丹陽村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
たんようむら
丹陽村
廃止日 1955年昭和30年)1月1日
廃止理由 編入合併
現在の自治体 一宮市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
丹羽郡
市町村コード なし(導入前に廃止)
面積 9.02km2.
総人口 6,129
(愛知県郡市町村勢要覧[1]、1950年10月1日)
隣接自治体 愛知県一宮市丹羽郡岩倉町千秋村西春日井郡春日村西春村中島郡稲沢町
丹陽村役場
所在地 愛知県丹羽郡丹陽村大字三ツ井595
座標 北緯35度16分35秒 東経136度49分41秒 / 北緯35.27628度 東経136.82806度 / 35.27628; 136.82806座標: 北緯35度16分35秒 東経136度49分41秒 / 北緯35.27628度 東経136.82806度 / 35.27628; 136.82806
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

丹陽村(たんようむら)は、愛知県丹羽郡にかつてあった。現在の一宮市南部の地域であり、一宮市丹陽町に該当する。

一宮市合併後、名神高速道路一宮ICが開設され、交通の要所となっている。

沿革[編集]

  • 江戸時代、この地域は尾張藩領(一部犬山藩領)であった。
  • 1889年明治22年)10月1日 -
    • 五日市場村と伝法寺村が合併し、二川村となる。
    • 重吉村、平島村、外崎村が合併し、三重島村となる。
    • 吾鬘村、森本村、多加木村、猿海道村、馬見塚村が合併し、多加森村となる。
  • 1906年(明治39年)7月1日 - 九日市場村二川村三重島村、多加森村の大部分[2]が合併し、丹陽村となる。
  • 1955年昭和30年)1月1日 - 一宮市に編入され消滅。

神社[編集]

学校[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 愛知県総務部統計課 1951年10月刊行
  2. ^ 旧・馬見塚村の地域は西成村の一部となる。

関連項目[編集]