中村英樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中村 英樹(なかむら ひでき、1940年 - )は、日本の美術評論家名古屋造形大学名誉教授

略歴[編集]

愛知県名古屋市生まれ。名古屋大学文学部哲学科美学美術史卒業。1965年、69年美術出版社主催芸術評論募集に入選。近現代美術の評論を書く。名古屋造形芸術短期大学助教授、名古屋造形大学教授。国際美術評論家連盟会員。

著書[編集]

  • 『鮮烈なる断片 日本の深層と創作現場の接点』杉山書店 1984
  • 『日本美術の基軸 現代の批評的視点から』杉山書店 1984
  • 『表現のあとから自己はつくられる』美術出版社 1987
  • 北斎万華鏡 ポリフォニー的主体へ』美術出版社 1990
  • 『ハイブリッド・アートの誕生 東西アート融合に向けて』現代企画室 1996
  • 『アート・ジャングル 主体から<時空体>へ』水声社 1999
  • 『視覚の断層 開かれた自己生成のために』現代企画室 2003
  • 新・北斎万華鏡 ポリフォニー的主体へ』美術出版社 2004
  • 最深のアート/心の居場所 「実録」窮鳥はいかにして自己救済したのか?』彩流社 2005 心をケアするbooks
  • 生体から飛翔するアート 二十一世紀の《間知覚的メタ・セルフ》へ』水声社 2006
  • 『〈人型〉の美術史 まなざしの引力を読む』岩波書店 2011
  • 『いきのびるアート: 目と手がひらく人間の未来』法政大学出版局 2015
共著
  • 『アート・ウォッチング』谷川渥共著 美術出版社 1993-94

参考[編集]