中広大悟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中広 大悟
基本情報
本名 中広 大悟
階級 スーパーフライ級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1981-08-21) 1981年8月21日(36歳)
出身地 広島県三次市
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 29
勝ち 23
KO勝ち 9
敗け 4
引き分け 2
テンプレートを表示

中広 大悟(なかひろ だいご、1981年8月21日 - )は、日本プロボクサー広島県三次市出身。ボクシングセンスの良さでは日本有数と言われながら無冠の時期が続いたが、2008年12月17日、自身初のタイトルとなる第33代日本スーパーフライ級王者となった。広島三栄ボクシングジム所属。広島県立広島皆実高等学校広島経済大学大学院修士課程卒業。広島市安芸区瀬野川病院勤務。

来歴[編集]

高校時代はサッカー部に所属[1]、同期にはフットサル日本代表の瀬戸彬仁やプロサッカー選手の秦賢二がいる。

ボクシングは大学入学後に始めた。

2001年9月16日、プロデビューを福岡県春日市にて行い4R判定勝利を収めた。

2002年12月22日、その後5連勝で西軍スーパーフライ級代表として、東日本代表河野公平ワタナベ)と全日本スーパーフライ級新人王後楽園ホールで争い、6R判定勝利で新人王奪取し日本ランク入り。

2006年2月13日、デビュー以来13連勝で内藤大助宮田)の持つ日本フライ級タイトルに挑戦する。経験、実績で上回る内藤有利と見られていたが、試合は内藤の不調と挑戦者の巧さ・積極性が出て、もつれる展開に。結果的には2-1のスプリット判定により内藤が勝利。しかし以後の中広への期待を高める試合となった。

2006年5月1日、日本タイトル戦から3か月後にタイWBC世界フライ級チャンピオンポンサクレック・ウォンジョンカムに挑戦する。しかし序盤にダウンを奪われた末12R判定負けで2連敗となった。

2007年2月16日、スーパーフライ級に階級を戻し、再起戦で日本・東洋タイトルを獲得したことのある有永政幸大橋)に4RTKO勝ち。

2008年5月24日、ディファ有明でモンコンチャイ・ヒマーライジム(タイ)とのメイン試合に出場予定であったが、イベントを主催したグローバル協栄ジムと共催のドリームアクションとの金銭的な問題で、前日計量後に前代未聞の興行中止となり試合できず[2]。その後3連勝を収めた。

2008年7月30日、国立代々木競技場第一体育館にて行われた内藤大助と坂田健史の世界ダブルタイトルマッチのセミセミファイナルにて元日本フライ級王者吉田拳畤(笹崎)と対戦。吉田のアウトボクシングに苦しめられながらも、8R判定勝ちを収めた。

2008年12月17日、河野公平が怪我のため返上し空位の日本スーパーフライ級王座決定戦を後楽園ホールにて、杉田純一郎(ヨネクラ)(同級1位)と争い、これに10R2-1判定勝ちで初のタイトルを奪取した。広島のジムに所属する選手としては30年ぶり2人目の日本王者誕生となった[3]

2009年3月19日、広島県立総合体育館で1位三枝健二(笹崎)を迎えての初防衛戦10回戦を行い、1Rにダウンを奪うなど試合を支配して3-0の判定勝利を収めた。広島県内のジムに所属する選手として史上初の防衛成功となった[4]

2009年8月29日、三次市で7位の本田秀伸グリーンツダ)と対戦。初回にダウンを奪い、中盤以降はポイントを積み重ね、2-0(96-95、97-93、95-95)の判定勝利で2度目の防衛に成功した[5]

2009年12月18日、広島県立総合体育館で2位赤穂亮横浜光)を迎えて3度目の防衛戦を行う。1Rに右フックで顔面をヒットさせるなど有利に試合を進めるが、その後は一進一退の展開になり、1-0(96-94、96-96、95-95)の引き分けで3度目の防衛に成功した[6]。この試合で右手の腱断裂を起こして長期休養する間に、佐藤洋太暫定王者となった[7]

2010年9月25日、東京ビッグサイトで暫定王者の佐藤洋太(協栄)と統一戦を行い、3-0(97-92、99-90、99-89)の大差判定でタイトルを失った[8]

2011年2月5日、大阪府立体育会館OPBF東洋太平洋バンタム級チャンピオンのマルコム・ツニャカオ真正)に挑戦し6回2分32秒TKO負け[9]

戦績[編集]

