コンテンツにスキップ

中心静脈カテーテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中心静脈カテーテル
治療法
右鎖骨下静脈に挿入された中心静脈カテーテル。皮下トンネルのないタイプ。
シノニム 中心静脈ルート、中心静脈ライン、中心静脈アクセス
ICD-10-PCS Z45.2
MeSH D002405
テンプレートを表示

中心静脈カテーテル(ちゅうしんじょうみゃくカテーテル、: Central venous catheter、CVC)は、鎖骨下静脈、内頚静脈、大腿静脈などの太い静脈に挿入するカテーテルである[注釈 1]

静脈アクセス英語版の一種である。

概要

[編集]

重症患者や長時間の点滴治療を必要とする患者には、より信頼性の高い[注釈 2]静脈路確保のために、手足よりも心臓に近い位置にある静脈に大きなカテーテルを留置することがしばしば必要となる。これらのカテーテルは、一般に、首の静脈(内頸静脈)、胸部英語版の静脈(鎖骨下静脈または腋窩静脈英語版)、鼠径部大腿静脈)、または上腕の静脈に挿入される。これは、末梢挿入型中心静脈カテーテル英語版または略称でPICCラインと呼ばれる。

中心静脈ラインは、口から飲めない、ないしは血管障害性の薬剤・輸液の投与、血液検査、高速での輸液や血液製剤の投与、中心静脈圧の測定に用いられる[1][2]。用いられるカテーテルの長さは通常15~30 cm、シリコンポリウレタン製で、輸液注入用のルーメンが複数あるものもある[3](p8)

中心静脈カテーテルの管理には、カテーテル内腔を注射器に充填した生理食塩水で洗浄することがよく行われるが、この行為はフラッシュ(: flush)とよばれる。

合併症には、気胸動脈穿刺、感染、カテーテル閉塞、カテーテルの位置異常、空気塞栓血栓症などがある。

中心静脈カテーテルの留置にはガイドワイヤーを用いるセルディンガー法が用いられることが多く、近年はカテーテル留置時に超音波診断装置を併用することによって合併症の発生率は低下しつつある。

歴史

[編集]

最初の中心静脈カテーテル留置は、1929年、ドイツ外科研修医ヴェルナー・フォルスマンによって成し遂げられた。彼は、プラスチック製の尿道カテーテルを自分の左腕の尺側皮静脈英語版に挿入し、右心房まで到達させた[4]。しかし、上司に無許可であったために叱責され、彼は病院を解雇されてしまった[4]。だが、この手技の医学上の貢献が後に評価され、1956年にノーベル医学賞を授与されるに至った[5][3](p3)

適応

[編集]
セルディンガー法による中心静脈カテーテルの穿刺セット。①局所麻酔薬を充填した注射器注射針 ②メス ③超音波診断装置のプローベ先端に塗布する滅菌済ゼリー ④ヘパリン加生理食塩水を充填した注射器に接続された留置針 ⑤ガイドワイヤー ⑥ダイレーター ⑦カテーテル ⑧カテーテルの皮膚への固定具(糸で縫合固定する) ⑨創傷被覆材
A dialysis two-lumen catheter inserted on the person's left side. Scars at the base of the neck indicate the insertion point into the left jugular vein英語版.

中心静脈カテーテルの主な適応は次のとおりである[6]

  1. 末梢静脈へのカテーテル留置困難末梢静脈カテーテルを確保または維持することが困難な場合、中心静脈カテーテルが留置されることがある(例:肥満、過去のカニュレーション英語版による静脈の傷跡、興奮した患者)
  2. 特殊な薬剤ないしは輸液の投与 – 血管収縮薬(ノルエピネフリンバソプレシンフェニレフリンなど)、化学療法剤高張英語版液などの薬剤は末梢静脈にダメージを与えるため、しばしば中心静脈ラインを必要とする。さらに、複数のルーメンを持つカテーテルからは、複数の静注薬を容易に同時投与できる。
  3. 長期間の点滴治療 - 長期間の高カロリー輸液抗生物質の静脈内投与など、長期間(数日以上)投与する必要がある注射薬は、中心静脈ラインを通して投与される。
  4. 特殊な治療 - 血液透析血漿交換、経静脈的心臓ペーシング、侵襲的血行動態英語版モニタリング(例:肺動脈カテーテル)等の医学的介入には中心静脈アクセスが必要である。

中心静脈カテーテルの使用に絶対的な禁忌はない[6]。相対的な禁忌は、血液凝固障害、留置部位の外傷または局所感染、留置部位よりも心臓に近い側の血管損傷が疑われる場合など。ただし、中心静脈留置に伴うリスクと合併症があるので、以下に述べる[7]

合併症

[編集]

中心静脈ライン挿入は、いくつかの合併症を引き起こす可能性がある。用いることで期待される利益は、これらの合併症のリスクを上回るものでなければならない。

気胸

[編集]

気胸の発生率は、解剖学的に肺尖に近い鎖骨下静脈のカテーテル留置で最も高くなる。経験豊富な医師でも、気胸の発生率英語版は1.5~3.1%程度にもなるとされる。内頸静脈のカテーテル治療の場合、気胸のリスクは超音波画像で可視化しながら留置することで最小化される。英国国立医療技術評価機構やその他の医療機関では、合併症を最小限に抑えるために超音波診断装置ルーチン使用を推奨している[8]

気胸が疑われる場合は、立位胸部X線撮影英語版を行う必要がある。肺外に漏れた空気は肺尖に移動し、そこで容易に可視化されるため、立位胸部X線撮影が望ましい。もちろん、特に集中治療室に入院している重症の患者では、常にこれが可能とは限らない。仰臥位で撮影したX線撮影は、気胸の25~50%を検出できない[9]。代替手段として、ベッドサイドの超音波検査は、重症で立位撮影ができない患者の気胸検出手段として優れていることが示されている[10][11]

動脈穿刺

[編集]

