中伏木駅 (国鉄)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中伏木駅
中伏木駅.jpg
なかふしき
Naka-Fushiki
吉久 (0.9km)
(0.6km) 新湊
所在地 富山県新湊市(現射水市
所属事業者 日本国有鉄道
所属路線 新湊線
キロ程 3.0km(能町起点)
電報略号 ナフ
駅構造 地上駅
開業年月日 1918年(大正7年)1月27日
廃止年月日 1951年(昭和26年)4月1日
備考 廃駅
テンプレートを表示

中伏木駅(なかふしきえき)は、かつて富山県新湊市(現射水市)にあった、日本国有鉄道(国鉄)新湊線廃駅)である。営業キロは、能町起点3.0km[1]

歴史[編集]

昭和10年度における伏木駅及び新湊線周囲概況。吉久駅、中伏木駅、新湊駅の位置関係を確認し得る

もとは富山県初の鉄道である中越鉄道が、1918年(大正7年)に能町 - 新湊間を開業させるのと同時に設置されたものである[2]。その後、1920年(大正9年)に中越鉄道が国有化され、国鉄の駅となったが[3]1951年(昭和26年)に新湊線の旅客営業が廃止されると同時に廃止された[4]

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
新湊線
吉久駅 - 中伏木駅 - 新湊駅

脚注[編集]

  1. ^ 鉄道省編、『昭和十二年十月一日現在 鉄道停車場一覧』、1937年(昭和12年)12月、川口印刷所出版部
  2. ^ a b 『官報』1652号、1918年(大正7年)2月6日、内閣印刷局
  3. ^ a b c 大正9年8月17日鉄道省告示第58号(『官報』、1920年(大正9年)8月17日、内閣印刷局)
  4. ^ a b 「日本国有鉄道公示第69号」『官報』1951年3月30日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ 石野哲輔、『停車場変遷大事典 国鉄・JR編Ⅱ』、1998年(平成10年)10月、JTB
  6. ^ 昭和15年11月4日鉄道省告示第245号(『官報』、1940年(昭和15年)11月4日、内閣印刷局)
  7. ^ 昭和15年11月22日鉄道省告示第260号(『官報』、1940年(昭和15年)11月22日、内閣印刷局)

関連項目[編集]