久保田博南

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

久保田 博南(くぼた ひろなみ、1940年10月10日 - )は群馬県太田市出身の医療機器開発コンサルタント、サイエンスライターである[1]生体情報モニタの創始を手始めとして[2]心電図モニタパルスオキシメーターなどのワイヤレス化、小型・省エネ化、ポータブル化などによる関連機器群の普及活動に尽力している。

人物[編集]

1963年群馬大学工学部電気工学科を卒業後、日本光電工業株式会社に入社し医療機器の研究開発に従事した。1965年に生体情報モニタ[2]、1975年にワイヤレス式の生体情報モニタを商品化し[3]、ともに世界初の開発だったことから「ミスタモニタ」や「生体モニタの父」と呼ばれる[4]。このとき開発された初号機「MBM-40」は現在麻酔博物館に展示されている[2]。1988年、イギリスのコントロンインスツルメンツにスカウトされ、ミスタモニタの頭脳流出と話題となった[5]。コントロンインスツルメンツでは、経皮血液ガスモニタ、パルスオキシメーターなどの開発援助、輸入・販売に従事した[6]。1993年に、パルスオキシメーターの超小型化・ポータブル化を提唱し、その後の普及を予見した。1994年、ケイアンドケイジャパン株式会社設立、代表取締役就任、医療機器開発コンサルタントとしての業務を遂行している。この間、国際標準化機構(ISO)委員、日本医療機器工業会誌編集長、日本医療機器学会誌編集委員、医工連携推進機構理事、城西大学現代政策学部非常勤講師などを歴任。医療機器業界人として活動し、関連の著書多数を執筆。医療機器関連のセミナー・講演等の講師としての活動も多い。近年では無線通信技術を応用した「ワイヤレス・ホルタ心電計」や、サイズ・重量・消費電力が世界で最小の「心電図テレメトリー」に関してGM3社の開発協力を行った。科学技術振興機構(JST)の科学番組サイエンスチャンネルにおいて、医療機器を分かりやすく紹介する番組「いらっしゃいませ、仁術堂です。」の監修なども行っている。現在、日経BPの「デジタルヘルス」サイトに「久保田博南の医療機器トレンドウオッチ」、『医科器械』誌に「器具・器械を創った人びと」を連載中。 また、趣味のBCL[7]や辞書収集を題材にしたサイエンスライター[8]として一般向けの著書も多い。

脚注[編集]

  1. ^ 『新訂現代日本人名録2002』、日外アソシエーツ
  2. ^ a b c 日本麻酔科学会・ニューズレター、2015年第23巻第2号「世界初、唯一現存するモニタ「ベッドサイドモニタMBM-40」」
  3. ^ 『日経エレクトロニクス』、2013年4月15日号、「飛び立つワイヤレス・ヘルスケア」欄
  4. ^ 『日経産業新聞』、2015年4月13日号「メディカルの騎手」欄
  5. ^ 『朝日新聞』、1988年4月24日号、「ウイークエンド経済」欄
  6. ^ 『上毛新聞』、1993年7月14日号、「がんばってます」欄
  7. ^ 『短波』、1983年6月号、「OM探訪、久保田博南さん」
  8. ^ 『日本紳士録』、第八十版、交詢社出版局、2007年刊

生い立ち[編集]

  • 1940年、群馬県新田郡生品村(現:太田市)に生まれる。母方の祖父小川佐京は、生品村長を務めた。
  • 1956年、生品村立生品中学校(現:太田市立生品中学校)を卒業。
  • 1959年、群馬県立太田高等学校を卒業し、群馬大学工学部電気工学科入学。大学時代の恩師に畔上道雄がいる。
  • 1963年、群馬大学を卒業し、単身で上京。日本光電工業入社、医療機器業界での活動へ。
  • 1994年、ケイアンドケイジャパン株式会社設立、代表取締役に就任。

表彰[編集]

  • 1981年、ダーラム市(アメリカ合衆国)名誉市民

     -デューク大学との無線テレメータ式生体情報モニタの協同研究による

  • 1985年、『呼吸モニタ』に関し、日本ME学会から「新技術開発賞」を受賞
  • 1987年、アドベンチスト・ワールド・ラジオ日本語放送、第1号受信感謝状
  • 2001年、防衛省陸上自衛隊衛生学校、部外講師5年勤続表彰
  • 2004年、著書『医療機器の歴史』、日本医科器械学会(現:日本医療機器学会)著述賞受賞
  • 2009年、著書『生体情報モニタ開発史』、国立国語研究所の『現代日本語書き言葉均衡コーパス』に採録
  • 2009年、著書『いのちを救う先端技術』、日本医療機器学会著述賞受賞

主な出演番組[編集]

著書[編集]

  • 『生体情報モニタ50年』(薬事日報社、2016年刊)
  • 『ヘルスケアを支えるバイオ計測』(シーエムシー出版、共著2016年刊)
  • 『磁力の科学』(日刊工業新聞社、共著2014年刊)
  • 『パーソナル・ヘルスケア』(NTS、共著2013年刊)
  • 『医療機器』(真興交易、2010年刊)
  • 『いのちを救う先端技術』(PHP新書、2008年刊)
  • 『バイタルサイン収集論』(真興交易、2006年刊)
  • "Collective Theory of Vital Signs"(真興交易、2006年刊)
  • 『電気システムとしての人体』(点字図書、2005年刊)
  • 『生体情報モニタ開発史』(真興交易、2004年刊)
  • 『医療機器の歴史』(真興交易、2003年刊)
  • 『電気システムとしての人体』(講談社ブルーバックス、2001年刊)
  • 『電子辞典の楽しみ方』(PHP新書、2000年刊)
  • 『バイタルサインモニタ入門』(秀潤社、2000年刊)
  • 『ナースのための医用機器』(コロナ社、共著、1999年刊)
  • 『視点オピニオン21』(上毛新聞社、共著、1999年刊)
  • 『健康を計る』(点字図書、1998年刊)
  • 『8カ国科学用語事典』(講談社・ブルーバックス、1997年刊)
  • 『科学のことば雑学事典』(講談社・ブルーバックス、1995年刊)
  • 『健康を計る(第1巻~第3巻)』(点字図書、1994年刊)
  • 『健康を計る』(講談社・ブルーバックス、1993年刊)
  • 『電波で巡る国ぐに』(コロナ社、1991年刊)