動脈穿刺は、中心静脈穿刺の合併症として恐れられており、生命を脅かす可能性がある。幸いなことに、これらの事象の発生率は、特にカテーテルを超音波ガイドで留置した場合、非常にまれである。頚動脈英語版への偶発的なカテーテル留置は、内頸静脈にカテーテルを留置する際に起こりうる合併症である。これは、超音波ガイドを用いた場合、約1%の割合で発生するとされる[注釈 3]。しかし、解剖学的ランドマークに依拠したアプローチを用いた場合には、0.5~11%の発生率が報告されている[12][注釈 4]。頸動脈に誤ってカテーテルを挿入した場合、カテーテルを抜くと致命的になるため、カテーテルをそのままにして血管外科医に連絡すべきである[13]

[編集]

すべてのカテーテルは、血流に細菌を混入させる可能性がある。その結果、重篤な感染症を引き起こし、最大で25%の確率で命に関わることもある[14]中心静脈ライン関連血流感染症Catheter-related bloodstream infections: CRBSI)の問題は、近年ますます注目されている[15]。 合併症や死亡の原因となり、医療費も増加する。

微生物は、様々な方法でCVCを介して血流に到達しうる。まれに、汚染された輸液によって侵入することがある。また、ハブ(カテーテルの固定具)などによる破損箇所からカテーテル内腔に侵入することもある。しかし、ほとんどの微生物は、皮下組織内を血管まで走行するカテーテルに沿って、カテーテルの静脈刺入部分に到達するまで移動することにより、感染が成立する。さらに、血液中に存在する細菌がカテーテルの表面に付着し、感染巣となることがある[3](p40)

CVCの感染が疑われる場合、CVCと体内の別の場所の静脈の両方から血液培養英語版を行う。CVCからの培養で、他の静脈部位よりもずっと早く(2時間以上)細菌増殖を確認できた場合、CVCは感染している可能性が高い。定量的な血液培養はさらに正確だが、この方法はあまり普及していない[16]

カテーテル関連血流感染症が疑われる患者には、ほぼ必ず、すぐに抗生物質を投与する。しかし、これは血液培養が行われた後でなければならず、そうでなければ原因菌が特定できない可能性がある。これらの感染症の原因菌として最も一般的なのは、表皮ブドウ球菌英語版などのコアグラーゼ陰性ブドウ球菌である[17]黄色ブドウ球菌による菌血症に起因する感染症では、カテーテルの抜去と抗生物質の投与が必要である。抗生物質を投与せずにカテーテルを抜去した場合、38%もの患者が心内膜炎を発症する可能性がある[18]。がん患者において、中心静脈カテーテルの長期留置前に抗生物質を投与することに利益はなく、この方法はグラム陽性カテーテル関連感染を予防しない可能性があるというエビデンスが示唆されている[19]。しかし、感染リスクが高い、長期CVC留置を必要とする患者、例えば、化学療法や原疾患による好中球減少のリスクがあるがん患者に対しては、抗生物質ヘパリンを含む溶液でカテーテル内腔をフラッシュすることにより、カテーテル関連感染症を減らすことができるかもしれない[19]

アメリカ疾病予防管理センターCDC)は、臨床ガイドラインにおいて、中心静脈ラインの抜去時にルーチンで培養することを推奨している[20]。 同ガイドラインでは、ライン感染を防ぐために、他にもいくつかの推奨事項がある[20]

感染を予防するためには、カテーテル挿入部位の厳格な消毒が推奨される。このような消毒にはポビドンヨード液を用いることが多いが、クロルヘキシジンはヨードの2倍の効果が示唆されている[21]。 CVCや肺動脈カテーテルは、3日毎に定期的に入れ換えても、感染率に違いはなかった[22]。 CDCは、CVCの感染リスク低減に関して、以下を含む多数の推奨事項を示している[23]

  • 感染予防の観点から好ましい挿入部位(非トンネル型カテーテル留置を含む)は鎖骨下静脈であり、可能であれば大腿静脈を避けることが一般的である。
  • ガイドラインではトンネル型カテーテルの部位について明確な推奨はない。
  • カテーテルは、臨床目標を達成するための最小限のポートを持つものを選択するべきである。
  • CVCの使用には滅菌手袋が必要である。
  • CVCの留置には全身無菌ドレープ、キャップ、マスク、手袋が必要である。
  • カテーテル部位は、感染の有無を評価するため、定期的に目視および触診ドレッシングを通して)により観察する必要がある。
  • ただし、血管内留置カテーテルの創傷被覆材(ドレッシング)を交換する際に、非滅菌の清潔手袋を用いることは差し支えない。
  • 皮膚洗浄剤はクロルヘキシジンポビドンヨードの両方が使えるが、クロルヘキシジンが好ましい。
  • 短期間のCVC留置では、ドレッシングは透明ドレッシングの場合は少なくとも7日ごと、ガーゼドレッシングの場合は2日ごとに交換する必要がある。
  • 長期留置カテーテルまたはトンネル型カテーテルでは、汚れたり緩んだりしない限り、ドレッシングの交換は週1回までとする。
  • 中心静脈カテーテルの定期的な抜去・交換は推奨されない。中心静脈カテーテルは不要になったらすぐに抜去すべきであるが、ガイドワイヤーを用いた同じ穿刺部位からの交換であれ、新しい穿刺部位からの再留置であれ、定期的な抜去・交換が感染予防に有益であることは示されていない[24]
  • 薬剤を含浸させたドレッシング製品は、カテーテル関連の血流感染リスクを低減することができる[24]
  • 中心静脈カテーテルのドレッシングの交換間隔が長いことが、感染の多寡に関連するかどうかについては、結論が出ていない[25]
  • CVC留置中、皮膚を定期的に消毒することでカテーテル関連の血流感染率が低下するかは不明である[26]

カテーテル閉塞

[編集]
血栓症の一形態として、カテーテルの周囲にフィブリンの「鞘」が形成される。カテーテル閉塞の最も一般的な原因の1つである[27]放射線造影剤英語版注入の前後で、造影剤がカテーテルの周囲に集まる様子が間接的に確認できる。

静脈カテーテルは、カテーテルのねじれ、カテーテル内への血液の逆流による血栓症、または沈殿物を形成する不溶性物質の注入によって閉塞する場合がある。このうち血栓症は中心静脈ラインの閉塞の最も一般的な原因であり、カテーテルの最大25%に発生する[28]

