中田洋介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中田 洋介 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ナカタ ヨウスケ
ラテン文字 NAKATA Yosuke
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1981-09-15) 1981年9月15日(35歳)
出身地 岩手県大船渡市
身長 173cm[1]
体重 64kg[1]
選手情報
在籍チーム 盛岡ゼブラ
ポジション DF[1]
背番号 23
利き足
ユース
1994-1996
1997-1999
2000-2003
大船渡市立大船渡中学校
岩手県立大船渡高等学校
駒澤大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2007
2008
2009-2010
2012-
ベガルタ仙台
横浜FC
グルージャ盛岡
盛岡ゼブラ
87 (0)
28 (0)
26 (4)
1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2012年11月18日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

中田 洋介(なかた ようすけ、1981年9月15日 - )は、岩手県大船渡市出身の元サッカー選手、スポーツジャーナリスト。現在は岩手県の教員となっている[2]。ポジションはディフェンダー、もしくはミッドフィールダー

来歴[編集]

岩手県大船渡市に生まれ、小学3年生の時に地元の大船渡三陸FCに入団しサッカーを始める。

1997年岩手県立大船渡高等学校入学。3年次に地元岩手で開かれた岩手高校総体にチームのキャプテンとして出場している。この年は全国選手権にも出場したが1回戦で中山元気高松大樹擁する多々良学園と対戦し1-2で惜しくも敗れた。高校時代の2学年先輩には小笠原満男が居た。

高校卒業後は、駒澤大学へ進学。1年先輩の巻誠一郎深井正樹、同学年の橋本早十らと供に数多くの大学タイトルを獲得。4年次にはキャプテンとして関東大学リーグMVPに輝き、ユニバシアード代表入りも果たした。

大学卒業後2004年ベガルタ仙台入団。1年目からレギュラーに定着。2005年には当時監督だった都並敏史に右サイドバックにコンバートされ新境地を開いた。しかし2007年に出場機会が激減、同年を以って戦力外となり、2008年横浜FCへ移籍。リーグ戦28試合に出場するも、同年シーズン終了を以って戦力外となり、1年でチームを去った。

2009年からは地元岩手に戻り岩手からJリーグ加盟を目指すグルージャ盛岡に入団し2年間主将を務め、2010年シーズン終了をもって現役引退した。

2012年、G盛岡のアンバサダーに就任。

2014年より母校の大船渡高校の教員となった。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2001 駒大 11 - - -
2002 8 - -
2003 - - 1 0 1 0
2004 仙台 14 J2 26 0 - 1 0 27 0
2005 23 0 - 1 0 24 0
2006 31 0 - 2 0 33 0
2007 7 0 - 1 0 8 0
2008 横浜FC 8 28 0 - 1 0 29 0
2009 G盛岡 5 東北1部 12 2 - 1 2 13 4
2010 14 2 - 2 2 16 4
2012 盛岡Z 23 1 0 - - 1 0
通算 日本 J2 115 0 - 6 0 121 0
日本 東北1部 27 4 - 3 4 30 8
日本 - - 1 0 1 0
総通算 142 4 - 10 4 152 8

代表歴[編集]

獲得タイトル[編集]

チーム[編集]

個人[編集]

  • 関東大学サッカーリーグ戦MVP (2003年)

代表[編集]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

CM[編集]

  • 岩手スポーツマガジンStandard(2010年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 登録選手一覧表 - ウェイバックマシン(2015年1月31日アーカイブ分)日本プロサッカーリーグ、2008年12月12日
  2. ^ 母校でJの経験伝えたい 大船渡高の中田教諭 - ウェイバックマシン(2014年5月3日アーカイブ分)岩手日報、2014年5月2日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]