中本信幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

中本 信幸(なかもと のぶゆき、1932年7月6日 - )は、日本のロシア文学者、演劇評論家、翻訳家、神奈川大学名誉教授。

来歴[編集]

栃木県生まれ。東京外国語大学ロシア語科卒。ロシア文学の翻訳、舞台演出などに携わる。1977年神奈川大学外国語学部助教授、1983年教授、2003年退職、のち名誉教授、舞台芸術学院音響芸術専門学校講師。チェーホフ没後百年祭実行委員会運営委員長。1992年『桜の園』の新訳・演出を行う。 2008年ロシア政府からプーシキン・メダルを授与される。「世田谷・九条の会」呼びかけ人を務めている[1]

著書[編集]

  • 『チェーホフのなかの日本』大和書房 1981

翻訳[編集]

  • 子すずめものがたり ゴーリキー 麦書房 1959(雨の日文庫)
  • どろんこさん チュコフスキー 麦書房 1959(雨の日文庫)
  • やさい セルゲイ・ミハルコフ 麦書房 1959(雨の日文庫)
  • ちびちゃん ラズモフスキー 麦書房 1959(雨の日文庫)
  • 自由の最初の日 クルチコフスキー 未來社 1960(てすぴす叢書)
  • シェイクスピア研究 モローゾフ 未來社 1961
  • ヒクメット詩集 服部伸六共訳 飯塚書店 1961(世界現代詩集)
  • 日本における労働者階級の状態 ヴェ・フリノフ 刀江書院 1962
  • スポーツの魅力 ア・スヴェトフ 杢代哲雄共訳 ベースボール・マガジン社 1967(スポーツ新書)
  • ゾーヤとシューラ コスモデミヤンスカヤ 青木文庫 1970
  • 演出家の仕事 下巻 トフストノーゴフ 理論社 1970
  • リヒテル-魅惑の鍵盤 V.デリソン 新時代社 1970
  • チェーホフとチャイコフスキー E.バラバノーヴィチ 新時代社、1971
  • シェイクスピア ア・ア・アーニクスト 人類の教師5 明治図書出版 1972
  • 私のソルジェニーツィン 前夫人の回想記《時間との論争》 ナターリヤ・レシェトフスカヤ サイマル出版 1974
  • 創造の七日間 マクシーモフ 河出書房新社 1975
  • ボリショイ・バレエの技法 メセレール教則本による基礎と展開 A.メセレール 西田書店 1976.12
  • トラストDE イリヤ・エレンブルグ 世界文学全集:学習研究社 1979.8
  • エイゼンシュテイン映画演出法講義 ニージニー 未來社 1981.1
  • チェーホフ・クニッペル往復書簡 1・2 牧原純共訳 麦秋社 1984-1985
  • エセルとジュリアス ローゼンバーグ事件、最後の六時間 レオン・クルチコフスキー 未來社 1985.6
  • メキシコ万歳! 未完の映画シンフォニー セルゲイ・エイゼンシュテイン 現代企画室 1986
  • リュビーモフのタガンカ劇場 アレクサンドル・ゲルシコヴィチ リブロポート 1990.3
  • かもめ アントン・チェーホフ 新読書社 2006.7

脚注[編集]

  1. ^ 「世田谷・9条の会」申し合わせ