CVCは、上肢深部静脈血栓症などの血栓(静脈血栓塞栓症)を形成する危険因子である[29][30]。このリスクは、留置時の静脈損傷によって血液中の凝固物質が活性化することによると考えられている[31]。がんも血栓の危険因子であるため、がんを患っている人の方が血栓のリスクは高くなる。中心静脈ラインを有するがん患者の3分の2がカテーテル関連血栓症の所見を有している[32]。しかし、カテーテル関連血栓症のほとんどの症例(95%以上)は発見されないままである。症候性の症例の多くは、大腿静脈カテーテル(3.4%)[33]または末梢挿入型中心静脈カテーテル英語版(3%)[34]の留置で見られる。ヘパリンフォンダパリヌクスなどの抗凝固薬は、CVCを有するがん患者における血栓、特に深部静脈血栓症の発生率を低下させることが示されている[35]。さらに、非がん患者において、鎖骨下静脈にCVCを短期間留置することは、大腿静脈に留置したCVCよりも血栓ができにくいことがコクランメタ解析で示唆されている[2]

非血栓性閉塞(沈殿物の形成など)の場合、低濃度の酸を用いてカテーテルの開通性を回復させることができる。0.1N塩酸溶液を用いるのが一般的である[36]高カロリー輸液(TPN)やプロポフォールなどの脂質を多く含む輸液も、時間の経過とともに閉塞しやすくなる傾向がある。このような場合、少量の70%エタノールを注入することで再開通することが多い[3](p37)[注釈 5]

カテーテル位置異常

[編集]

CVCの誤留置は、怪我や過去の手術によって解剖学的構造が異なっていたり、困難な場合に多くみられる[31]

CVCは誤って動脈に挿入されることもある(例えば、頸部に挿入する場合は頚動脈英語版椎骨動脈、鼠径部に挿入する場合は総大腿動脈など)。このエラーは、カテーテルにチューブを接続して、液面を計測することにより、すぐに特定することができる(動脈静脈よりも圧力が高い)。さらに、カテーテルから採血した血液サンプルを検査室に送ってpH酸素分圧 (pO2)、二酸化炭素分圧 (pCO2)を測定すれば、動脈血(pH/pO2が高く、pCO2が低い)または静脈(pH/pO2が低く、pCO2が高い)の特性が判明する[1]

鎖骨下静脈へのCVC留置では、カテーテルが誤って上大静脈ではなく同じ側の内頸静脈に押し込まれることがある。この可能性を排除するために、挿入後に胸部X線検査を行う[37]。また、カテーテルの先端が上大静脈ではなく、頸部の対側(反対側)の鎖骨下静脈に誤挿入されることもある。

空気塞栓

[編集]

静脈循環に空気が混入すると、静脈空気塞栓症を引き起こす可能性がある。これはCVC留置のまれな合併症であるが、致死的な場合もある。空気塞栓が患者に与える影響は、空気の流入量と流入速度で決まる。このプロセスは、数秒間に少なくとも200~300 mlの空気が混入すると致命的となる可能性がある[38]。この結果、脳梗塞卵円孔を通過した空気による)、肺水腫、急性右心不全(右心室英語版内に閉じ込められた空気による)などが起こり、心原性ショックに至ることがある[38]

静脈性空気塞栓症の臨床症状は、無症状であることがある。有症状者の場合、最も一般的な症状は突然の息切れと咳である。症状が重い場合、患者は急速に血圧が低下し、心原性ショックにより意識レベル低下英語版を生じることがある。また、脳梗塞の急性期症状が見られることもある[38]心臓超音波検査により、心臓内に閉じ込められた空気を可視化することができる[38]。重症の空気塞栓症が疑われる場合、CVCの末端に注射器を取り付け、空気を血液循環から除去することを試みても良い。また、患者を左側臥位にするのもよい。この体位は、右心室に滞留した空気を取り除くのに役立つと考えられてきたが、疑問視されてもいる[38]

[編集]

カテーテル関連血栓症(Catheter-related thrombosis:CRT)とは、CVCの長期留置に関連した血栓の発生を指す。主にカテーテル留置が好まれる上肢に発生し、肺塞栓症、血栓後症候群、血管障害などの合併症を引き起こすことがある。症状としては、疼痛、触診による圧痛、腫脹、浮腫、熱感、紅斑、周囲への側副血管の発生などが挙げられる。しかし、ほとんどのCRTは無症状であり、過去のカテーテル感染によりCRT発症のリスクは高まる。定期的なフラッシュがカテーテル血栓症の予防に役立つことがある[39]。カテーテル閉塞がある場合、閉塞の原因が血栓またはフィブリン塊であれば、血栓溶解剤を用いてもよい。閉塞の原因が血栓形成である場合は、抗凝固剤による治療が適応となる[40]。中心静脈カテーテルの開存性を維持し閉塞を防ぐために、ヘパリン生理食塩水によるフラッシュが通常の生理食塩水によるフラッシュよりも優れているかどうかは十分なエビデンスがない[41][42]

カテーテル挿入

[編集]
超音波ガイドによる内頸静脈からのCVC挿入の動画[注釈 6]

手技のリスクや合併症を最小限に抑えるため、挿入前にまず、関連する検査項目やCVC留置の適応を確認し、患者を評価する。次に、挿入予定部位の皮膚を消毒する。必要であれば、局所麻酔薬を塗布する。静脈の位置を目印に、または小型の超音波装置を用いて確認する。中空針を皮膚に刺し、血液を吸引する。血液の色と流速によって、動脈血(誤って動脈を穿刺した可能性がある)と区別することができる。北米およびヨーロッパでは、超音波の使用が中心静脈へのアクセスおよび手技のゴールドスタンダードとなっており、ランドマーク英語版手技は減少している[43][44]。日本においても超音波診断装置の使用が推奨されている[45]。最近のエビデンスでは、鎖骨下静脈カテーテルの超音波ガイドが有害事象を減少させることが示されている[46][47][48]

