保徳戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

保徳戦争(やすとくせんそう)は、1980年代鹿児島県奄美地方衆議院議員総選挙において、保岡興治徳田虎雄の間で展開された選挙抗争である。

概要[編集]

1953年(昭和28年)に米軍占領下から本土復帰を果たした奄美群島には、衆議院議員総選挙の選挙区として定数1名の奄美群島選挙区が編成された。1947年(昭和22年)以後の衆議院議員総選挙が中選挙区制で行われていた中で、奄美群島選挙区は唯一の小選挙区だった。

復帰以後、奄美群島選挙区では伊東隆治保岡武久(興治の父)とが争う構図が続けられていたが、1968年(昭和43年)に伊東が死去した。1969年(昭和44年)に保岡武久が政界を引退し、興治に地盤を譲る。1972年(昭和47年)の第33回衆議院議員総選挙以後は、保岡興治が当選を続けた。

1983年(昭和58年)の第37回衆議院議員総選挙で、医療法人徳洲会理事長の徳田虎雄が初出馬。開票の結果、保岡が僅差で当選したものの[1]、両陣営から選挙違反による逮捕者が続出した。

1986年(昭和61年)の第38回衆議院議員総選挙1990年(平成2年)の第39回衆議院議員総選挙でも激戦と選挙違反とが繰り返された。

国政選挙での両陣営の対立は徳之島三町(徳之島町伊仙町天城町)における町長選や町議選にも波及し、地場産業が乏しいために公共工事の指名などに影響を与える支持候補の勝敗が生活に直接関わっていた事情も、より政争が激化する要因となった[2]1991年4月の伊仙町長選挙では多くの町民が開票所の町役場を取り囲む騒ぎを起こして不在者投票が不受理となって選挙やり直しとなったり、町選管委員長が替え玉投票に関与して公職選挙法違反で有罪判決を受けるほどまで政争が発展した。奄美群島選挙区をきっかけとした徳之島における選挙は「汚い選挙」の一例として語られることとなった。

1980年代後半から衆議院議員総選挙に小選挙区制を導入することが検討されるようになるが、導入反対の立場からは小選挙区制の弊害として保徳戦争が引き合いに出された。

奄美群島選挙区時代の選挙結果[編集]

第37回衆議院議員総選挙 奄美群島選挙区

※当日有権者数: 最終投票率:(前回比:)

候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持
保岡興治 44 自由民主党 49,643票 49.8%
徳田虎雄 45 無所属 48,583票 48.7%
第38回衆議院議員総選挙 奄美群島選挙区

※当日有権者数: 最終投票率:(前回比:)

候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持
保岡興治 47 自由民主党 50,965票 51.2%
徳田虎雄 48 自由連合 47,424票 47.6%
第39回衆議院議員総選挙 奄美群島選挙区

※当日有権者数: 最終投票率:(前回比:)

候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持
徳田虎雄 52 自由連合 49,591票 50.4%
保岡興治 50 自由民主党 47,446票 48.2%

奄美群島選挙区廃止後、そして終結[編集]

1992年(平成4年)12月の公職選挙法改正で奄美群島区は消滅し、鹿児島県第1区に編入されることになり、1993年の第40回衆議院議員総選挙ではじめて実施された。このときは、実質定数1減でありながら、奄美群島で保岡・徳田の得票が他候補を圧倒していたことと、当該地域の投票率が極めて高い状態が続いていたこともあり、保岡・徳田の両者が当選を果たした。1994年(平成6年)再び公職選挙法改正で小選挙区比例代表並立制が導入された際に、保岡は鹿児島県第1区、徳田は奄美群島が選挙区である鹿児島県第2区[3]から出馬することとなったため、両者の直接対決はなくなった。

その後、2005年(平成17年)に虎雄が病気静養で政界引退し、次男の徳田毅が後を継いだ。そして、2007年(平成19年)毅が自民党に入党[4]。さらには、2009年(平成21年)の第45回衆議院議員総選挙の応援演説でかつての敵だった、保岡、園田、そして徳田側の幹部が共に手を取り合い、終結を宣言している[5]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 得票率で保岡が49.8%、徳田が48.7%と差が非常に少なかった。
  2. ^ [ニュース・アイ]伊仙町長選有罪判決 「選管ぐるみ」…激しい政争を象徴 読売新聞 1993年1月28日
  3. ^ 当時、対抗議員として自民党党員の園田修光と対抗した。
  4. ^ 父の虎雄も自民党に一時期入党したが、徳洲会と対決していた日本医師会がこれに反対し、3日で追放した。
  5. ^ 保徳戦争の影消えず 朝日新聞 2009年8月25日掲載

関連項目[編集]