信州山由金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
信州山 由金 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 信州山 由金
本名 河西 由金
生年月日 1918年11月1日
没年月日 (1976-08-20) 1976年8月20日(57歳没)
出身 長野県諏訪郡上諏訪町(※出生当時、現在の同県諏訪市岡村)
身長 179㎝
体重 92㎏
BMI 30.39
所属部屋 高砂部屋
得意技 右四つ、上手投げ
成績
現在の番付 引退
最高位 西前頭4枚目
生涯戦歴 98勝85敗11休(23場所)
幕内戦歴 24勝31敗11休(6場所)
優勝 幕下優勝1回
データ
初土俵 1937年5月場所
入幕 1945年11月場所
引退 1948年10月場所
引退後 料理店経営
備考
2014年4月1日現在

信州山 由金(しんしゅうざん よしかね、1918年11月1日-1976年8月20日)は、長野県諏訪郡上諏訪町(現在の同県諏訪市岡村)出身で、1940年代に活躍した大相撲力士である。現役時代は、高砂部屋に所属した。本名は河西 由金(かわにし よしかね)[1]

来歴・人物[編集]

現役当時の体格は179cm、92kgと、当時としては肩幅も広くがっしりとした体型であった。右を差しての思い切った攻め、頭を付ける堅実さを持ち合わせた取り口[1]

18歳の時に角界入りし、1937年5月場所で初土俵[1]1938年5月、19歳で序ノ口に付き、故郷の長野県諏訪郡に由来する「諏訪昇」を四股名とした。

その後、1942年5月場所より、郷里・長野県の旧称(信濃信州)に因んだ「信州山」に改名。1943年5月場所では幕下上位で全勝優勝を遂げ、翌年の1月場所で新十両に昇進。そして、1945年11月場所で、初土俵から9年目にして入幕した[1]

その場所は、戦後初の本場所であり、修復した両国国技館で開催された。しかし、屋根に穴が開いていて雨が防げなかったため、一日だけ雨天順延になっている。また、唯一正規の15尺ではなく、16尺の土俵を使用した珍しい場所となる[2]

1947年6月場所での西前頭4枚目が最高位で、横綱羽黒山に善戦した一番が話題になり、後に大関となった三根山にも勝利したものの、同場所では1勝9敗と大きく負け越し[1]た。

以後も勝ち越すことは無く、1948年10月場所限り、29歳で廃業

廃業後は東京都大田区大森にて、料理店を経営した[1]

1976年8月20日、逝去。57歳没。

取り口は、上突っ張りからの右を差しての寄り切りに鋭さがあったという。また、長身ながら頭を下げた堅実な相撲ぶりで、上手投げや打っ棄りもあった[3][4]

主な戦績[編集]

  • 通算成績:98勝85敗11休 勝率.535
  • 幕内成績:24勝31敗11休 勝率.436
  • 現役在位:23場所
  • 幕内在位:6場所 
  • 各段優勝
    • 幕下優勝:1回(1943年5月場所)

場所別成績[編集]

 
信州山 由金
春場所 夏場所 秋場所
1937年
(昭和12年)
x (前相撲) x
1938年
(昭和13年)
(前相撲) 西序ノ口11枚目
3–4 
x
1939年
(昭和14年)
東序二段49枚目
4–3 
西三段目57枚目
4–4 
x
1940年
(昭和15年)
東三段目50枚目
6–2 
東三段目14枚目
5–3 
x
1941年
(昭和16年)
西幕下36枚目
4–4 
西幕下32枚目
3–5 
x
1942年
(昭和17年)
東幕下50枚目
4–4 
東幕下31枚目
4–4 
x
1943年
(昭和18年)
東幕下27枚目
5–3 
東幕下19枚目
優勝
8–0
x
1944年
(昭和19年)
西十両9枚目
8–7 
西十両5枚目
6–4 
東十両筆頭
5–5 
1945年
(昭和20年)
x 東十両筆頭
5–2 
東前頭13枚目
5–5 
1946年
(昭和21年)
x x 東前頭11枚目
8–5 
1947年
(昭和22年)
x 西前頭4枚目
1–9 
西前頭12枚目
5–6 
1948年
(昭和23年)
x西前頭15枚目
5–6 
東前頭17枚目
引退
0–0–11
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

四股名の変遷[編集]

  • 諏訪昇 由金(すわのぼり よしかね)1938年5月場所
  • 諏訪登 由金(すわのぼり -)1939年1月場所 - 1942年1月場所
  • 信州山 由金(しんしゅうざん -)1942年5月場所 - 1948年10月場所

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(3) 高砂部屋』p21
  2. ^ 『戦後新入幕力士物語 第1巻』 佐竹義惇・著、1990年10月、ベースボール・マガジン社、P24より
  3. ^ 『戦後新入幕力士物語 第1巻』 佐竹義惇・著、1990年10月、ベースボール・マガジン社、P20より
  4. ^ 『古今大相撲力士事典』景山忠弘・小池謙一共著、1989年10月、国書刊行会、P177より

参考文献[編集]

  • 『戦後新入幕力士物語 第1巻』(著者・佐竹義惇、1990年10月、ベースボール・マガジン社刊)
  • 『古今大相撲力士事典』(景山忠弘・小池謙二共著、1989年10月、国書刊行会刊)
  • 『平成25年版 大相撲力士名鑑』(京須利敏・水野尚文共著、2012年12月、共同通信社刊)

関連項目[編集]