先端鈍なガイドワイヤーを針に通し、針を抜くというセルディンガー法を用いて、カテーテルを挿入する。ガイドワイヤーに拡張器具(ダイレーター)を通し、カテーテル挿入経路を拡張する。最後に、中心静脈ラインそのものをガイドワイヤーに通し、ガイドワイヤーを抜去する。ラインの内腔はすべて血液を吸引し(静脈内に位置していることを確認するため)、生理食塩水またはヘパリンでフラッシュする[1]。その後、ラインが上大静脈内に位置していること、不慮の気胸が発生していないことを確認するために胸部X線検査を実施する。前後方向のX線では、カテーテルの先端が気管分岐部英語版の高さより55~29 mm下にあることが許容範囲とされる[49]。電磁追跡法(: Electromagnetic tracking)を用いれば、先端位置の確認と挿入時の誘導を行うことができ、その後のX線の必要性は無くなる[要出典]

カテーテル流量

[編集]

ハーゲン・ポアズイユ式

[編集]

ハーゲン・ポアズイユ式は、管径が一定の円管を通る流体の特性を記述するものである[50]。式は下記の通り:

この式は、管径が一定の円管を流れる流量(Q)が、内半径(r)、チューブの長さ(L)、流体の粘度(μ)の関数であることを示している。流量は、チューブの内半径の4乗に直接関係し、チューブの長さと流体の粘性に反比例する。この式からは、静脈カテーテルに関する次の重要な見解が理解できる。すなわち、カテーテルの内径は、カテーテルの長さや流体の粘度よりも流量にはるかに大きな影響を与えること、急速注入[注釈 7]には、短くて大きな内径のカテーテルが最大の流量を提供するので最適であること、である[3](p7)

分類

[編集]
経皮的CVCは、皮膚から直接挿入する。鎖骨下静脈(左図)、内頸静脈(右図)、外頸静脈、又は大腿静脈に留置される。

CVCにはいくつかの種類があり、部位(カテーテルを体内に挿入する場所)や用いるカテーテルの種類によってさらに細かく分類することができる[51]

挿入部位による分類

[編集]

経皮的中心静脈カテーテル (Percutaneous central venous catheter: CVC)

[編集]

経皮的中心静脈カテーテル(CVC)は、皮膚から直接挿入される、最も一般的なCVCである。内頚静脈英語版、外頚静脈、鎖骨下静脈大腿静脈英語版のいずれかを用いる。重症の患者に最もよく用いられる。CVCは数日から数週間用いることができ、患者は入院する必要がある。通常、縫合糸またはセット化されている固定具で固定される[39]

末梢挿入型中心静脈カテーテル (Peripherally inserted central catheters: PICC)

[編集]
上腕に留置されているPICCライン(尺側皮静脈経由)

末梢挿入型中心静脈カテーテル、またはPICCライン(「ピック」と発音)は、CVCを首や胸の静脈ではなく、腕の静脈(尺側皮静脈英語版または橈側皮静脈英語版経由)に挿入するものである。尺側皮静脈は太く、腕の中をまっすぐ通っているため、通常、橈側皮静脈よりもカテーテル留置の対象として適している。カテーテルの先端は上大静脈に位置する[1]。PICCラインは細い末梢静脈に挿入されるため、中心静脈ラインよりも直径が小さく、中心静脈カテーテルよりもはるかに長い(50~70 cm対15~30 cm)。したがって、PICCラインを流れる輸液速度は他のCVCよりもかなり遅く、急速大量輸液による蘇生には不向きである。PICCラインは容易に閉塞する可能性があり、析出しやすい薬剤であるフェニトインを用いてはならない[39]。また、PICCラインは静脈血栓症や狭窄を引き起こす可能性があるので、慢性腎不全の患者では、血液透析のためにシャントを作る必要がある場合に備えて慎重に使用すべきである[52][53]

しかし、PICCラインはいくつかの理由から望ましいものである。最長で1年間、静脈アクセスとして使用できる。患者はPICCを装着したまま帰宅することができる。PICCラインは、中心静脈ライン留置の合併症(気胸、偶発的な動脈カニュレーションなど)を回避でき、超音波ガイド下で比較的容易に留置でき、CVCよりも不快感が少ない[3]。PICCラインはベッドサイド、在宅、放射線科で挿入できる。PICCは縫合糸またはセット化された固定具で固定される[39]

皮下トンネル型CVC

[編集]
皮下トンネル型CVC

トンネル型カテーテルは、挿入部位から別の出口部位まで皮下に埋め込まれる。カテーテルとその付属物は皮膚の下から出てくる。出口は通常胸部にあり、首から直接突き出たカテーテルよりもアクセスポートが目立たない。カテーテルを皮下に通すことで、感染を防ぎ、固定性も良好である。挿入は外科的手技により、カテーテルは上大静脈に入る前に胸部の皮膚の下にトンネル状に挿入される。一般的に用いられるトンネル型カテーテルには、ヒックマンカテーテル英語版グローソンカテーテル英語版、ブロビアック(Broviac)カテーテルなどがあり、これらの名称でも呼ばれることがある。

トンネル型カテーテルは、数ヶ月から数年間挿入されたままになることがある。これらのCVCは、ダクロンカフという、挿入部付近のカテーテルを囲む抗菌カフが抗菌液でコーティングされており、挿入後2~3週間でカテーテルが固定されるため感染率が低い[39]

