鈴木重生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 重生(すずき しげお、1925年10月29日 - )は、日本フランス文学者作家中央大学名誉教授。

愛知県生まれ。東京府立第一中学校を経て東京大学文学部仏文科卒。中央大学法学部助教授、教授。1996年定年退任、名誉教授。ヌーヴォー・ロマンが専門、小説も書く。

著書[編集]

  • 『ヌーヴォー・ロマン周遊 小説神話の崩壊』(中央大学出版部 1989年)
  • 『ヌーヴォー・ロマン周遊 続・現代小説案内』(中央大学出版部 1999年)
  • 『極楽寺古伽藍図』(菁柿堂 2000年)
  • 『サン・モールの月』(菁柿堂 2004年)
  • 『わが友吉行淳之介 その素顔と作品』(未知谷 2007年)
  • 『遊びをせんとや生まれけむ』菁柿堂: 星雲社 (発売) 2013

共著[編集]

  • 『フランス会話の冒険』(ノエル・ジグレル共著 白水社 1983年)
  • 『明子とカトリーヌ 改訂版』(Claire Silvy共著 駿河台出版社 1984年)

翻訳[編集]

参考[編集]

  • 『文藝年鑑 2007』新潮社 
  • 「鈴木重生教授略年譜」仏語仏文学研究 1996-02 NAID 40003341600