中島力造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中島力造
中島力造
1889年、イェール大の学友と(中列中央)

中島 力造(なかじま りきぞう、安政5年1月8日1858年2月21日) - 大正7年(1918年12月21日)は倫理学者同志社英学校最初の学生のひとりで、開校当初元良勇次郎上野栄三郎とともに真っ先に駆けつけた。10年の海外留学を経て、日本における倫理学の先登となった[1]

経歴[編集]

丹波国天田郡福知山(現京都府福知山市)出身。京都府平民中島勘右衛門の長男として生まれる[2]。藩立惇明館にて漢学を修業後、父親の勧めで神戸で英学を学ぶ[1]。明治8年に新島襄の勧めで同志社英学校の第一期生として入学。哲学を学ぶつもりが、宗教色が強いため退学を考えていたところ、津田仙の要請を受けた新島により学農社の教師に推薦され、明治11年(1878年)に同志社を退学し上京[1]。この前年に西京第二公会で受洗[3]

明治13年(1880年)、渡米。オハイオ州のウエスタン・レゾルス・アカデミーに入学し1884年に卒業、イェール大学神学科に進学し1887年に卒業、翌年哲学科に進みPh.Dを取得[1]。イェール大学哲学史講師を務め、1888年にイギリスドイツに留学[1]

明治23年(1890年)に帰国し、第一高等学校講師を経て明治25年(1892年)、帝国大学文科大学教授に就任。「心理学倫理学論理学」の第二講座(倫理学)を担当した[3]

日本に初めてT・H・グリーンの思想を導入。その普及に努め、功利主義から理想主義への倫理学の拡充を図り、倫理学の学としての独立性を確立した。personalityやpersonの訳語として「人格」を定着させたのも彼の功績である(もともと「人格」という語はカント哲学に基づく倫理学的用法によるものだった)。

1918年、心不全と肺炎のため死去[4]

家族[編集]

妻のコハルは俳人の大野洒竹の次姉[2]。長女・周は高嶺秀夫の三男・昇(教師)の妻[5]、次女・愛は実業家の川上嘉市の妻、三女・貞子は物理学者の竹内時男の妻となった。  

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 中島力造佐野安仁、同志社人物伝、同志社大学
  2. ^ a b 中島力造『人事興信録』第4版 [大正4(1915)年1月]
  3. ^ a b 同志社山脈編集委員会編 『同志社山脈』 晃洋書房、2003年、114-115頁
  4. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)20頁
  5. ^ 高嶺昇『人事興信録』第8版 [昭和3(1928)年7月]
  6. ^ 『官報』第2776号「叙任及辞令」1892年9月27日。
  7. ^ 『官報』第5839号「叙任及辞令」1902年12月18日。
  8. ^ 『官報』第7394号「叙任及辞令」1908年2月22日。