ローラ・リップマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ローラ・リップマン
(Laura Lippman)
LauraLippman.jpg
誕生 (1959-01-31) 1959年1月31日(60歳)
アメリカ合衆国の旗 ジョージア州アトランタ
職業 作家
言語 英語
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
最終学歴 ノースウェスタン大学
活動期間 1997年 -
ジャンル ミステリ
主な受賞歴

エドガー賞ペーパーバック賞
1998年 チャーム・シティ

アガサ賞長編賞
1999年 スタンド・アローン
アンソニー賞長編賞
2015年 After I'm Gone
デビュー作 『ボルチモア・ブルース』
配偶者 デヴィッド・サイモン英語版
公式サイト http://www.lauralippman.com/
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ローラ・リップマンLaura Lippman1959年1月31日 - )は、アメリカ合衆国推理作家

経歴[編集]

1959年ジョージア州アトランタに生まれ、メリーランド州ボルチモアで生まれ育った。父はボルチモア・サン紙英語版の記者として知られるテオ・リップマン・Jr、母は公立学校の元司書マデリーン・リップマン。メリーランド州コロンビアの高校を卒業。

その後、サン・アントニオ・ライト紙やボルチモア・サン紙のリポーターとなった。ボルチモアを舞台とした彼女の代表シリーズの主人公テス・モナハンは、元記者の私立探偵という設定である。同シリーズでアガサ賞アンソニー賞エドガー賞ネロ・ウルフ賞ガムシュー賞シェイマス賞など数々のミステリの賞を受賞した。2007年に刊行された『女たちの真実』(原題:What the Dead Know )はニューヨーク・タイムズのベストセラーリスト入りし、英国推理作家協会ゴールド・ダガー賞にノミネートされた。また、2003年に刊行された『あの日、少女たちは赤ん坊を殺した』(原題:Every Secret Thing )は、アカデミー賞女優フランシス・マクドーマンドが映画化の権利を獲得し、2014年に『シークレット・デイ』のタイトルで映画化された。

現在は、ボルチモア南部の町フェデラル・ヒルに住んでおり、近所のコーヒー・ショップで執筆作業をすることも多々ある[1]。また、郊外にあるリベラルアーツ・カレッジガウチャー大学で教鞭を取っている。

夫はボルチモア・サン紙の元記者で、HBOで放送されていたテレビドラマ「THE WIRE/ザ・ワイヤー」のエグゼクティブ・プロデューサーのデヴィッド・サイモン。「ザ・ワイヤー」の第1シーズン第8話で女性キャラクターの1人がリップマンの作品を読んでいるシーンが登場し、ラストシーズンで彼女はボルチモア・サン紙の記者として働いているという演出がされた[2]

作品リスト[編集]

テス・モナハン シリーズ[編集]

# 邦題 原題 刊行年
アメリカ合衆国の旗
刊行年月
日本の旗
訳者 日本の旗 出版社
1 ボルチモア・ブルース Baltimore Blues 1997年 2000年5月 岩瀬孝雄 早川書房
2 チャーム・シティ Charm City 1997年 1999年3月
3 スタンド・アローン Butchers Hill 1998年 2000年11月 吉澤康子
4 ビッグ・トラブル In Big Trouble 1999年 2001年7月
5 シュガー・ハウス The Sugar House 2000年 2002年8月
6 ストレンジ・シティ In a Strange City 2001年 2003年9月
7 ラスト・プレイス The Last Place 2002年 2004年11月
8 ロスト・ファミリー By A Spider's Thread 2004年 2005年12月
9 No Good Deeds 2006年
10 Another Thing to Fall 2008年
11 The Girl in the Green Raincoat 2011年
12 Hush, Hush 2015年
短編

シリーズ外[編集]

長編[編集]

# 邦題 原題 刊行年
アメリカ合衆国の旗
刊行年月
日本の旗
訳者 日本の旗 出版社
1 あの日、少女たちは赤ん坊を殺した Every Secret Thing 2003年 2005年10月 吉澤康子 早川書房
2 永遠の三人 To The Power of Three 2005年 2008年7月
3 女たちの真実 What the Dead Know (米)
Little Sister (英)
2007年 2008年2月
4 Life Sentences 2009年
5 I'd Know You Anywhere (米)
Don't Look Back (英)
2010年
6 The Most Dangerous Thing 2011年
7 And When She Was Good 2012年
8 After I'm Gone 2014年
9 Wilde Lake 2016年

