフリカ国際関係論』(有信堂, 1975年)
  • 『挑戦する第三世界』(有信堂, 1975年)
  • 『第三世界の政治学』(有信堂, 1977年)
  • 『現代世界における中東・アフリカ――その国際関係とソ連の関与およびパレスチナ問題』(晃洋書房, 1982年)
  • 『民族独立論――アジア・アフリカにおける独立の経過と意味』(群出版, 1982年)
  • 『パレスチナをめぐる国際政治』(南窓社, 1985年)
  • 『国際関係論の再構成』(南窓社, 1985年)
  • 『国際社会の変容と国連投票行動――1946-1985年(全3巻)』(国連地域資料センター, 1987年-1989年)
  • 『国際関係理論史』(勁草書房, 1997年)
  • 『南海諸島国際紛争史――研究・資料・年表』(刀水書房, 1997年)
  • 『尖閣諸島・琉球・中国――日中国際関係史:分析・資料・文献』(三和書籍, 2002年)
  • 『人間的国際社会論』(勁草書房, 2003年)
  • 『国際関係のカオス状態とパラダイム』(勁草書房, 2004年)
  • 『冷戦・国際連合・市民社会――国連60年の成果と展望』(三和書籍,2005年)
  • 『地政学と国際戦略――新しい安全保障の枠組みに向けて』(三和書籍, 2006年)

共著[編集]

  • 『国際政治・国際法の基本知識』(北樹出版, 1982年)
  • 大隈宏谷明良恒川惠市山影進)『国際関係における地域主義――政治の論理・経済の論理』(有信堂, 1982年)
  • 『国連投票行動の計量分析』(国際地域資料センター, 1985年)
  • 崔敬洛)『朝鮮統一の構図と北東アジア』(勁草書房, 1989年)

編著[編集]

  • 『ベトナム問題の解剖――分析と資料(全3巻)』(外交時報社, 1967年-1973年)
  • 『中東国際関係資料集(全3巻)』(東通社出版部, 1974年-1975年)
  • 『アフリカ国際関係資料集』(有信堂, 1975年)
  • 『資料体系アジア・アフリカ国際関係政治社会史』(パピルス出版, 1979年-2004年)
  • 『国際新秩序構想資料集』(北樹出版, 1998年)
  • 『20世紀世界紛争事典』(三省堂, 2000年)

共編著[編集]

  • 播里枝)『国際関係論講義』(青林書院新社, 1974年)
  • 勝藤猛)『中東と国際関係』(晃洋書房, 1979年)
  • 本田弘)『現代政治の基本知識』(北樹出版, 1985年)
  • 牧田幸人)『現代国際社会の法と政治――深津栄一先生還暦記念論文集』(北樹出版, 1985年)
  • 藤原孝杉本稔)『現代政治の解明』(北樹出版, 1996年)

訳書[編集]

  • ダグラス・パイク『ベトコン――その組織と戦術』(鹿島研究所出版会, 1968年)
  • ハッサン・ビン・タラル『エルサレムの研究』(毎日新聞社, 1982年)
  • ガブリエル・アーモンド, ブリングハム・パーウェル『比較政治学――システム・過程・政策』(時潮社, 1986年)
  • ハッサン・ビン・タラール『パレスチナの自決――西岸及びガザ地区の歴史的・法的研究』(刀水書房, 1988年)
  • ダヴ・ローネン『自決とは何か――ナショナリズムからエスニック紛争へ』(刀水書房, 1988年)
  • ジョージ・モデルスキー『世界システムの動態――世界政治の長期サイクル』(晃洋書房, 1991年)
  • マイケル・ワトソン編『マイノリティ・ナショナリズムの現在』(刀水書房, 1995年)
  • 張聿法・余起棻編『第二次世界大戦後戦争全史』(刀水書房, 1996年)
  • G・K・ヘライナー『南北問題の政治経済学――グローバル経済と発展途上国』(学文社, 1998年)
  • アラン・ラブルース, ミッシェル・クトゥジス『麻薬と紛争――麻薬の戦略地政学』(三和書籍, 2002年)

著作集[編集]

  • 『浦野起央著作集』(南窓社, 1989年-)
    • 1巻「国際関係論の再構成」
    • 2巻「第三世界の連合政治」
    • 3巻「現代国際関係の視点」
    • 4巻「国際政治における小国」
    • 5巻「アフリカの国際関係」
    • 6巻「南アジア・中東の国際関係」
    • 7巻「現代紛争論」
    • 8巻「国際協調・レジーム・援助」
    • 9巻「アジアの国際関係」
    • 10巻「新世紀アジアの選択」
    • 11巻「日・中・韓の歴史認識」
    • 12巻「安全保障の新秩序――国家安全保障再考、テロ・環境・人間の安全保障」

脚注[編集]

  1. ^ 日本大学大学院総合社会情報研究科「浦野起央先生」[1]
  2. ^ 委員”. 日本国際フォーラム. 2014年2月25日閲覧。

外部リンク[編集]