泉涌寺道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

泉涌寺道(せんにゅうじみち)は、京都市東山区の東西の通りの一つで、本町通から東へ泉涌寺に至る。泉涌寺に至るまでに泉涌寺山門、および道の両側にいくつかの泉涌寺塔頭があり、毎年1月の第2月曜日成人の日)には、これらの塔頭を巡りながら福笹に縁起物を付けていく「泉山七福神巡り」の行事が行なわれ、泉涌寺道は多くの人出で賑わい、時間帯により自家用車の通行規制が行われる。

沿道の主な施設[編集]

関連項目[編集]

京都市内の東西の通り
西は
本町通
まで
北隣の通り:府道118号勧修寺今熊野線 東は
泉涌寺
まで
泉涌寺道
南隣の通り:九条通