今北洪川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

今北 洪川(いまきた こうぜん、文化13年7月10日1816年8月3日) - 明治25年(1892年1月16日)は、幕末明治時代を代表する臨済宗の禅僧。幼名は真三郎、法諱は宗温、道号は虚舟、室号は蒼龍窟摂津国(現・大阪府西成郡福島村の生まれ[1]

明治8年(1875年)、教部省に召致され、鎌倉円覚寺の管長に出世し、雲水のみならず、一般大衆に対する禅指導に力を注ぎ、山岡鉄舟鳥尾得庵明治期の著名人が参禅した。弟子としては、渡米して禅の宣揚につとめた釈宗演鈴木大拙[2]らが出た。

今北洪川が設立主宰した両忘会が標榜した在家主義は、釈宗演門下の釈宗活宗教法人両忘禅協会、釈宗活門下の立田英山人間禅教団へと受け継がれた。

生涯[編集]

若いときは儒学者であった。藤沢東垓に入門し儒学を学び、廣瀨旭莊に詩文を学び、大坂中島(中之洲)に私塾を開くが、『禅門宝訓』を読んだことが機縁となり、出家の思い止めがたく、妻淺子と離縁し、天保11年(1840年)25歳で相国寺の大拙承演に師事し出家する。僧堂で一緒だった荻野独園に励まされ、苦しみながらも参禅を続けた[3]。天保13年(1842年)4月、大悟し、大拙に認められる。のち弘化4年(1847年)、曹源寺の儀山善来和尚のもとに参じた。安政2年(1855年)、大拙示寂。安政5年(1858年)より岩国永興寺に住して、藩主吉川経幹のために文久3年(1862年)、『禅海一瀾』を著わした[1]。明治8年(1875年)、拠点を東京市本郷の麟祥院に移す。同年、鎌倉円覚寺住職となる。明治11年(1878年)、儀山示寂。明治16年(1883年)、京都妙心寺の越渓守謙より釈宗演を徒弟として譲り受ける。明治25年(1892年)示寂。

著書[編集]

  • 禪海一瀾 上・下 阿部準輔、1876
  • 飲醍醐 妻木頼矩、1878
  • 鎌倉圓覺寺十境題咏 川尻義祐、1879
  • 心經捷解 鶴鳴堂、1884
  • 蒼龍廣録 巻之一~五 東海玄虎、1892
  • 大覺禪師坐禪論(洪川俗解、釈宗演和註) 經世書院、1894
  • 勧善余論 木村潤石、1897
  • 浪花のつと 川尻義祐、1898
  • 正受老人崇行録(洪川纂訂、林博訳註) 信濃毎日新聞、1935

年譜[編集]

  • 蒼龍窟年譜 北条時敬編 大倉保五郎、1894
  • 蒼龍窟年譜 和訳 鉾之原美鈴編 大珠院直心会、1982

脚注[編集]

  1. ^ a b 『禅海一瀾』岩波文庫、1935年
  2. ^ 大拙による伝記『今北洪川 激動期明治の高僧』(春秋社)がある。
  3. ^ 『和漢古今禅門佳話』 菅原洞禅 丙午出版社、1917 p69-p73。