論文・文献[編集]

  • 2015-2,医療機器 はじめ物語 第5回パルスオキシメータ

 久保田 博南 クリニカルエンジニアリング

  • 2013-8,特集のねらい(<特集>非接触モニタリングの時代)

 久保田 博南 日本医療機器学会

  • 2011-2,モニタリング技術の変遷と展望

 久保田 博南 日本臨床麻酔学会

  • 2010-12,血圧測定の歴史

 History of blood pressure measurement (特集 血圧計のすべて)
 久保田 博南 日本医療機器学会

  • 2007-02-01,特集のねらい(<特集>続・パルスオキシメータのすべて)

 An Aim for the Special Issue(Global Aspects on Pulse Oximeter: Part 2)
 久保田 博南 日本医療機器学会

  • 2007-02-01,パルスオキシメータの商品化論(<特集>続・パルスオキシメータのすべて)

 Commercialization on Review of Pulse Oximeter(Global Aspects on Pulse Oximeter: Part 2)
 久保田 博南 日本医療機器学会

  • 2006-12-01,生体情報モニタの歴史と将来展望(<特集>非侵襲検査の最前線)

 History and Future View of Vital Sign Monitor(The Forefront of Noninvasive Test)
 久保田 博南 日本医療機器学会

  • 2005-12-01,反射型センサの特徴(<特集>パルスオキシメータのすべて)

 The Feature of Reflection-type Sensors(<Special Issue>Global Aspects on Pulse Oximeter)
 久保田 博南 日本医療機器学会

  • 2005-12-01,特集のねらい(<特集>パルスオキシメータのすべて)

 An Aim for the Special Issue(<Special Issue>Global Aspects on Pulse Oximeter)
 久保田 博南 日本医療機器学会

  • 2004-12,治療及び手術用機器 (日医機協創立20周年記念特集号) (医療機器産業(分野別)の課題と展望)

 久保田 博南 日本医療機器産業連合会

  • 2004-07-01,特集のねらい(<特集>医科器械のオリジナリティー)

 An Aim for the Special Issure(<Special Issue>Originality of Medical Instruments)
 久保田 博南 日本医療機器学会

  • 2003-05-01,特集のねらい(<特集>ISO-TC121(麻酔装置及び医療用呼吸器)の動向)

 An Aim for the Special Issure(<Special Issure>ISO-TC 121, Anaesthetic and Respiratory Equipment)
 久保田 博南 日本医療機器学会

  • 2003-05-01,SC4麻酔学用語(<特集>ISO-TC121(麻酔装置及び医療用呼吸器)の動向)

 SC4 Anaesthesiology-Vocabulary(<Special Issure>ISO-TC 121, Anaesthetic and Respiratory Equipment)
 久保田 博南 宮坂 勝之 日本医療機器学会

  • 2000-12-01,センサ技術の進歩と生体情報モニタへの応用 (<特集>20世紀の技術進歩と医科器械への応用)

 Advance in Sensor Technology and Application for Patient Monitoring Systems (<Special Issue> Advance of Technologies in the 20th Century and its Application to Medical Products)
 久保田 博南 日本医療機器学会

  • 1986-06-01,ISO/TC 121(麻酔用と呼吸用機器に関する国際標準化機構)中間会議出席の報告

 A Report of ISO/TC 121 Interim Meeting in Milan
 佐藤 暢 久保田 博南 中島 太郎 根本 幾 日本医療機器学会

  • 1986-06-01,生体情報伝送システム(<特集>診療所・病院を支援するニューメディア)

 Communication Systems for Patient Information
 竹内 英夫 久保田 博南 長岡 俊治 田中 正二 日本医療機器学会

  • 1986-03-01,1985年ISO/TC121(麻酔用と呼吸用機器に関する国際標準化機構)の報告

 A Report from 1985 ISO/TC 121 (Technical Committee of the International Organization for Standardizatin on Anesthetic and Respiratory Equipment) Meeting
 佐藤 暢 久保田 博南 日本医療機器学会

  • 1985-08-01,警報の標準化 : ISOロンドン会議に出席して

 Standardization for Worning Signals : Report of the ISO Meeting in London
 久保田 博南 日本医療機器学会

  • 1984-12,オンライン入力とセンサ (患者監視<特集>)

 久保田 博南 日本学会事務センター

  • 1983-07-01,救急患者モニタ(<特集>救急医療用機器シリーズ)

 Acute Patient Monitoring
 久保田 博南 日本医療機器学会

  • 1977-08-01,患者監視装置の動向

 Progress of Patient Monitoring System
 久保田 博南 日本医療機器学会

  • 1974-10,非観血電気血圧計(Senior course 生理)

 久保田 博南 医学書院


関連項目[編集]

外部リンク[編集]