CVポート

[編集]
CVポート
皮下に埋め込まれたポート
ポートに留置されたグリッパー針

CVポート(: central venous port)は、単に「ポート」とも呼ばれ、皮下トンネル型カテーテルに似ているが、カテーテルとその付属物全体が完全に皮膚の下に埋め込まれる。薬剤は皮膚経由でカテーテルに注入される。すなわち、埋め込まれたポートの中には、小さなリザーバーがあり、薬剤を充填することができる。充填された後、リザーバーから薬がゆっくりと血流に放出される。外科的に植え込まれた輸液ポートは、鎖骨の下(鎖骨下窩)に留置され、カテーテルは上大静脈を通って心臓(右心房英語版)に通される。埋込後は、グリッパー(gripper)と呼ばれる、ヒューバーチップ針を皮膚から直接挿入する。PowerLocは商標の1つで、一般名はヒューバーチップ針である。一般的なサイズは長さ0.75および1インチ(19および25 mm、19および20ゲージ)を使ってポートにアクセスする。この針はツーイ針同様の鈍針であり、コアリング防止形状となっている。コアリングとは、中空針によってくり抜かれた組織や器材の断片が針によって、体内に持ち込まれてしまうことを指す。針のセットには、短い長さのチューブとカテーテルが含まれる。ポートに穿刺する前に局所麻酔薬を皮膚に塗ってもよい。ポートは、投薬、化学療法、採血に用いることができる。ポートは完全に皮下にあるため、CVCやPICCカテーテルよりもメンテナンスが容易で、感染リスクも低い[1]。埋め込まれたポートは、トンネル型カテーテルやPICCラインよりも目立ちにくく、日常のケアもほとんど必要なく、患者の日常生活への影響も少ない。ポートへのアクセスには、専用の機器と取扱者の訓練が必要である。

ポートは通常、長期にわたる治療で定期的な静脈アクセスを必要とする患者に用いられ、その後、外科的に除去されるまで定期的にフラッシュされる。短期間に頻繁に静脈にアクセスする必要がある場合は、外部アクセスを有するカテーテルがより一般的に用いられる[1]

カテーテルによる分類

[編集]

トリプルルーメンカテーテル

[編集]

CVCとして最も一般的に用いられるのは、トリプルルーメンカテーテルである[3](p8)レンコンのように3つの内腔(ルーメン)を持ち、複数の薬液を同時に投与できることから、(特にICUで)好まれている。カテーテルのサイズはフレンチスケールゲージ規格を用いて決められ、成人では7フレンチサイズが一般的である。フレンチスケールとは逆に、ゲージ数は大きくなるほどカテーテルの直径は小さくなる[3](p4)。これらのカテーテルには16ゲージのルーメンが1つあるが、中心静脈カテーテルは比較的長いため、流量は16ゲージの末梢静脈カテーテルに比べかなり遅い(上記の「カテーテルの流量」の項を参照)。複数のルーメンを用いても、カテーテル関連血流感染症のリスクは増加しないことに留意することが重要である[54][注釈 8]。ルーメンが1つのものはシングルルーメンカテーテル、ルーメンが2つのものはダブルルーメンカテーテルと呼ばれる。

血液透析用カテーテル

[編集]

血液透析カテーテルは、血液透析の大流量を維持するために必要な200~300 ml/minの流量が可能な大口径カテーテル(最大16フレンチすなわち5.3 mm)である。2つのルーメンがあり、1つは患者の血液を透析装置に運ぶために用い、もう1つは患者に血液を戻すために用いる。これらのカテーテルは、通常、内頸静脈に留置される[3]

シースイントロデューサー

[編集]

シースイントロデューサー(又はイントロデューサーシース)は、肺動脈カテーテル経静脈ペーシング英語版などを一時的に血管内に留置するために、留置される太径のカテーテル(8~9フレンチ)である。イントロデューサーシースを先に留置し、デバイスをシースから血管内に通す。このカテーテルは、直径が大きく、長さが短いため、急速輸液を行うことも可能である。加圧注入装置と組み合わせると、850 ml/minもの流量が達成できる[55]

カテーテルの定期的な管理

[編集]
トリプルルーメンカテーテル

カテーテルは、粘着性ドレッシング、縫合糸、または医療用ホチキスで固定し、閉鎖型ドレッシングで覆う。生理食塩水またはヘパリン含有輸液で定期的にフラッシュすることで、カテーテルの開通を維持し、血栓を防止する。ヘパリンが生理食塩水よりも血栓予防に優れているというエビデンスはない[56]。特定のカテーテルには、感染リスクを減らすために、抗生物質、銀含有物質(特にスルファジアジン銀)、クロルヘキシジンを含浸させたものがある[57]

長期留置用CVCの一種、ヒックマンカテーテル英語版は、バルブが閉じていることを確認するためにクランプを必要とし、グローソンカテーテル英語版は、液体を引き出したり注入したりするときにバルブが開き、用いないときは閉じたままになっているものである。また、ヒックマンカテーテルは、細菌のカテーテル沿いの移動を阻止するために、皮膚の下に「カフ」を備えている[58]。カフは、長期的に固定するために、デバイスに組織を生着させるためのものでもある[59]

脚注

[編集]

注釈

[編集]
  1. ^ かつてはIVHと呼ばれることも多かったが、これが中心静脈栄養 (Intravenous hyperalimentation)の略であり、厳密にはカテーテルそのものを指さないことが広く知られるようになり、この呼称はあまり用いられなくなってきている。なお、「中心静脈」という解剖学用語は存在しない。
  2. ^ 具体的には、いわゆる点滴漏れが起こりにくいことをいう。点滴漏れの原因は、カテーテルの抜けか、血管の炎症による薬液の血管外への漏出のどちらかである。中心静脈カテーテルは通常、数センチの長さしか無い末梢静脈カテーテルに比べて長く、抜けにくい。また、後述するように血管の炎症が生じにくい。
  3. ^ 近年は超音波診断装置の進歩と穿刺手技の進歩により、さらに低下しているものと思われる。
  4. ^ 2002年の報告で超音波診断装置による優位性を報告したものだが、2023年現在では、機器と穿刺手技共に進歩しており、おそらく動脈穿刺の発生率はさらに低下しているものと思われる。かつては、動脈穿刺のリスクが高いために細径の注射針を用いた「試験穿刺」が行われており、日本でもまだ数多く行われているものと推測されるが、本稿では試験穿刺の記載そのものが無く、超音波診断装置の使用を前提とした記載となっている。
  5. ^ 英語版からの初訳者注。塩酸もエタノールも、2023年現在の日本においては血管内注入を適応として認可されている製剤は無い。
  6. ^ この動画では、穿刺針の針先が描出されておらず、この手法では超音波画像で見えている数mmの断面の奥で他の組織、例えば動脈を損傷していても分からない。近年は超音波検査機器の解像度向上により、穿刺針の針先を描出し続ける手法が主流である。
  7. ^ 急速注入が必要となる状況とは、外傷や手術などで大量の出血が生じたために、大量の輸液や輸血を行わねばならない、など。
  8. ^ ポートのルーメンを最小にすべきという、上述のCDCガイドラインとは相違がある。

