中島昭和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中島 昭和(なかじま あきかず、1927年 - 2013年)は、フランス文学者、中央大学名誉教授。

埼玉県生まれ。松本高等学校文科を経て、1951年東京大学仏文科卒業。1998年まで中大教授。妻はフランス文学者の中島公子、長女はエッセイストの中島さおり、二女は作家の中島京子ヌーヴォー・ロマンの翻訳を多くおこなった。志摩三平の名で短歌も詠んだ。

著書[編集]

  • 風なかに佇つ 志摩三平歌集 中島昭和 1999.10
  • 見える目の困惑 評論・随想・紀行 武蔵野書房 2001.3
共著

翻訳[編集]

参考文献[編集]

  • 『アルペン颪 旧制高等学校物語 松本高校編』(財界評論新社 1967年)