伊波紗友里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いは さゆり
伊波 紗友里
プロフィール
愛称 さゆりー、サユリステル
出身地 日本の旗 日本 沖縄県
生年月日 (1988-04-01) 1988年4月1日(28歳)
最終学歴 琉球大学観光産業科学部観光科学科
所属事務所 不明
職歴 ラジオ沖縄(2011年 - 2013年)
キャスト・プラス(2013年 - 2016年)
活動期間 2010年 -
ジャンル 報道情報番組
配偶者 あり
出演番組・活動
過去 TBSニュースバード

伊波 紗友里(いは さゆり、1988年4月1日 - )は、フリーアナウンサー。元ラジオ沖縄アナウンサー報道記者。身長165cm。

来歴・人物[編集]

  • 2006年 琉球大学観光産業科学部観光科学科入学
  • 2008年 ミス沖縄クリーングリーングレイシャス
  • 2009年 かりゆしホテルズ主催『第5回「おきなわの観光」意見発表コンクール』で最優秀賞に選ばれる[1]
  • 2010年 RBCiラジオラジオカーレポーター
  • 2011年 着物装いの女王沖縄代表・琉球大学観光産業科学部観光科学科卒業・ラジオ沖縄入社
  • 2012年 第45回(2013年度)ミス日本コンテストに出場[2][3]
  • 2013年 8月に出演番組の中で結婚を発表、9月に夫の転勤に伴いラジオ沖縄を退社[4]。10月から東京でフリーアナウンサーとしての活動を始める。当時の所属事務所はキャスト・プラス
  • 2016年 10月をもって3年あまり出演してきたTBSニュースバードを降板。同年11月にはキャスト・プラスとの契約を解除した。

逸話[編集]

  • 父親が小学生時代に米軍機の墜落事故を目撃。幸い犠牲には至らなかったが[3]、その事故を検証すべく2012年に『空からジェット機が降ってきた 〜宮森小ジェット機墜落事故の記憶〜』と題した特別番組を制作[5]、同年6月23日に本放送された[6]。放送後に行われた番組審議委員会では「言葉の迫力が伝わってくるのはラジオならでは」というような高評価が多かったのに対し「ナレーションはもっと静かにゆっくり丁寧に読んで」という注意もあった[6]

現在担当している番組[編集]

過去に担当していた番組[編集]

  • MUSIC SHOWER(RBCiラジオ、2010年4月9日~10月1日 毎週金曜)
  • チムどんぱあく(RBCiラジオ、2010年4月10日~9月25日 毎週土曜)
  • スポーツフォーカル(RBCiラジオ)
  • フィルマチグヮーソレイユ(ラジオ沖縄、2011年11月6日〜2013年9月8日 毎週日曜)
    • 番組自体は2013年9月29日まで放送されたが、伊波は9月8日限り降板した。
  • TBSニュースバードキャスター(2013年10月〜2016年10月)

脚注[編集]

  1. ^ 最優秀賞:伊波紗友里さん”. 第5回「おきなわの観光」意見発表コンクール. 株式会社かりゆし. 2016年6月22日閲覧。
  2. ^ “ミス日本2013、候補者に元子役、現役アナ、プロボウラーら多彩な顔ぶれ12人”. マイナビニュース (マイナビ). (2012年12月4日). http://news.mynavi.jp/news/2012/12/04/068/ 2013年10月25日閲覧。 
  3. ^ a b “伊波さん「痛み伝える」ミス日本候補者抱負語る”. 琉球新報. (2012年12月4日). http://ryukyushimpo.jp/news/prentry-199911.html 2016年6月22日閲覧。 
  4. ^ ご報告☆”. 伊波紗友里の〜サユリズム日記〜♪ (2013年9月1日). 2013年10月21日閲覧。
  5. ^ 伊波紗友里 (2013年6月6日). “コラム「南風」:変わらない空の下”. 琉球新報. http://ryukyushimpo.jp/hae/prentry-207607.html 2016年6月22日閲覧。 
  6. ^ a b 2012年度番組審議委員会 会議議事録”. ラジオ沖縄. 2016年6月22日閲覧。

外部リンク[編集]