出典

[編集]
  1. ^ a b c d e f McKean, Sylvia; Ross, John; Dressler, Daniel; Brotman, Daniel; Ginsburg, Jeffrey (2012). Principles and practice of hospital medicine. New York: McGraw-Hill. ISBN 978-0071603898 
  2. ^ a b “Central venous access sites for the prevention of venous thrombosis, stenosis and infection”. The Cochrane Database of Systematic Reviews 2012 (3): CD004084. (March 2012). doi:10.1002/14651858.CD004084.pub3. PMC 6516884. PMID 22419292. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6516884/. 
  3. ^ a b c d e f g h i Marino, Paul L. 著、稲田英一 訳『ICUブック』(第4版)メディカルサイエンス・インターナショナル、東京、2015年。ISBN 978-4-89592-831-1OCLC 931498024https://www.worldcat.org/oclc/931498024 
  4. ^ a b Mueller, Richard L.; Sanborn, Timothy A. (1995-01-01). “The history of interventional cardiology: Cardiac catheterization, angioplasty, and related interventions” (英語). American Heart Journal 129 (1): 146–172. doi:10.1016/0002-8703(95)90055-1. ISSN 0002-8703. https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/0002870395900551. 
  5. ^ 耳寄りな心臓の話(第5話)『わが身にカテーテルを通す』 |はあと文庫|心日本心臓財団刊行物|公益財団法人 日本心臓財団”. www.jhf.or.jp. 2023年4月13日閲覧。
  6. ^ a b Taylor, Robert W.; Palagiri, Ashok V. (2007-05). “Central venous catheterization”. Critical Care Medicine 35 (5): 1390–1396. doi:10.1097/01.CCM.0000260241.80346.1B. ISSN 0090-3493. PMID 17414086. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/17414086/. 
  7. ^ Tse, Audrey; Schick, Michael A. (2020), “Central Line Placement”, StatPearls (StatPearls Publishing), PMID 29262231, http://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK470286/ 2020年3月11日閲覧。 
  8. ^ National Institute for Health and Clinical Excellence (2002年9月). “Technology appraisal: the clinical effectiveness and cost effectiveness of ultrasonic locating devices for the placement of central venous lines”. 2014年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年6月1日閲覧。
  9. ^ “A prospective comparison of supine chest radiography and bedside ultrasound for the diagnosis of traumatic pneumothorax”. Academic Emergency Medicine 12 (9): 844–9. (September 2005). doi:10.1197/j.aem.2005.05.005. PMID 16141018. 
  10. ^ Ball, Chad G.; Kirkpatrick, Andrew W.; Laupland, Kevin B.; Fox, Dan L.; Litvinchuk, Stacey; Dyer, Dianne M. M.; Anderson, Ian B.; Hameed, S. Morad et al. (2005-05). “Factors related to the failure of radiographic recognition of occult posttraumatic pneumothoraces”. American Journal of Surgery 189 (5): 541–546; discussion 546. doi:10.1016/j.amjsurg.2005.01.018. ISSN 0002-9610. PMID 15862493. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/15862493/. 
  11. ^ Vezzani, Antonella; Brusasco, Claudia; Palermo, Salvatore; Launo, Claudio; Mergoni, Mario; Corradi, Francesco (2010-02). “Ultrasound localization of central vein catheter and detection of postprocedural pneumothorax: an alternative to chest radiography”. Critical Care Medicine 38 (2): 533–538. doi:10.1097/CCM.0b013e3181c0328f. ISSN 1530-0293. PMID 19829102. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/19829102/. 
  12. ^ “Does ultrasound imaging before puncture facilitate internal jugular vein cannulation? Prospective randomized comparison with landmark-guided puncture in ventilated patients”. Journal of Cardiothoracic and Vascular Anesthesia 16 (5): 572–5. (October 2002). doi:10.1053/jcan.2002.126950. PMID 12407608. 
  13. ^ Shah, Pravin M.; Babu, Sateesh C.; Goyal, Arun; Mateo, Romeo B.; Madden, Robert E. (2004-06). “Arterial misplacement of large-caliber cannulas during jugular vein catheterization: case for surgical management”. Journal of the American College of Surgeons 198 (6): 939–944. doi:10.1016/j.jamcollsurg.2004.02.015. ISSN 1072-7515. PMID 15194076. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/15194076/. 
  14. ^ “Guidelines for the prevention of intravascular catheter-related infections”. Clinical Infectious Diseases 52 (9): e162-93. (May 2011). doi:10.1086/344188. PMC 3106269. PMID 21460264. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3106269/. 
  15. ^ “Taurolidine-citrate-heparin catheter lock solution reduces staphylococcal bacteraemia rates in haemodialysis patients”. QJM: Monthly Journal of the Association of Physicians 107 (12): 995–1000. (December 2014). doi:10.1093/qjmed/hcu128. PMID 24939191. 
  16. ^ “Meta-analysis: methods for diagnosing intravascular device-related bloodstream infection”. Annals of Internal Medicine 142 (6): 451–66. (March 2005). doi:10.7326/0003-4819-142-6-200503150-00011. PMID 15767623. 
  17. ^ Richards, M. J.; Edwards, J. R.; Culver, D. H.; Gaynes, R. P. (1999-05). “Nosocomial infections in medical intensive care units in the United States. National Nosocomial Infections Surveillance System”. Critical Care Medicine 27 (5): 887–892. doi:10.1097/00003246-199905000-00020. ISSN 0090-3493. PMID 10362409. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/10362409/. 
  18. ^ “Staphylococcus aureus bacteremia and endocarditis associated with a removable infected intravenous device”. The American Journal of Medicine 63 (2): 253–6. (August 1977). doi:10.1016/0002-9343(77)90239-X. PMID 888847. 
  19. ^ a b van den Bosch, Ceder; van Woensel, Job; van de Wetering, Marianne D. (2021-10-07). “Prophylactic antibiotics for preventing gram-positive infections associated with long-term central venous catheters in adults and children receiving treatment for cancer”. The Cochrane Database of Systematic Reviews 10 (11): CD003295. doi:10.1002/14651858.CD003295.pub4. ISSN 1469-493X. PMC 8495768. PMID 34617602. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8495768/. 
