今事記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
今事記
相川七瀬スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル motorod
プロデュース 相川七瀬
チャート最高順位
  • 週間98位(オリコン
  • 登場回数2回(オリコン)
相川七瀬 年表
NANASE AIKAWA BEST ALBUM "ROCK or DIE"
2010年
今事記
2013年
NOW OR NEVER
2015年
テンプレートを表示

今事記』(こんじき)は、日本の女性歌手相川七瀬の11thアルバムである[1]

解説[編集]

2009年にリリースした『REBORN』以来4年ぶりのオリジナルアルバム[注 1][2]

「今事記」は往年のロックなイメージから一変し、東日本大震災以降、相川自身が“今思うこと”と向き合って言葉を紡ぎたいという原点に立ち戻った情緒的な作品[3][4]。元々はガールズバンドのプロジェクト・Rockstar Steadyの2枚目を作る予定だったが、そのような気持ちの変化の中で出来た「ことのは」や「ヒカリノミ」などの曲を1枚にまとめてみようということになって相川七瀬のアルバムとして制作された[2]

古事記」をもじったこのタイトルは、「今、自分のこころにある事を記して行きたい」という思いから命名された[2]

全編ひらがなでつづられた「ことのは」、「1人ひとりが誰かの光る存在」というメッセージを持つ「ヒカリノミ」など全10曲を収録[2]

収録曲[編集]

全作詞: 相川七瀬。
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「ヒカリノミ」相川七瀬亀井登志夫亀井登志夫、鈴木Daichi秀行
2.「カレイドスコープ」相川七瀬池田綾子亀井登志夫、弓木英梨乃
3.「Butterfly」相川七瀬亀井登志夫亀井登志夫、鈴木Daichi秀行
4.「オトヒメ」相川七瀬亀井登志夫亀井登志夫、鈴木Daichi秀行
5.「花のように」相川七瀬亀井登志夫亀井登志夫、鈴木Daichi秀行
6.「誰かのためになら」相川七瀬亀井登志夫亀井登志夫、弓木英梨乃
7.「A Message」相川七瀬渡辺篤弘亀井登志夫、渡辺篤弘
8.「ことのは」相川七瀬池田綾子上杉洋史
9.「Hello」相川七瀬亀井登志夫亀井登志夫、鈴木Daichi秀行
10.「あっというま」相川七瀬亀井登志夫亀井登志夫、祐天寺浩美

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、この間にガールズバンドRockstar Steadyとして2011年にアルバム『gossip』をリリースしている。

出典[編集]

  1. ^ 相川七瀬「4年ぶりのアルバム、2013年2月6日発売決定!」”. 相川七瀬公式ウェブサイト (2012年12月20日). 2018年10月11日閲覧。
  2. ^ a b c d 相川七瀬、自分の“ことのは”で紡いだ新アルバム「今事記」”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2013年1月10日). 2018年10月10日閲覧。
  3. ^ 相川七瀬「今事記」インタビュー”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2013年2月5日). 2018年10月10日閲覧。
  4. ^ 相川七瀬、イメージ一新の渾身作「今事記」を作った真意”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2013年2月5日). 2018年10月10日閲覧。