八杉将司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

(やすぎ まさよし、1972年11月2日[1] - 2021年12月12日)は、日本小説家SF作家

略歴[編集]

兵庫県姫路市出身[1]九州国際大学法経学部卒業。出版社での勤務を経て、その後はアルバイトの傍ら小説を執筆。2004年に『夢見る猫は、宇宙に眠る』が第5回日本SF新人賞を受賞している[2]

2021年12月12日7時20分ごろ、自宅敷地内の物置小屋で首を吊った状態で付近住民に発見され110番通報し、死亡が確認された[3]。49歳没。夏ごろに家族に「新型コロナウイルスの影響で仕事が減っている」と話しており、兵庫県警飾磨警察署では状況から自殺とみて調べている[4]

作品リスト[編集]

単行本[編集]

単行本未収録作品[編集]

  • 海はあなたと - 『SF Japan』2004年 冬季号 掲載
  • 命、短し - 『小松左京マガジン』第15巻(2004年8月) 掲載
  • ハルシネーション『SF Japan』2006年 SPRING 掲載
  • 娘の望み - 『進化論 異形コレクション』(2006年8月)収録
  • ある世界の日常 - 『理大科学フォーラム』25巻6号 (2008年6月) 掲載
  • うつろなテレポーター - 『虚構機関 年刊日本SF傑作選』(2008年12月)収録
  • 俺たちの冥福 - 『心霊理論 異形コレクション』(2007年8月)収録
  • 夏がきた - 『ひとにぎりの異形 異形コレクション』(2007年12月)収録
  • 産森うぶもり - 『未来妖怪 異形コレクション』(2008年7月)収録
  • カミが眠る島 - 『SF Japan』2008年 SUMMER 掲載
  • エモーション・パーツ - 『SF Japan』2009年 AUTUMN 掲載
  • 一千億次元の眠り - 『SF Japan』2011年 SPRING 掲載
  • ぼくの時間、きみの時間 - 『物語のルミナリエ 異形コレクション』(2011年12月)収録
    • 『ショートショートの宝箱 短くて不思議な30の物語』(光文社文庫、2017年4月) に再録。
  • サクセッション - 『日本ロボット学会誌』31巻10号(2013年12月)
  • 夢のホテル - 『人工知能 : 人工知能学会誌』30巻5号(2015年9月)掲載
  • 友達のタイムパラドックス - 『小説すばる』2018年10月号 掲載

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.467
  2. ^ 各賞受賞一覧”. 日本SF作家クラブ. 2021年12月12日閲覧。
  3. ^ “SF作家の八杉さんが死亡、自殺か 兵庫・姫路”. 産経ニュース (産経デジタル). (2021年12月12日). https://www.sankei.com/article/20211212-ST4FQX5IQBKVLAMR56WX4ZSQRM/ 2021年12月12日閲覧。 
  4. ^ SF作家八杉将司さん死亡 「コロナで仕事減った」自殺か―兵庫 - 時事ドットコム 2021年12月12日