京都市電東山線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東山線
基本情報
日本の旗 日本
所在地 京都市
路線網 京都市電
起点 高野電停
終点 東福寺電停
停留所数 21箇所
開業 1912年12月25日
廃止 1978年10月1日
運営者 京都市交通局
路線諸元
路線距離 6.868 km
軌間 1,435 mm
線路数 複線
電化方式 直流600V 架空電車線方式
テンプレートを表示
東山線
uexSTRq uexSTR+r
北大路線
uexBHF
0.000 急 高野
uexBHF
0.411 | 田中大久保町
uexSTR
BHFq
ekABZq+3
京福叡山本線 元田中駅
uexBHF
0.665 急 叡電前
uexBHF
0.985 | 飛鳥井町
uexSTRq uexTBHFx uexSTRq
1.355急 百万遍 今出川線
uexBHF
1.769 急 東一条
uexBHF
2.131 | 近衛通
uexSTRq uexTBHFx uexSTRq
2.626 急 熊野神社前 丸太町線
WASSERq uexhKRZWae WASSERq
徳成橋(琵琶湖疏水
uexSTRq uexTBHFx uexSTRq
3.033 | 岡崎公園前 鴨東線
uexTBHFaq uexSTRq
3.243 急 東山仁王門 蹴上線
uexSTR
uexSTRq uexKRZ uexBHFq
京阪京津線
uexBHF
3.499 急 東山三条
uexBHF
3.794 急 知恩院前
WASSERq uexhKRZWae WASSERq
白川
uexSTR
uexSTRq uexTBHFeq
4.144 急 祇園 四条線
uexBHF
4.495 | 東山安井
uexBHF
4.855 急 清水道
uexBHF
5.191 | 五条坂
uexBHF
5.457 急 馬町
uexSTRq uexTBHFeq
5.854 急 東山七条 七条線
uexSTR
STRq uxmKRZo tSTRaq
国鉄東海道本線
uexBHF
6.258 | 今熊野
htSTRaq uxmKRZt tSTRq
国鉄東海道新幹線
uexSTR
uexBHF
6.582 急 泉涌寺道
uexBHF
6.868 急 東福寺
uBHFq uxhKRZ uSTRq
京阪本線
BHFq uxmhKRZ STRq
国鉄奈良線
uexhSTR
九条線

東山線(ひがしやません)は、京都市東大路通に敷設されていた京都市電軌道路線

明治終期から大正初期に掛けて施行された京都市三大事業の一つである[道路擴築竝電氣鐵道敷設事業]と昭和初期に施行された[都市計畫軌道延長第二期事業(外劃線)]の一環として建設された。

全区間が併用軌道。路線は市東部の高野から東福寺までを結び、外周線の一端を担っていた。

京都市電の最終日まで営業を続け、1978年(昭和53年)に廃止された。

沿革[編集]

  • 1907年(明治40年)3月6日 市会で「道路擴築竝電氣鐵道敷設事業案」修正可決
  • 1912年(大正元年)12月25日 三條東四丁(後に東山三条と改称)-廣道馬町(後に馬町と改称)開業
  • 1913年(大正2年)
    • 3月15日 冷泉通(仮)-三條東四丁開業
    • 4月5日 廣道馬町-妙法院前(後に東山七条と改称)開業
    • 4月16日 熊野神社前-竹屋町通(仮)開業
    • 5月 徳成橋竣工
    • 5月6日 (竹屋町通)-(冷泉通)開業
  • 1923年(大正12年)5月26日 市会が「第七十七號議案」を議決し、東山線延長路線決定
  • 1928年(昭和3年)
  • 1929年(昭和4年)5月3日 田中変電所開設
  • 1940年(昭和15年)
    • 9月11日 三条変電所開設
    • 12月2日 急行運転開始(日曜祝祭日を除く午前6時-午前9時/午後4時-午後7時)
  • 1943年(昭和18年)
    • 2月21日 急行運転強化(日曜祝祭日を含む毎日午前6時-午前10時/午後4時-午後8時)
    • 7月10日 高野-百万遍開業 [東山線全線開業]
    • 10月4日 七条変電所開設
    • 11月1日 終日急行運転実施
  • 1949年(昭和24年)12月11日 京福叡山本線元田中山端(後に宝ヶ池と改称)乗り入れ開始(市営競輪場への観客輸送/競輪開催日に実施)
  • 1953年(昭和28年)11月1日 終日急行運転終了
  • 1955年(昭和30年)9月1日 京福叡山本線乗り入れ終了
  • 1962年(昭和37年)3月27日 急行運転開始(日曜祝日を除く午前7時-午前9時)
  • 1964年(昭和39年)6月1日 ワンマンカー運行開始(当初3週間は添乗者が付き、一人乗務は6月22日実施)
  • 1965年(昭和40年)
    • 9月10日 百万遍-高野で2両連結運転開始(日曜祝日を除く午前7時-午前9時)
    • 12月1日 自動車の併用軌道乗入全面開放
  • 1970年(昭和45年)1月16日 2両連結運転終了
  • 1971年(昭和46年)1月14日 三条変電所廃止
  • 1972年(昭和47年)3月6日 七条変電所廃止
  • 1975年(昭和50年)
    • 3月30日 全車ワンマンカー化実施
    • 4月15日 一部区間における諸車の併用軌道乗入禁止実施
  • 1977年(昭和52年)10月1日 田中変電所廃止
  • 1978年(昭和53年)
    • 9月30日 「さようなら 京都市電」電車運行
    • 10月1日 東山線全線廃止し、市バスに転換

電停一覧[編集]

停留所/交叉する通り(接続、距離、急行停車駅は路線図参照)

他線との交叉[編集]

平面交叉

立体交叉

参考文献[編集]

  • 『京都市營電氣事業沿革誌』京都市電氣局、京都、1933年。
  • 『京都市政史』上巻、京都市総務部庶務課、京都市役所、京都、1941年。
  • 『京都府百年の年表』7 建設・交通・通信編、京都府立総合資料館、京都府、京都、1970年。
  • 『京交三十年史』京交史編纂委員会/編、京都交通労働組合、京都、1977年。
  • 『さよなら京都市電』京都市交通局総務課/編、京都市交通局、京都、1978年。
  • 『京都の歴史』10 年表・事典、京都市/編、京都市史編纂所、京都、1980年。
  • 高橋 裕『京都の電車』トンボ出版、大阪、1998年。
  • 沖中 忠順『京都市電が走った街今昔』JTB、東京、2000年。