佗美浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佗美 浩
生誕 1891年5月2日
愛媛県松山市
死没 (1970-12-25) 1970年12月25日(79歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
最終階級 陸軍少将
テンプレートを表示

佗美 浩(たくみ ひろし、1891年5月2日 - 1970年12月25日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍少将太平洋戦争開戦直後のコタバル上陸作戦を指揮した。

略歴[編集]

著書[編集]

  • 『コタバル敵前上陸』プレス東京、1968年

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。