五菱会事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

五菱会事件(ごりょうかいじけん)とは、平成時代闇金融事件[1]

全国の多重債務者リストを基に、多重債務者にダイレクトメールなどを送り、無担保融資を勧誘するという闇金融システムを構築。融資を申し込んできた人の銀行口座に現金を振り込み、返済も口座振込みにして、客と顔を合わせないようにした。五菱会は、複数の店舗を統括する「センター」を設置して、顧客情報を管理していた。顧客の返済期限が近づくと(殆どの顧客の返済能力は乏しかった)、別の五菱会系闇金融が新たな融資を持ちかけ、客の借金を一気に大きく膨らませていった。

平成15年(2003年)1月、警視庁愛知県警広島県警福島県警の合同捜査本部は、東京都新宿区にある貸金業「アームズ」の経営者(五菱会傘下の組員)を逮捕した。合同捜査本部は「平成13年(2001年)7月から平成15年(2003年)4月まで、高木康男は、梶山進が闇金融の収益で購入した約5000万円相当の金融債券を、梶山進から数回に渡って受取った」ことを掴んだ。

同年8月、梶山進は出資法違反の疑いで逮捕された。

その後、合同捜査本部は、五菱会本部事務所などを家宅捜索した。同年10月、「五菱会は、闇金融で稼いだ金を、山口組に上納している」として、合同捜査本部は山口組総本部を家宅捜索した。

同年11月、合同捜査本部は組織的犯罪処罰法違反で、高木康男を逮捕した。

脚注[編集]

  1. ^ 読売新聞 2008年5月14日

関連項目[編集]