三宅二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三宅 二郎 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ミヤケ ジロウ
ラテン文字 MIYAKE Jiro
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1900年または1901年
没年月日 1984年11月30日(満83歳没)[1]
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1921-1925 関西大学
代表歴
1925 日本の旗 日本 2 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

三宅 二郎(みやけ じろう、1900年または1901年 - 1984年11月30日)は、日本サッカー選手

経歴[編集]

関西大学に在学中の1921年に数名の有志の学生らと共にサッカー部を創設した[2]。在学中の1925年5月に開催された第7回極東選手権競技大会日本代表に選出され、5月17日のフィリピン代表戦および5月20日の中華民国代表戦にFW(CF)として出場した[3][4]。1925年9月に関西大学サッカー部の上海遠征のメンバーに選ばれ、現地での試合にも出場した(なお、学生チームの海外遠征はこれが初めてであった)[5]

1926年3月に関西大学商学部を卒業して朝日新聞社に入社し、同社の徳島支局長を務めた[1]。また、1951年1月に関西大学校友会の徳島支部長に就任して1962年まで務めた[6]他、徳島陸上競技協会会長や徳島県体育協会副会長および同参与を歴任した[1]

1984年11月30日、肺炎により死去した。享年83歳[1]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 2試合 0得点


日本代表 国際Aマッチ その他 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点
1925 2 0 0 0 2 0
通算 2 0 0 0 2 0

参考文献[編集]

  • 関西大学サッカー部OB会 『関西大学サッカー部七十年史』、1992年12月

出典[編集]

  1. ^ a b c d 関大第338号(p.5)(PDF)”. 関西大学校友会 (1985年1月1日). 2015年11月30日閲覧。
  2. ^ 70年史 p.22
  3. ^ 第7回極東選手権大会”. 日本サッカー協会. 2015年11月30日閲覧。
  4. ^ 70年史 p.13
  5. ^ 70年史 p.28-29
  6. ^ 支部沿革”. 関西大学校友会徳島支部. 2015年11月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]