三代大訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三代 大訓Boxing pictogram.svg
基本情報
本名 三代 大訓
階級 スーパーフェザー級
身長 177cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1994-11-13) 1994年11月13日(27歳)
出身地 島根県松江市
スタイルファイター
プロボクシング戦績
総試合数 13
勝ち 12
KO勝ち 3
敗け 0
引き分け 1
テンプレートを表示

三代 大訓(みしろ ひろのり、1994年11月13日 - )は、日本男性プロボクサー島根県松江市出身。中央大学卒業。ワタナベボクシングジム所属。松江市観光大使。第44代OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級王者。入場曲は「ギンギラギンにさりげなく」。

概要[編集]

アマチュア時代には松江工業高校3年時にライト級インターハイベスト8に入る。 その後中央大学のボクシング部で主将を務めた。

アマチュアで57戦41勝(4KO)16敗のキャリアを積みプロに転向、B級でデビューした。

端正なボクシングスタイル、キレのあるジャブとタイミング抜群の右ストレートが武器。

出身地である島根県で「島根県初の世界タイトルマッチができたら最高だ」と語る。

来歴[編集]

2017年3月28日、後楽園ホールでタイのパランペッチ・シスパーサクとスーパーフェザー級6回戦を行い、1R(2分11秒)TKO勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った。[1]

2017年6月27日、敵地フィリピン・マニラで、パブリト・カナダ(フィリピン)と60.0Kg契約の4回戦を行い、3-0の判定勝ちを収めた[2][3]

2017年7月23日、後楽園ホールでソムサックチャイ・ソーソーナロンと60.5kg契約5回戦を行い、3RTKO勝ちを収めた[4][5]

2017年10月16日、2017年 DANGANA級トーナメントスーパーフェザー級にエントリーし、後楽園ホールで仲里周磨と準決勝6回戦を行い、ダウンの応酬となる戦いを制し3-0の判定勝ちを収めた。[6][7]

2018年1月13日、2017年 後楽園ホールでDANGANA級トーナメントスーパーフェザー級決勝を正木脩也と行い、3-0の判定勝ちを収めトーナメントを制した。 ※A級トーナメント優勝[8] この試合が評価され月間敢闘賞受賞

2018年6月20日、6月末で閉鎖となるディファ有明の最後のボクシング興行メイン、OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級タイトルマッチ12回戦で王者カルロ・マガレに2-1判定勝ち。 プロデビュー6戦目でのベルト獲得に成功[9]、島根県出身者として初のOPBF王座獲得となった[10]

2018年10月6日後楽園ホールにて日本チャンピオン末吉大と日本&東洋太平洋スーパーフェザー級王座統一12回戦を行い、ジャッジ三者三様のドロー、日本タイトル獲得逃すも東洋太平洋タイトルの初防衛に成功、この試合は年間最高試合(国内戦)の候補にノミネートされるも受賞逃す(2018年年間最高試合は同ジム所属の久我vs和氣)。

2019年3月27日後楽園ホールにて、元WBOアジアパシフィック同級王者渡邊卓也と2度目の防衛戦。3-0(115-111、116-112、117-111) の判定勝ちで2回目の防衛に成功[11]。なお、この試合が国内で開催される平成最期のOPBF東洋太平洋タイトルマッチ日本人対決となる。 この試合で初の月間MVP受賞

2019年7月27日、後楽園ホールで元OPBF東洋太平洋フェザー級王者でOPBF東洋太平洋スーパーフェザー級10位の竹中良を相手に防衛戦を行い、8回1分56秒KO勝ちを収め、3度目の防衛に成功した[12]。 2戦連続の月間MVP獲得

2019年12月10日、後楽園ホールで元日本スーパーフェザー級ユース王者でOPBF東洋太平洋同級6位の木村吉光を相手に防衛戦を行い、12回2-1(114-113×2、113-114)で判定勝ちを収め、4度目の防衛に成功した[13]

2020年8月22日、後楽園ホールでDANGAN主催のはじめの一歩30周年記念フェザー級トーナメント決勝後のイベントとして挑戦者の一般人との3Rドリームスパーリングを行った。

2020年12月26日、墨田区総合体育館で元WBOスーパーフェザー級王者伊藤雅雪ライト級10回戦を行い、10回2-0(96-94×2、95-95)で判定勝ちを収めた[14]。この試合は当初11月5日の予定だったが伊藤の急病のために延期になっていた[15]

2021年3月21日、中央大学学員会会長賞を授与

2021年3月25日付けで、OPBF王座を返上した[16]。 2021年12月2日、後楽園ホールにて元日本ライト級王者西谷和宏と60.5kg契約8回戦を行い2度のダウンを奪う6回TKO勝利を収めた[17]。 この試合時点でIBF世界ライト級15位、WBO13位、西谷も前戦までIBF世界スーパーフェザー級7位にランクしており、山陰地方出身の両選手による珍しいトップ対決となった。

