下平英太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
下平 英太郎
生誕 1869年3月1日
岩代国会津熊倉
死没 (1933-05-13) 1933年5月13日(64歳没)
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1892 - 1918
最終階級 海軍少将
除隊後 稚松会副会長
テンプレートを表示

下平 英太郎(しもだいら えいたろう、1869年3月1日明治2年1月19日) - 1933年(昭和8年)5月13日)は、日本の海軍軍人装甲巡洋艦八雲艦長として第一次世界大戦における青島攻略戦に参戦し、のち戦艦日向」初代艦長を務めた海軍少将である。従四位勲三等功四級


生涯[編集]

1920年代の戦艦「日向」

会津藩番頭組に属す180取り[1]藩士、下平英吉の長男として会津に生まれる[2]。下平家は戊辰戦争後に斗南藩野辺地に移住した。海軍関係の資料で本籍地は青森とされるのはこのためである。

海軍兵学校に進み、17期生として卒業。席次は88名中9番であった。1892年(明治25年)5月、少尉任官。

天龍」航海士として日清戦争を迎え、威海衛攻略戦などに参戦した。水雷術練習所学生を経て横須賀水雷団2水雷艇隊艇長、「笠置」水雷長を務めるが、台湾総督府参謀副官を経て帰国後は砲術畑を歩む。「千歳」、「常磐」の砲術長を経て、日露戦争中は「韓崎丸」に乗組み、堀悌吉山本五十六海兵32期の指導にあたり[3][4]砲術練習所教官を務めている。戦後は「春日」副長、舞鶴鎮守府参謀を歴任した。1902年(明治35年)少佐1906年(明治39年)中佐1912年(明治45年)大佐へ進級。

大佐時代は6艦の艦長を務め、第一次世界大戦 では「八雲」艦長として青島攻略戦に参戦した。1915年(大正4年)4月1日造船造兵監督官に就任。戦艦「日向」艤装員長、同艦長を務め1917年(大正6年)12月1日少将へ昇進。翌年12月1日予備役編入となった。

会津藩所縁の高等武官で組織された稚松会設立に加わり[5]、のち副会長に就任。同会最後の会長であった両角三郎は妹婿である[6]

艦長を務めた艦
  • 装甲巡洋艦・八雲
  • 戦艦・周防
  • 戦艦・日向


脚注[編集]

注釈
出典
  1. ^ 会津郷土資料研究所『慶應年間 会津藩士人名録』勉強堂書店
  2. ^ 『会津会雑誌第42号』(昭和8年6月発行)「死亡会員略伝 下平英太郎君」
  3. ^ 石井稔編著 『異色の提督 百武源吾』 異色の提督百武源吾刊行会、1979年30-31頁
  4. ^ 「振天府拝観」
  5. ^ 『稚松会会誌』(1912年発行)
  6. ^ 「両角歩兵中尉結婚願いの件」

参考文献[編集]

  1. 「振天府拝観」(ref: C06091611000)
  2. 「両角歩兵中尉結婚願いの件」(ref: C07041344900)
  3. 「葬儀及び儀仗兵(2)」(ref: C08021087900)
  4. 「第2艦隊軍艦八雲戦闘詳報」(ref: C10080014100)
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』(第10巻)第一法規出版
  • 水交会編 『回想の日本海軍』 原書房、1985年ISBN 4-562-01672-8
  • 外山操編 『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』 芙蓉書房出版、1981年ISBN 4-8295-0003-4
  • 福島県立会津高等学校創立70周年記念誌
  • 明治百年史叢書第74巻『海軍兵学校沿革』原書房

関連する人物[編集]

  • 秋山真之:海兵の同期生で、下平は秋山の葬儀に際し陪柩者を務めている(「葬儀及び儀仗兵(2)」)。
  • 和田幸次郎:海兵の同期生で、ともに会津に生まれ本籍青森県にあった。