児島稔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
こじま みのる
児島 稔
生誕 大野(大伴)鶴五郎
安政2年6月20日1855年8月2日
土佐国吾川郡名野川村高知県吾川郡仁淀川町名野川)
死没 1921年大正10年)9月17日
高知県土佐郡小高坂村(高知市小高坂越前町)
国籍 日本の旗 日本
別名 KO生(変名)
時代 明治時代
雇用者 高知新聞
代表作 『自由民権運動史』、『無形伯』
影響を受けたもの 板垣退助
政党 南嶽社嶽洋社
運動・動向 自由民権運動
罪名 不応為罪新律綱領)、紙幣偽造予備罪旧刑法
刑罰 禁獄30日・除族、重禁錮4年6月
配偶者 小島寅、湯川留以
大伴大作・安、小島喜左衛門・藤
親戚 坂本南海男(養女の夫)

児島 稔(こじま みのる、安政2年6月20日1855年8月2日) - 1921年大正10年)9月17日)は高知県自由民権運動家。南嶽社嶽洋社員、『高知新聞』客員、高松文武講習所主幹。酒屋会議5円紙幣偽造事件に関与し、2度入獄した。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

安政2年(1855年)6月20日土佐国吾川郡名野川村高知県吾川郡仁淀川町名野川)に[1]土佐藩士大野(大伴[1])大作の長男または次男として生まれ[2]土佐郡小高坂村(高知市小高坂越前町)に移った[1]。幼名は鶴五郎[2]

明治4年(1871年)頃県御雇教師ハロルド・E・レーネルに英語を学んだ[3]。明治5年(1872年)以前小島喜左衛門の養子となり[2]、築屋敷に移った[4]

上京して司法省明法寮に入学し、中退して三菱会社に入ったともされるが、疑わしい[5]

政治活動[編集]

在京中征韓論自由民権運動に共鳴し、1874年(明治7年)板垣退助愛国公党を結成して帰郷すると、これを追って帰郷し、地方政社南嶽社結成に参加した[6]。1878年(明治11年)9月愛国公党再興大会に出席し、12月南洋社と合併して嶽洋社となってからも社を主導し、1880年(明治13年)国会期成同盟の国会開設請願書に署名し、立志社私擬憲法審議に参加した[7]

同年坂本南海男と「島坂稔男」の変名で土佐郡上街町会規則に婦人参政権を盛り込む運動を行い、実現した[8]。1881年(明治14年)8月『高知新聞』客員となった[9]

1881年(明治14年)10月東京で自由党創立大会に参加した。植木枝盛と共に酒税軽減運動を行い、酒屋会議開催を呼びかける檄文を配布したところ、12月3日新律綱領不応為条により禁獄30日、士族除籍を言い渡され[10]、入獄した[11]

1883年(明治16年)春片岡健吉伊藤常二中国地方を遊説した後、高松文武講習所主幹となった[12]

紙幣偽造[編集]

1883年(明治16年)朝鮮開化派の支援運動に参加し、1885年(明治18年)11月発覚した大阪事件では紙幣偽造計画に関わったとされるが、逮捕されるには至らず、直接関与したかどうか不明[13]

1886年(明治19年)11月政治体制変革を志し、大阪市東区平野町二丁目借屋で速見市次郎等と5円紙幣偽造を試みたが、上手く造れず断念した[14]

1888年(明治21年)1月大阪苦楽部創立に参加し、『東雲新聞』を発行した[12]。同年5月7日小島家と離縁して大伴稔となり[2]、1890年(明治23年)3月13日分家を起こし、16日大伴直念と改名した[14]

その後、偽造計画は1円紙幣山陽鉄道株券へと対象を変え、実行に移された。1890年(明治23年)7月25日事件が発覚すると、大伴直念は5円偽造予備・1円偽造予備幇助で起訴され、1894年(明治27年)3月2日5円偽造予備について重禁錮4年6月、監視1年を言い渡された[15]

1897年(明治30年)1月31日英照皇太后崩御の大赦で刑期を短縮され、7月2日出獄すると[16]、8月25日大伴分家を廃し、9月13日名野川村森山の絶家大島家を継ぐ形で、22日大島更造と改名した[17]

晩年[編集]

帰郷後、『土陽新聞』にKO生(大島更造のイニシャル)の変名で「土陽新聞小歴史」を連載し[18]、土佐史壇会でも活動したが、政治活動からは身を引き、1921年(大正10年)9月17日午前2時30分小高坂村の自宅で病没した[19]

著書[編集]

家族[編集]

  • 父:大野大作 – 土佐藩士。
  • 母:安 - 土佐藩士森岡俊三郎姉[2]
  • 姉:丑(うし) - 弘化4年(1847年)生[4]。小野八三兵衛次男禎作を婿養子に迎えた[2]
  • 妹:忠(ただ) - 安政7年(1860年)生[4]
  • 養父:小島喜左衛門
  • 養母:藤 - 天保5年(1834年)10月8日生。土佐藩士島田孫四郎長女[4]
  • 先妻:寅 - 万延元年(1860年)7月17日生。小島喜左衛門長女[22]。1888年(明治21年)5月7日離縁した[11]
  • 後妻:留以 - 和歌山市南汀丁湯川佐平長女。1897年(明治30年)12月16日結婚したが、1904年(明治37年)8月6日協議離婚した[23]
  • 養女:鶴井 - 坂本南海男義妹・妻[24]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 寺崎 1981, pp. 50-51.
  2. ^ a b c d e f 外崎 1974, p. 114.
  3. ^ 寺崎 1981, p. 53.
  4. ^ a b c d 寺崎 1981, p. 51.
  5. ^ 寺崎 1981, pp. 53-54.
  6. ^ 寺崎 1981, pp. 54-57.
  7. ^ 寺崎 1981, pp. 60-65.
  8. ^ 外崎 1974, pp. 122-130.
  9. ^ 寺崎 1981, p. 66.
  10. ^ 寺崎 1981, pp. 68-70.
  11. ^ a b 外崎 1982, p. 102.
  12. ^ a b 外崎 1974, p. 118.
  13. ^ 寺崎 1981, pp. 77-82.
  14. ^ a b 寺崎 1981, pp. 84-85.
  15. ^ 寺崎 1981, pp. 85-93.
  16. ^ 寺崎 1981, pp. 93-94.
  17. ^ 寺崎 1981, p. 94.
  18. ^ 外崎 1974, pp. 119-121.
  19. ^ 寺崎 1981, pp. 97-99.
  20. ^ 外崎 1974, p. 112.
  21. ^ 外崎 1974, p. 119.
  22. ^ 寺崎 1981, p. 52.
  23. ^ 寺崎 1981, p. 95.
  24. ^ 外崎 1974, p. 130.

参考文献[編集]