2022年5月11日、オーストラリアニューカッスルでフランシス・チュアとノンタイトル7回戦を行い、7回2-1で判定勝ちを収めた[18]

戦績[編集]

  • プロボクシング:13戦12勝(4ko)1分
プロボクシング 戦績
12 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
11 4 7 0 1 0
0 0 0 0


日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考・会場
1 2017年3月28日 勝利 1R 2:11 TKO パランペッチ・シスパーサク(タイ) タイ王国の旗 タイ プロデビュー戦
2 2017年6月27日 勝利 6R 判定3-0 パブリト・カナダ(フィリピン) フィリピンの旗 フィリピン
3 2017年7月23日 勝利 3R 1:34 TKO ソムサックチャイ・ソーソーナロン(タイ) タイ王国の旗 タイ
4 2017年10月16日 勝利 6R 判定3-0 仲里 周磨(ナカザト) 日本の旗 日本
5 2018年1月13日 勝利 8R 判定3-0 正木 脩也(帝拳) 日本の旗 日本 2017年度A級トーナメントスーパーフェザー級決勝
6 2018年6月20日 勝利 12R 判定2-1 カルロ・マガレ(フィリピン) フィリピンの旗 フィリピン OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級タイトルマッチ
7 2018年10月6日 引分 12R 判定1-1 末吉大(帝拳) 日本の旗 日本 日本・OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級王座統一戦 / OPBF王座防衛1
8 2019年3月27日 勝利 12R 判定3-0 渡邉卓也(青木) 日本の旗 日本 OPBF王座防衛2
9 2019年7月27日 勝利 8R 1:56 KO 竹中良(三迫) 日本の旗 日本 OPBF王座防衛3
10 2019年12月10日 勝利 12R 判定2-1 木村吉光白井・具志堅 日本の旗 日本 OPBF王座防衛4
11 2020年12月26日 勝利 10R 判定2-0 伊藤雅雪横浜光 日本の旗 日本
12 2021年12月2日 勝利 6R 2:01 TKO 西谷和宏(VADY) 日本の旗 日本
13 2022年5月11日 勝利 7R 判定2-1 フランシス・チュア(オーストラリア) オーストラリアの旗 オーストラリア
テンプレート

獲得タイトル[編集]

  • 2017年度A級トーナメントスーパーフェザー級優勝
  • 第44代OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級王座(防衛4=返上)

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2017年3月試合結果 日本ボクシングコミッション(JBC) 2017年3月28日参照
  2. ^ 井上尚弥に挑戦のニエベス語る、村田諒太TV情報 Boxing News(ボクシングニュース)2017年6月28日
  3. ^ 三代 大訓 オフィシャルサイト
  4. ^ 2017年7月試合結果 日本ボクシングコミッション(JBC) 2017年7月23日参照
  5. ^ [1] テレビ東京ホームページ参照
  6. ^ 2017年10月試合結果 日本ボクシングコミッション(JBC) 2017年10月16日参照
  7. ^ コーチ義人と三代大訓が決勝進出 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年10月16日
  8. ^ 2018年1月試合結果 日本ボクシングコミッション(JBC) 2018年1月13日参照
  9. ^ 三代大訓 判定勝利でデビュー6戦目にして王座奪取 スポニチ 2018年6月20日参照
  10. ^ 島根県:7月6日(ボクシング新王座)知事広聴会 / 広聴会平成30年度) 島根県 2018年7月6日
  11. ^ 三代大訓がOPBF王座V2、渡邉卓也は奮闘も及ばず Boxing News(ボクシングニュース)2019年3月27日
  12. ^ 三代大訓が8回KOでOPBF王座V3 ベテラン竹中良を下す Boxing News(ボクシングニュース)2019年7月27日
  13. ^ 三代大訓が2-1判定辛勝 OPBF・S・フェザー級V4 2戦目の重岡優大がWBC7位に勝利 Boxing News(ボクシングニュース)2019年12月10日
  14. ^ 三代大訓が競り勝つ ライト級ウォーズ白熱“主役”伊藤雅雪はまさかの2-0判定負け Boxing News(ボクシングニュース)2020年12月26日
  15. ^ 伊藤雅雪戦の三代大訓 国内注目対決の延期歓迎 「延びればもっと強くなれると思っていた」 Boxing News(ボクシングニュース)2020年9月30日
  16. ^ 井上拓真&三代大訓が東洋太平洋王座を返上 JBCが公示 スポニチアネックス 2021年3月29日
  17. ^ 元王者対決 三代大訓が西谷和宏を2度倒して6回TKO勝ち 世界に一歩前進 Boxing News(ボクシングニュース)2021年12月3日
  18. ^ ライト級世界ランカー三代大訓がオーストラリアで勝利、富施郁哉は地域王座戦に敗れる Boxing News(ボクシングニュース)2022年5月11日
  19. ^ 井上が3年連続MVP 年間最高試合は井岡のV2戦 日刊スポーツ 2021年1月28日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]