五霞町女子高生殺害事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

五霞町女子高生殺害事件(ごかまちじょしこうせいさつじんじけん)は、2003年7月東京都足立区在住の高校1年女子生徒(当時15歳)が行方不明になり、茨城県猿島郡五霞町の道路脇用水路で発見された殺人事件

2018年現在も容疑者の特定・逮捕には至っておらず、未解決となっている。捜査特別報奨金制度対象事件[1]

概要[編集]

2003年7月9日午前9時45分頃、茨城県猿島郡五霞町川妻地内の道路脇用水路にて、若い女性がうつ伏せで「く」の字型に体が曲がっている状態で死んでいるのを散歩中の近所の住民が発見した。

その後、遺体の身元はテレビの報道で知った家族の問い合わせを受けた茨城県警察本部捜査の結果、足立区在住で都内の通信制高校に通う高校1年女子生徒であることが判明する。

遺体発見時に被害者はを履いていなかったが白い靴下が汚れていないことから、警察では室内などの別の場所で殺されて車で運ばれて捨てられたとの見方を強めている。

また、被害者の靴、バック、腕時計携帯電話などの遺留品は発見されていない。

事件の経過[編集]

7月6日
正午過ぎ、自宅にいた父親に「午後8時すぎぐらいには帰ってくるから」と言い残して外出。
バイト先の同僚と、草加市内で買い物や食事をする。
別れたあと、夏祭り会場となる瀬崎浅間神社に行く。
午後8時頃、露天会場内にいた氷売りのアルバイト店員と意気投合し、売り込みなどを手伝っていた。
午後9時10分頃、被害者携帯電話に着信、何か会話があり、別れる。これ以後の足取りは途絶える。
午後10時頃、被害者の携帯電話がつながらなくなる。
7月9日
午前9時45分頃、被害者の遺体が、散歩中の近所の住人によって発見される。
その後
テレビで遺体の発見を報道
報道を見た家族が警察に問い合わせ、身元が判明する。

外部リンク[編集]