佐備神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐備神社
Sabi-jinja honden.jpg
所在地 大阪府富田林市佐備467
位置 北緯34度28分49秒
東経135度36分15秒
主祭神 天太玉命
社格 式内社(小)・村社
創建 天安2年(858年
本殿の様式 三間社流造
例祭 10月17日
テンプレートを表示

佐備神社(さびじんじゃ)は、大阪府富田林市にある神社である。式内社で、旧社格村社

祭神[編集]

天太玉命を主祭神として中央に祀り、左相殿に松尾大神大山祇神・中津嶋姫神)、右相殿に春日大神建御賀豆智命伊波比主命天子八根命比売神)を祀る。

本殿が三社造りであるのに文献では天太玉命・松尾大神としか書かれておらず、もう1座の祭神が不詳であったが、寛文6年の修理木札に「左松尾大明神、右春日大明神」と記されていたことから右相殿に春日大神が祀られた。

歴史[編集]

社伝では天安2年(858年)正月の創建としている。当地は忌部氏の流れを汲む佐味氏の居住地である石川郡佐備郷であり、祖神として天太玉命が祀られたものとみられる。

延喜式神名帳に「河内国石川郡 佐備神社」と記載され、小社に列している。明治5年村社に列格し、大正元年、神饌幣帛料供進社に指定された。

施設[編集]

  • 摂社
    • 水分神社
    • 天神社(祭神 素盞嗚命) -- 元は楠木正成が嶽山山頂に築いた龍泉山城の鎮守・大将軍祠であったと伝えられる
  • 末社
    • 相模国一ノ宮 寒川神社
    • 丹後国一ノ宮 籠守神社
    • 撞賢木神社
    • 山城国一ノ宮 加茂神社
    • 信濃国一ノ宮 諏訪神社
    • 菅原神社
    • 妙見宮