バチカン放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
バチカンにあるバチカン放送の本部

バチカン放送(バチカンほうそう、英語:Vatican Radio)は、世界で最も面積が小さい都市国家であるバチカン市国から放送されているカトリック系列の宗教ラジオ放送局宗教放送)である。

バチカンおよびローマ市内向けのFM放送のほか、世界各地に向けて短波放送を実施している。バチカンはカトリックの総本山であることから、カトリックに関連する番組を中心として、バチカンとその周辺を取り囲むイタリアの国勢・生活・文化・音楽関連の番組にも力を入れている。また、フィリピンラジオ・ベリタス・アジアとは同じカトリック系ということで、友好関係にある。

短波送信所はローマ郊外のサンタ・マリア・ディ・ガレリアに設置されており、送信所もラテラノ条約により治外法権があるとされている。だが、2001年3月には放送局の電波が送信所周辺の住民に被害を与えているとして、イタリア政府から出力を下げるように通告された。

沿革[編集]

日本語放送[編集]

日本語放送1959年2月から行われたが、受信状態が良くなかったため、リスナーの確保は難航した。その後、送信設備の拡充などで日本でも受信状態が改善された。受信報告を送ると、教皇写真が入ったカード(ベリカード)が届くことで人気があった。

長らく、局全体として「放送言語の拡充はしても削減は行わない」という方針であったが、財政難から方針を転換し、2001年ごろから廃止される番組が出始め、日本語放送も同年3月25日で終了した。終了時点の周波数は午前が7310kHzと9585kHz、午後が5940kHzと11625kHzだった。

外部リンク[編集]