  20. ^ a b “Guidelines for the prevention of intravascular catheter-related infections. Centers for Disease Control and Prevention”. MMWR. Recommendations and Reports 51 (RR-10): 1–29. (August 2002). PMID 12233868. https://www.cdc.gov/mmwr/preview/mmwrhtml/rr5110a1.htm. 
  21. ^ “Chlorhexidine-based antiseptic solution vs alcohol-based povidone-iodine for central venous catheter care”. Archives of Internal Medicine 167 (19): 2066–72. (October 2007). doi:10.1001/archinte.167.19.2066. PMID 17954800. 
  22. ^ “A controlled trial of scheduled replacement of central venous and pulmonary-artery catheters”. The New England Journal of Medicine 327 (15): 1062–8. (October 1992). doi:10.1056/NEJM199210083271505. PMID 1522842. 
  23. ^ Handbook of clinical anesthesia. Paul G. Barash, Bruce F. Cullen, Robert K. Stoelting, Michael K. Cahalan, M. Christine Stock, Rafael A. Ortega (Seventh edition ed.). Philadelphia, PA: WOLTERS KLUWER. (2013). pp. 1602-1603. ISBN 978-1-4698-3003-2. OCLC 857067299. https://www.worldcat.org/oclc/857067299 
  24. ^ a b “Dressings and securement devices for central venous catheters (CVC)”. The Cochrane Database of Systematic Reviews 2019 (9): CD010367. (September 2015). doi:10.1002/14651858.CD010367.pub2. PMC 6457749. PMID 26358142. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6457749/. 
  25. ^ Gavin, Nicole C; Webster, Joan; Chan, Raymond J; Rickard, Claire M (2016-02-01). Cochrane Wounds Group. ed. “Frequency of dressing changes for central venous access devices on catheter-related infections” (英語). Cochrane Database of Systematic Reviews 2016 (2): CD009213. doi:10.1002/14651858.CD009213.pub2. hdl:10072/339116. PMC 8765739. PMID 26827714. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8765739/. 
  26. ^ Lai, Nai Ming; Lai, Nai An; O'Riordan, Elizabeth; Chaiyakunapruk, Nathorn; Taylor, Jacqueline E; Tan, Kenneth (2016-07-13). Cochrane Wounds Group. ed. “Skin antisepsis for reducing central venous catheter-related infections” (英語). Cochrane Database of Systematic Reviews 2016 (7): CD010140. doi:10.1002/14651858.CD010140.pub2. PMC 6457952. PMID 27410189. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6457952/. 
  27. ^ “Management of occlusion and thrombosis associated with long-term indwelling central venous catheters”. Lancet 374 (9684): 159–69. (July 2009). doi:10.1016/S0140-6736(09)60220-8. PMC 2814365. PMID 19595350. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2814365/. 
  28. ^ Jacobs, Brian R. (2003-07). “Central venous catheter occlusion and thrombosis”. Critical Care Clinics 19 (3): 489–514, ix. doi:10.1016/s0749-0704(03)00002-2. ISSN 0749-0704. PMID 12848317. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/12848317/. 
  29. ^ “Genetics of venous thrombosis”. Journal of Thrombosis and Haemostasis 7 Suppl 1: 301–4. (July 2009). doi:10.1111/j.1538-7836.2009.03394.x. PMID 19630821. 
  30. ^ “The risk factors and clinical outcomes of upper extremity deep vein thrombosis”. Vascular and Endovascular Surgery 46 (2): 139–44. (February 2012). doi:10.1177/1538574411432145. PMID 22328450. http://www.escholarship.org/uc/item/227607nc. 
  31. ^ a b “Central venous catheter use. Part 1: mechanical complications”. Intensive Care Medicine 28 (1): 1–17. (January 2002). doi:10.1007/s00134-001-1154-9. PMID 11818994. 
  32. ^ Verso, Melina; Agnelli, Giancarlo (2003-10-01). “Venous thromboembolism associated with long-term use of central venous catheters in cancer patients”. Journal of Clinical Oncology: Official Journal of the American Society of Clinical Oncology 21 (19): 3665–3675. doi:10.1200/JCO.2003.08.008. ISSN 0732-183X. PMID 14512399. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/14512399/. 
  33. ^ Joynt, Gavin M.; Kew, Jacqueline; Gomersall, Charles D.; Leung, Vivian Y. F.; Liu, Eric K. H. (2000-01-01). “Deep Venous Thrombosis Caused by Femoral Venous Catheters in Critically Ill Adult Patients” (English). CHEST 117 (1): 178–183. doi:10.1378/chest.117.1.178. ISSN 0012-3692. https://journal.chestnet.org/article/S0012-3692(15)30947-8/abstract. 
  34. ^ Evans, R. Scott; Sharp, Jamie H.; Linford, Lorraine H.; Lloyd, James F.; Tripp, Jacob S.; Jones, Jason P.; Woller, Scott C.; Stevens, Scott M. et al. (2010-10). “Risk of symptomatic DVT associated with peripherally inserted central catheters”. Chest 138 (4): 803–810. doi:10.1378/chest.10-0154. ISSN 1931-3543. PMID 20923799. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/20923799/. 
  35. ^ “Anticoagulation for people with cancer and central venous catheters”. The Cochrane Database of Systematic Reviews 6 (2): CD006468. (June 2018). doi:10.1002/14651858.CD006468.pub6. PMC 6389340. PMID 29856471. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6389340/. 
  36. ^ Shulman, R. J.; Reed, T.; Pitre, D.; Laine, L. (1988). “Use of hydrochloric acid to clear obstructed central venous catheters”. JPEN. Journal of parenteral and enteral nutrition 12 (5): 509–510. doi:10.1177/0148607188012005509. ISSN 0148-6071. PMID 3184423. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/3184423/. 
