多加森村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たかもりむら
多加森村
廃止日 1906年(明治39年)5月1日
廃止理由 分立合併
現在の自治体 一宮市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
丹羽郡
多加森村役場
所在地 愛知県丹羽郡多加森村
 表示 ウィキプロジェクト

多加森村(たかもりむら)は、愛知県丹羽郡にかつてあった。現在の一宮市南部。地名は、合併した村(森本村、多加木村)から一部をとった、合成地名である。

沿革[編集]

  • 江戸時代、この地域は尾張藩領であった。
  • 1889年明治22年)10月1日 - 吾鬘(あずら)村、森本村、多加木村、猿海道村、馬見塚村が合併し、多加森村となる。
  • 1906年(明治39年)5月1日 - 多加森村の大部分[1]、九日市場村、二川村、三重島村が合併し、丹陽村となる。

神社[編集]

学校[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 旧・馬見塚村の地域は西成村の一部となる。

関連項目[編集]