佐々行政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
佐々行政
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 不明
別名 政孝?
官位 淡路
主君 織田信長豊臣秀吉徳川家康
氏族 佐々氏

佐々 行政(さっさ ゆきまさ、生没年不詳)は、戦国時代の武将、鷹匠。官途は淡路守[1]豊臣政権十人衆の一人として知られる。同族に佐々成政がいる。

関ヶ原の戦いでは東軍についたが、大坂の陣直前に改易された。

生涯[編集]

秀吉の鷹匠頭として[編集]

織田信長に鷹匠として仕え、その後、羽柴秀吉の鷹匠頭となった。鷹匠としては非常に技量の高い人物であったとされる[1][2][3]

1585年天正13年)の紀州征伐では秀吉に従い、細川忠興大谷吉隆稲葉典通筒井定次伊藤弥吉らとともに積善寺城の戦いに加わった[4][5]

1590年(天正18年)7月に後北条氏が滅亡すると、自害した北条氏政氏照の死を確かめる検使を石川貞清などとともに務めた[1]

豊臣十人衆として[編集]

1594年文禄2年)に諸大夫成を果たし、官位を受けた[6]。『太閤様御代配分帳』では、1597年慶長2年)頃には6000石の知行を有していたとされている[1]

この頃、佐々行政は出羽秋田の安東氏に対する豊臣政権の肝煎取次)を務めていた。秋田実季浅利頼平との間で紛争が発生した際には実季の側に立ち、浅利方の浅野長政(長吉)との交渉を行っている[7]

なお、「守矢家文書」によれば、豊臣政権の十人衆[8]の一人となっている[9]。豊臣政権の十人衆は裁判の受理・聴取を担当する吏僚であった[10]

朝鮮国人数帳』などによれば、文禄・慶長の役では鷹師850人を率いて肥前名護屋に参陣している[1]。また、1598年2月9日(慶長3年1月4日)付で浅野幸長から蔚山城の戦いについて書状を送られている[11]

徳川家康への接近と改易[編集]

行政は、信長時代から徳川家康と懇意にしていた[3]1594年7月16日(文禄3年5月28日)には家康から書状を送られている。その内容は秀吉の伏見御成を承知した旨を行政に伝えるものであった[12]。以下に全文を引用する。

切々、被入御念候て示給候、祝著之至候、然者、頓而伏見へ 御成之由承候、得其意存候、猶、阿部善右衛門尉加々爪勘十郎可申候、恐々謹言、
五月廿八日      家康(花押) 
佐々淡路守殿


1600年1月23日(慶長4年12月8日)、家康の摂津茨木での鷹狩において鷹匠として参加した[1][13]

1600年9月19日(慶長5年8月12日)、家康は加藤清正に対して肥後筑後の加増を約束する書状を送った。その際、行政は津田秀政とともに、より詳細な内容を清正に伝える役割を担った。『大村記』では、行政と秀政は「肥後国両目付」とされている[14]

家政は、家康の会津征伐にも従い[1][15]関ヶ原の戦い本戦では、織田有楽斎らとともに中山道沿いの先鋒与力として参戦する[16]

戦後、1606年(慶長11年)春に行われた榊原康勝の祝言に関わり、榊原康政から感謝の旨を記した書状を送られている。宛名は「佐々淡路様 人々御中」となっている[17]

その後、駿府に滞在して家康に仕えていたが、1613年(慶長18年)に兄弟とともに改易された。富田信高の殺人犯隠匿に連座したことが原因だと言われている[1][3]

1614年(慶長19年)の大坂の陣では、豊臣方の人物として「佐々淡路守」が船奉行として活動している[18]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 高柳光寿松平年一編『戦国人名辞典 増訂版』吉川弘文館、1973年
  2. ^ 阿部猛西村圭子『戦国人名事典』新人物往来社、1990年。
  3. ^ a b c 「当代記・巻8」『当代記/駿府記』(史籍雑纂)続群書類従完成会、1998年、p193。
  4. ^ 大日本史料』第11編之14。
  5. ^ 小和田泰経『戦国合戦史事典 存亡を懸けた戦国864の戦い』新紀元社2010年、p272。
  6. ^ 下村效『日本中世の法と経済』八木書店、1998年、p594
  7. ^ 「佐々淡路守宛浅野長吉書状」(斉藤利男他編『青森県史 資料編 中世2』青森県、2005年、所収)。
  8. ^ 行政の他には富田一白寺西正勝毛利吉成堀田一継石田正澄片桐貞隆石川光元山中長俊木下延重がいる。
  9. ^ twitter丸島和洋
  10. ^ 三鬼清一郎「御掟・御掟追加をめぐって」『日本近世史論叢 上巻』吉川弘文館、1984年。
  11. ^ 浅野家文書』(大日本史料)57号。
  12. ^ 徳川義宣『新修徳川家康文書の研究』徳川黎明会、1987年(再刊2006年)、p230。
  13. ^ 『慶長見聞書』
  14. ^ 中村孝也『徳川家康文書の研究』中巻、日本学術振興会1980年、p572
  15. ^ 『鈴木文書』
  16. ^ 笠谷和比古『関ヶ原合戦と大阪の陣』吉川弘文館、2007年。
  17. ^ 『榊原康政の墓調査報告書』館林市教育委員会、1993年。
  18. ^ 寛政重修諸家譜 第5編』栄進舎出版部、1917年、p1003。

関連項目[編集]