中村こずえ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
なかむら こずえ
中村 こずえ
プロフィール
出身地 日本の旗 日本東京都墨田区[1]
生年月日 (1951-10-01) 1951年10月1日(71歳)
血液型 A型
最終学歴 大妻女子大学短期大学部国文学科[1]
所属事務所 フリー
職歴 エフエム東京(TOKYO FM)アナウンサー
活動期間 1973年 -
ジャンル ラジオパーソナリティ・講師
公式サイト 中村こずえのひとりごと
出演番組・活動
出演経歴 歌謡バラエティ、中村こずえのSUNDAY HAPPY MAP

中村 こずえ(なかむら こずえ、1951年10月1日[2] - )は関東を中心に活動する元エフエム東京(TOKYO FM)出身のフリーアナウンサー東京都墨田区出身[1]

来歴・人物[編集]

中学生時代は放送研究部で活動[3]。やりたかった仕事はスチュワーデス旅行会社ツアーコンダクターアナウンサーだったと話していたことがある[3]が、スチュワーデスとして就職した友人の話を聞く度に、そこよりもいい所として就職活動をして、高校卒業後に日本石油に入社[3]。しかしその後アナウンサーを目指そうと大学に行きたくなったことから、昼に勤務する傍ら夜は予備校に通い、日本石油を退社して大妻女子大学短期大学部国文学科に入学[3]。学生の頃はアルバイトで、新小岩駅の構内アナウンスやバッティングセンターのアナウンスなどの仕事を経験[1]。アナウンサー試験は他の局が不合格で諦めかけていた中で最後に受けたエフエム東京の試験に合格し[3]1973年(昭和48年)にエフエム東京(FM東京→TOKYO FM)に入社。この時、同局内定と同時にある劇団の入団試験にも合格していたが、その劇団から「身を売ってでも芝居をしたい者が残れ」と言われたことから、こっちの方が堅気だと判断したアナウンサーの道を選択[1]アナウンサーとしての“初鳴き”1973年7月16日放送の『FMモーニングエコー』[3]

エフエム東京の局アナ時代は報道部所属だったため、事件の取材・編集・構成・ニュース番組も担当した。「歌謡バラエティー」メインパーソナリティ、「イブニング・エコー」報道番組キャスターなどを歴任。20年近くにわたって、人気アナウンサーとして活躍した。結婚・2男の出産などを経て1991年(平成3年)に退社、フリーに転じる。

出演番組[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 別冊ラジオパラダイス「DJ名鑑」(三才ブックス、1987年刊)p.177
  2. ^ 日々是好日(JFN公式サイト)”. 2016年4月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年10月1日閲覧。
  3. ^ a b c d e f ラジオマガジン 1980年6月号 p.44 - 45「密着HOTインタビュー シリーズこの人を知りたい」

外部リンク[編集]