短編集[編集]

  • 心から愛するただひとりの人 Hardly Knew Her: Stories (2008) 【短編集】
    • 野放図な女たち Part 1: Girls Gone Wild
      • クラック・コカイン・ダイエット The Crack Cocaine Diet (2005)
      • 彼が必要だったもの What He Needed (2002)
      • 拝啓 <ペントハウス・フォーラム> さま(第一稿) Dear Penthouse Forum (A First Draft) (2005)
      • ベビーシッターのルール The Babysitter's Code (2005)
      • 知らない女 Hardly Knew Her (2007)
      • 魔性の女 Femme Fatale (2006)
      • 心から愛するただひとりの人 One True Love (2006)
    • ほかの街。自分の街ではなく Part 2: Other Cities, Not My Own
      • ポニーガール Pony Girl (2007)
      • ARMと女 ARM and the Woman (2006)
      • ミニバー Honor Bar (2006)
      • 不始末の始末 A Good Fuck Spoiled (2006)
    • わたしの産んだ子がボルチモアの街を歩く Part 3: My Baby Walks the Streets of Baltimore
      • お茶の子さいさい Easy as A-B-C (2006)
      • ブラックアイドスーザン Black-Eyed Susan (2006)
      • ロパ・ビエハ Ropa Vieja (2001)
      • 靴磨き屋の後悔 The Shoeshine Man's Regrets (2004)
      • 偶然の探偵 The Accidental Detective
      • 女を怒らせると Scratch a Woman

短編[編集]

  • Like a Charm: A Novel in Voices (2004) - カリン・スローター編アンソロジー集
  • Family Man - アンソロジー"Twilight Zone: 19 Original Stories on the 50th Anniversary" 収録

受賞[編集]

タイトル 結果
ボルチモア・ブルース 1998年 シェイマス賞 新人賞 ノミネート
チャーム・シティ 1998年 エドガー賞 ペーパーバック賞 受賞
マカヴィティ賞 新人賞 ノミネート
シェイマス賞 ペーパーバック賞 受賞
アンソニー賞 ペーパーバック賞 ノミネート
スタンド・アローン 1998年 アガサ賞 長編賞 受賞
1999年 マカヴィティ賞 長編賞 ノミネート
アンソニー賞 ペーパーバック賞 受賞
ビッグ・トラブル 1999年 アガサ賞 長編賞 ノミネート
2000年 アンソニー賞 ペーパーバック賞 受賞
シェイマス賞 ペーパーバック賞 受賞
シュガー・ハウス 2001年 ネロ・ウルフ賞 受賞
ラスト・プレイス 2003年 シェイマス賞 長編賞 ノミネート
あの日、少女たちは赤ん坊を殺した 2003年 ハメット賞 ノミネート
2004年 アンソニー賞 長編賞 受賞
バリー賞 長編賞 受賞
ロスト・ファミリー 2004年 アガサ賞 長編賞 受賞
2005年 エドガー賞 長編賞 ノミネート
アンソニー賞 長編賞 ノミネート
永遠の三人 2006年 ガムシュー賞 最優秀ミステリ賞 受賞
アンソニー賞 長編賞 ノミネート
No Good Deeds 2007年 アンソニー賞 長編賞 受賞
女たちの真実 2008年 ゴールド・ダガー賞 ノミネート
マカヴィティ賞 長編賞 受賞
アンソニー賞 長編賞 受賞
バリー賞 長編賞 受賞
ガムシュー賞 最優秀ミステリ賞 ノミネート
女を怒らせると 2009年 マカヴィティ賞 短編賞 ノミネート
I'd Know You Anywhere 2011年 エドガー賞 長編賞 ノミネート
アンソニー賞 長編賞 ノミネート
After I’m Gone 2015年 アンソニー賞 長編賞 受賞

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Laura Lippman, mystery novelist”. Slate.com (2003年6月24日). 2009年10月29日閲覧。
  2. ^ Baker, Jeff (2008年3月13日). “Interview: Author Laura Lippman on "Another Thing to Fall"”. oregonlive.com. The Oregonian. 2008年9月23日閲覧。