プロボクシング:29戦23勝 (9KO) 4敗 (1KO) 2分

日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2001年9月16日 勝利 4R 判定 山口和哉 日本の旗 日本(三松スポーツ) プロデビュー戦
2 2001年12月1日 勝利 4R 判定 冨松悦至 日本の旗 日本
(関博之)
3 2002年6月16日 勝利 4R 判定3-0 大神淳二 日本の旗 日本
(関博之)
4 2002年8月11日 勝利 2R 1:26 KO 松田友昭 日本の旗 日本(本田フィットネス) 西部日本スーパーフライ級新人王トーナメント決勝戦
5 2002年10月6日 勝利 4R 判定2-1 木ノ下国広 日本の旗 日本
(畑中)
中日本・西部日本スーパーフライ級新人王対抗戦
6 2002年11月10日 勝利 6R 判定3-0 鬼頭孝暢 日本の旗 日本
(大阪帝拳)
全日本スーパーフライ級新人王西軍代表決定戦
7 2002年12月22日 勝利 6R 判定3-0 河野公平 日本の旗 日本
(ワタナベ)
全日本スーパーフライ級新人王決定戦
8 2003年7月1日 勝利 8R 判定3-0 山田克彦 日本の旗 日本
(新日本徳山)
9 2003年11月16日 勝利 2R 0:57 KO 藤井俊一 日本の旗 日本
(倉敷守安)
10 2004年3月1日 勝利 2R 2:40 KO サムラーンサック・シンマナサック タイ王国の旗 タイ
11 2004年9月10日 勝利 3R 1:44 KO 小山晃司 日本の旗 日本
(天熊丸木)
12 2005年3月9日 勝利 10R 判定3-0 高橋巧 日本の旗 日本
(ロッキー)
13 2005年8月15日 勝利 10R 判定3-0 長谷部弘康 日本の旗 日本
(中外)
14 2006年2月13日 敗北 10R 判定1-2 内藤大助 日本の旗 日本
(宮田)
日本フライ級タイトルマッチ
15 2006年5月1日 敗北 12R 判定0-3 ポンサクレック・ウォンジョンカム タイ王国の旗 タイ WBC世界フライ級タイトルマッチ
16 2007年2月16日 勝利 4R 2:34 TKO 有永政幸 日本の旗 日本
(大橋)
17 2007年10月5日 勝利 5R 1:27 KO サムラーンサック・シンマナサック タイ王国の旗 タイ
18 2007年12月21日 勝利 5R 2:48 TKO フラッシュ・ビラクラ フィリピンの旗 フィリピン
19 2008年3月20日 勝利 3R 2:45 TKO 奈須勇樹 日本の旗 日本
(角海老宝石)
20 2008年7月30日 勝利 8R 判定3-0 吉田拳畤 日本の旗 日本
(笹崎)
21 2008年12月17日 勝利 10R 判定2-1 杉田純一郎 日本の旗 日本
(ヨネクラ)
日本スーパーフライ級王座決定戦
22 2009年3月19日 勝利 10R 判定3-0 三枝健二 日本の旗 日本
(新開)
日本王座防衛1
23 2009年8月29日 勝利 10R 判定2-0 本田秀伸 日本の旗 日本
(グリーンツダ)
日本王座防衛2
24 2009年12月18日 引分 10R 判定1-0 赤穂亮 日本の旗 日本
(横浜光)
日本王座防衛3
25 2010年9月25日 敗北 10R 判定0-3 佐藤洋太 日本の旗 日本
(協栄)
日本王座陥落
26 2011年2月5日 敗北 6R 2:32 TKO マルコム・ツニャカオ フィリピンの旗 フィリピン
(真正)
OPBF東洋太平洋バンタム級タイトルマッチ
27 2011年6月12日 勝利 8R 判定3-0 スリヤー・チューワッタナ タイ王国の旗 タイ
28 2012年5月14日 引分 4R 0:47 負傷 古藤功徳 日本の旗 日本
(折尾)
29 2012年12月16日 勝利 2R 2:32 TKO ピサヌテープ・ギャットチョイヤン タイ王国の旗 タイ
テンプレート

獲得タイトル[編集]

  • 第49回全日本スーパーフライ級新人王西軍代表
  • 第49回全日本スーパーフライ級新人王
  • 第33代日本スーパーフライ級王座(防衛3)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ サッカー頂点へ14年ぶり笛”. 中国新聞 (2013年7月11日). 2013年7月11日閲覧。
  2. ^ 突然の中止ーあすのディファ有明興行月刊ボクシングワールド」オフィシャルサイト 2008年5月23日閲覧
  3. ^ 中広が判定で日本王座獲得 日刊スポーツ 2008年12月17日閲覧
    中広、痛みで「王者」の喜び実感 デイリースポーツ 2008年12月19日閲覧
  4. ^ 中広が初防衛、KOできず「ダメ」 デイリースポーツ 2009年3月20日閲覧
  5. ^ 中広防衛、本田に判定勝ち 広島の日本S・フライ級戦 ボクシングニュース「Box-on!」2009年8月29日
  6. ^ 中広1-0のドロー防衛-広島の日本S・フライ級戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2009年12月18日
  7. ^ 日本王者の中広、9月に防衛戦 ボクシングSフライ級 中国新聞 2010年8月1日閲覧
  8. ^ 佐藤、中広を2度ダウン 日本S・フライ級正規王者に ボクシングニュース「Box-on!」 2010年9月25日閲覧
  9. ^ ツニャカオ、中広の挑戦撃退V3 OPBFバンタム級戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年2月5日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
河野公平
第33代日本スーパーフライ級王者

2008年12月17日 - 2010年9月25日

次王者
佐藤洋太