無メ礁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
南沙諸島における南シナ海周辺諸国の実効支配状況

英語:Tennent Reef/Pigeon Reef[1]ベトナム語: Đá Tiên Nữ / 𥒥仙女)は、南沙諸島(スプラトリー諸島)のロンドン群礁(英語:London Reefs、中国語: 尹庆群礁)東部の環礁である。

地理[編集]

インベスティゲーター礁の北部にあり、コモードアー礁から北西に40海里離れている。中国語では、海産がほとんどないので、“無”(海南語で「何もない」という意味)という礁名が付いた[2]

領有を巡る状況[編集]

1988年から[3]ベトナムがこの礁を実効支配しているが、中華人民共和国中華民国台湾)も主権を主張している[4][5]

脚注[編集]

座標: 北緯8度50分0秒 東経114度38分0秒 / 北緯8.83333度 東経114.63333度 / 8.83333; 114.63333