九龍ジョー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

九龍 ジョー(クーロン ジョー、1976年 - )は、日本のライター編集者。本名、梅山景央(うめやま あきお)。東京都渋谷区出身。

人物・来歴[編集]

横浜市立大学経済学部卒業。テレビ番組制作会社築地市場鮮魚仲卸、IT系広告代理店などを経て、出版業界へ。過去に、コアマガジンで「@BUBKA」「実話マッドマックス」編集部、太田出版で「hon-nin」「Quick Japan」編集部に所属。

並行して2004年よりライター活動を開始[1]。主にポップカルチャー伝統芸能について執筆。書籍編集者としても数多くの単行本、コミック、写真集などを手がけている[2]

第57回ギャラクシー賞テレビ部門フロンティア賞を受賞したYouTubeチャンネル『神田伯山ティービィー』をはじめとして、中村壱太郎日本俳優協会などのYouTubeチャンネルの監修も務めている[3]

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

  • 『遊びつかれた朝に 10年代インディ・ミュージックをめぐる対話』(磯部涼との共著)Pヴァイン<ele-king books>、2014年4月 ISBN 978-4907276119

脚注[編集]

  1. ^ MOOSIC時評 vol.1 直井卓俊+森直人×九龍ジョー”. SUBPOKKE (2015年3月5日). 2015年6月8日閲覧。
  2. ^ 『メモリースティック』著者略歴
  3. ^ 九龍ジョー (2020-6-22). 小説新潮7月号  ユーチューブという荒野へようこそ. マイ・ルーティーン. 74. 新潮社. p. 539 

外部リンク[編集]