太田市立生品中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

太田市立生品中学校(おおたしりつ いくしなちゅうがっこう)は、群馬県太田市にある公立中学校。通称「生中(いくちゅう)」。

太田市立生品中学校

沿革[編集]

正面玄関に展示されている大型の馬の埴輪は、郷土の古墳から出土したもの。1950年代のはじめ頃、元教諭、木暮仁一(歴史専攻)によって発掘された歴史的な資料である。

  • 1947年 - 生品村立生品中学校設立
  • 1956年 - 新田町立生品中学校に改称
  • 1966年 - 特殊学級開設
  • 1971年 - 文部省より同和教育の研究指定校とされる
  • 1989年 - 文部省から道徳教育推進校(学校・家庭連携推進校)の指定を受ける。(1991年度まで)
  • 2005年 - 太田市立生品中学校に改称
  • 平成26年現在、各学年3クラス、あおぞら(特別学級)の計10クラスである。
  • 学校方針
    • 自主:適切に判断し、主体的に行動できる生徒
    • 共生:思いやりをもち、自他共に大切に生きていく生徒
    • 健康・安全:生命を大切に、健康で安全な生活ができる生徒

主な卒業生[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]