今井光規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

今井 光規(いまい みつのり、1938年12月4日 - )は、日本の文学者。前摂南大学学長、摂南大学名誉教授、[1]大阪大学名誉教授

専門はコーパス言語学中世英国ロマンス博士(比較社会文化)九州大学)。岡山県出身。

略歴[編集]

  • 1962年:神戸大学文学部文学科英米文学専攻卒業
  • 1965年:大阪大学大学院文学研究科修士課程英語学専攻修了
  • 1968年:大阪大学大学院文学研究科博士課程英語学専攻単位取得後退学
  • 1969年:広島大学教養部講師、助教授、同総合科学部助教授
  • 1985年:大阪大学言語文化部助教授、教授
  • 1997年:大阪大学言語文化部長
  • 2002年:摂南大学国際言語文化(現 外国語)学部教授
  • 2003年:摂南大学国際言語文化(現 外国語)学部長
  • 2008年:摂南大学学長(第9代、2015年10月31日退任[2]
  • 2016年11月:瑞宝中綬章受章

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

編著[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 摂南大学前学長、名誉教授は、常翔学園広報誌『FLOW』NO.67、学校法人常翔学園広報室、2016年1月5日、17頁。
  2. ^ 退任日は、常翔学園広報誌『FLOW』NO.66、学校法人常翔学園広報室、2015年11月25日、8頁。