作業環境測定法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
作業環境測定法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 なし
法令番号 昭和50年法律第28号
効力 現行法
種類 法律
主な内容 作業環境における労働者の健康保持など
関連法令 労働安全衛生法
条文リンク e-Gov法令検索
テンプレートを表示

作業環境測定法(さぎょうかんきょうそくていほう、昭和50年法律第28号)は、作業環境の測定に関し作業環境測定士資格及び作業環境測定機関等について必要な事項を定めることにより、適正な作業環境を確保し、もつて職場における労働者の健康を保持することが目的である。

構成[編集]

  • 第1章 - 総則
  • 第2章 - 作業環境測定士等
  • 第3章 - 作業環境測定機関
  • 第4章 - 雑則
  • 第5章 - 罰則

資格[編集]

外部リンク[編集]