  37. ^ “Aberrant locations and complications in initial placement of subclavian vein catheters”. Archives of Surgery 119 (3): 293–5. (March 1984). doi:10.1001/archsurg.1984.01390150035009. PMID 6696623. 
  38. ^ a b c d e Mirski, Marek A.; Lele, Abhijit Vijay; Fitzsimmons, Lunei; Toung, Thomas J. K. (2007-01). “Diagnosis and treatment of vascular air embolism”. Anesthesiology 106 (1): 164–177. doi:10.1097/00000542-200701000-00026. ISSN 0003-3022. PMID 17197859. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/17197859/. 
  39. ^ a b c d e Glynda Rees Doyle and Jodie Anita McCutcheon. “8.2 Intravenous Fluid Therapy”. Clinical Procedures for Safer Patient Care. https://opentextbc.ca/clinicalskills/chapter/intravenous-therapy-peripheral-and-central-venous-catheters/ 
  40. ^ “Management of occlusion and thrombosis associated with long-term indwelling central venous catheters”. Lancet 374 (9684): 159–69. (July 2009). doi:10.1016/S0140-6736(09)60220-8. PMC 2814365. PMID 19595350. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2814365/. 
  41. ^ “Heparin flush vs. normal saline flush to maintain the patency of central venous catheter among adult patients: A systematic review and meta-analysis”. Journal of Family Medicine and Primary Care 8 (9): 2779–2792. (September 2019). doi:10.4103/jfmpc.jfmpc_669_19. PMC 6820433. PMID 31681643. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6820433/. 
  42. ^ “Normal saline (0.9% sodium chloride) versus heparin intermittent flushing for the prevention of occlusion in long-term central venous catheters in infants and children”. The Cochrane Database of Systematic Reviews 2020 (4): CD010996. (April 2020). doi:10.1002/14651858.CD010996.pub3. PMC 7192095. PMID 32352563. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7192095/. 
  43. ^ “Future directions for ultrasound-guided central venous access”. European Journal of Anaesthesiology 28 (5): 327–8. (May 2011). doi:10.1097/EJA.0b013e328343b148. PMID 21487264. 
  44. ^ “Reducing major procedural complications from central venous catheterisation”. Anaesthesia 66 (1): 6–9. (January 2011). doi:10.1111/j.1365-2044.2010.06583.x. PMID 21198502. 
  45. ^ 安全な中心静脈カテーテル挿入・管理のためのプラクティカルガイド 2017”. 公益社団法人 日本麻酔科学会 安全委員会. 2023年4月8日閲覧。
  46. ^ “Ultrasound-Guided Subclavian Vein Catheterization: A Systematic Review and Meta-Analysis”. Critical Care Medicine 43 (7): 1498–507. (July 2015). doi:10.1097/CCM.0000000000000973. PMID 25803646. 
  47. ^ “Subclavian oblique-axis catheterization technique”. Critical Care 21 (1): 323. (December 2017). doi:10.1186/s13054-017-1915-7. PMC 5745903. PMID 29282100. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5745903/. 
  48. ^ Why Using Ultrasound for Vascular Access ? - EDM Medical Solutions”. 2018年6月15日閲覧。
  49. ^ “Role of chest X-ray in citing central venous catheter tip: A few case reports with a brief review of the literature”. Journal of Anaesthesiology Clinical Pharmacology 29 (3): 397–400. (July 2013). doi:10.4103/0970-9185.117114. PMC 3788245. PMID 24106371. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3788245/. 
  50. ^ Ostadfar, Ali (2016-01-01), Ostadfar, Ali, ed., “Chapter 1 – Fluid Mechanics and Biofluids Principles” (英語), Biofluid Mechanics (Academic Press): pp. 1–60, doi:10.1016/B978-0-12-802408-9.00001-6, ISBN 978-0-12-802408-9, http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/B9780128024089000016 2020年3月18日閲覧。 
  51. ^ Central Venous Catheters – Topic Overview from WebMD
  52. ^ American Society of Nephrology: Don't place peripherally inserted central catheters (PICC) in stage III-V CKD patients without consulting nephrology”. Choosing Wisely (2012年4月4日). 2022年10月20日閲覧。
  53. ^ “Critical and honest conversations: the evidence behind the "Choosing Wisely" campaign recommendations by the American Society of Nephrology”. Clin J Am Soc Nephrol 7 (10): 1664–72. (October 2012). doi:10.2215/CJN.04970512. PMID 22977214. 
  54. ^ “Preventing complications of central venous catheterization”. The New England Journal of Medicine 348 (12): 1123–33. (March 2003). doi:10.1056/NEJMra011883. PMID 12646670. 
  55. ^ Barcelona, Sandra L.; Vilich, Fatima; Coté, Charles J. (2003-08). “A comparison of flow rates and warming capabilities of the Level 1 and Rapid Infusion System with various-size intravenous catheters”. Anesthesia and Analgesia 97 (2): 358–363. doi:10.1213/01.ANE.0000070235.67887.5C. ISSN 0003-2999. PMID 12873917. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/12873917/. 
  56. ^ López-Briz, Eduardo; Ruiz Garcia, Vicente; Cabello, Juan B.; Bort-Martí, Sylvia; Carbonell Sanchis, Rafael (2022-07-18). “Heparin versus 0.9% sodium chloride locking for prevention of occlusion in central venous catheters in adults”. The Cochrane Database of Systematic Reviews 2022 (7): CD008462. doi:10.1002/14651858.CD008462.pub4. ISSN 1469-493X. PMC 9291254. PMID 35849083. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC9291254/. 
  57. ^ “Central venous catheter care for the patient with cancer: American Society of Clinical Oncology clinical practice guideline”. Journal of Clinical Oncology 31 (10): 1357–70. (April 2013). doi:10.1200/JCO.2012.45.5733. PMID 23460705. 
  58. ^ ヒックマンカテーテルキット”. www.info.pmda.go.jp. 2023年4月9日閲覧。
  59. ^ 9-2 : Broviacカテーテル,Hickmanカテーテル | ニュートリー株式会社”. www.nutri.co.jp. 2023年4月9日閲覧。

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]