THE WIRE/ザ・ワイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
THE WIRE/ザ・ワイヤー
ジャンル ドラマ
製作者 デヴィッド・サイモン英語版
出演者

ドミニク・ウェスト
ジョン・ドーマン
イドリス・エルバ
フランキー・フェイソン
ラリー・ギリアード・Jr
ウッド・ハリス
ディアドレ・ラブジョイ英語版
ウェンデル・ピアス
ランス・レディック
アンドレ・ロヨ英語版
ソーニャ・ソーン
クリス・バウアー
ポール・ベン=ヴィクター
クラーク・ピータース英語版
エイミー・ライアン
エイダン・ギレン
ジム・トゥルー=フロスト英語版
ロバート・ウィスダム
セス・ギリアム英語版
ドミニク・ロンバルドッジ英語版
JD・ウィリアムズ英語版
マイケル・K・ウィリアムズ
コーリー・パーカー・ロビンソン英語版
レジ・E・キャセイ
チャド・コールマン
ジェイミー・ヘクター英語版
グリン・ターマン
クラーク・ジョンソン
トム・マッカーシー
ベンガ・アキナベ
ニール・ハフ英語版
ジャーメイン・クロフォード英語版
トリスタン・ワイルド英語版
マイケル・コストロフ英語版
ミシェル・パレス英語版
イザイア・ウィットロック・Jr
ビル・レイモンド英語版
ジェイムズ・ランソン
パブロ・シュレイバー
アル・ブラウン英語版
フェリシア・ピアソン英語版
グベンガ・アキナグベ
ロバート・F・チュウ英語版
メソッド・マン
ハッサン・ジョンソン英語版
S・ロバート・モーガン英語版
トレイ・チェイニー英語版
マイケル・ポッツ英語版
ジュリト・マッカラム
マエストロ・ハレル英語版

デビッド・コスタビル英語版
テーマ曲
作者
トム・ウェイツ
オープニングテーマ "Way Down in the Hole"
Season 1:
The Blind Boys of Alabama
Season 2:
Tom Waits
Season 3:
The Neville Brothers
Season 4:
DoMaJe|DoMaJe
Season 5:
Steve Earle
エンディングテーマ "The Fall" by Blake Leyh
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
シーズン数 5
話数 60 (エピソード一覧)
製作
製作総指揮 デヴィッド・サイモン
ロバート・F・コールズベリー英語版 (Seasons 1–3)
ニナ・コストロフ=ノーブル英語版 (Seasons 3–5)
プロデューサー カレン・L・トーソン英語版
エド・バーンズ英語版 (Seasons 3–5)
ジョー・チャペル (Seasons 3–5)
ジョージ・P・ペレケーノス (Season 3)
エリック・オーバーメイヤー英語版 (Season 4)
製作場所 メリーランド州ボルチモア
撮影体制 Single-camera
放送時間 55–60 分
放送
放送局 HBO
映像 480i SDTV
音声 Dolby Digital 5.1
放送期間 2002年6月2日 (2002-06-02) – 2008年3月9日 (2008-3-9)
外部リンク
ウェブサイト

THE WIRE/ザ・ワイヤー』(原題:The Wire)は、アメリカの放送局HBOにて2002年から2008年にかけて放送されたテレビドラマメリーランド州ボルティモアを舞台に、警察と麻薬取引、港湾管理、教育、政治、犯罪など、アメリカの都市が抱える諸問題を描いたドラマである。

日本においては、スーパー!ドラマTVにて、5シーズン全60話が放映された。現在は、定額配信サービスのHuluで全シーズンが配信されている(2017年6月)。

ストーリー[編集]

舞台はメリーランド州ボルティモア。アメリカ合衆国東部の大西洋岸に位置する一都市で、人口に占める黒人の割合は60%を超える。

主人公のジミー・マクノルティは、ボルティモア警察署の殺人課に所属する刑事。麻薬がらみの殺人事件の裁判を傍聴したマクノルティは、麻薬組織の脅しによって目撃者が証言を翻し、有罪確実と思われた被疑者に無罪判決が下される様子を目にする。法廷を後にしたマクノルティは判事のもとを訪れ、西ボルティモアの暴力事件の背後には麻薬組織が存在し、そのボスがエイヴォン・バークスデールという名の男であることを告げる。これをきっかけに、警察署内にはバークスデールとその一味を捜査する特別捜査班が組織される。

しかし、マクノルティの単独行動を快く思わない上司たちは、特別捜査班に無能な刑事しかよこさない。捜査班は無能な刑事たちのたまり場と化し、それでもマクノルティをはじめとする少数の敏腕刑事たちはなんとか捜査を進めようとするが、捜査班のリーダーであるセドリック・ダニエルズ警部補と捜査方針を巡ってたびたび衝突し、事態は一向に進展しない。そんな中、盗聴(wire tapping)による捜査に一条の活路を見出したことで、バラバラだったチームはまとまりを見せ始める。

エピソード一覧[編集]

シーズン一覧[編集]

シーズン エピソード 米国での放送日
初回 最終回
1 13 2002年6月2日 (2002-06-02) 2002年9月8日 (2002-9-8)
2 12 2003年6月1日 (2003-06-01) 2003年8月24日 (2003-8-24)
3 12 2004年9月19日 (2004-09-19) 2004年12月19日 (2004-12-19)
4 13 2006年9月10日 (2006-09-10) 2006年12月10日 (2006-12-10)
5 10 2008年1月6日 (2008-01-06) 2008年3月9日 (2008-3-9)
トータル 60 2002年6月2日 (2002-06-02) – 2008年3月9日 (2008-3-9)

シーズン1 (2002年)[編集]

通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日 視聴者数
(万人)
1 1 標的 The Target クラーク・ジョンソン 2002年6月2日 (2002-06-02) 370[1]
2 2 麻薬課 The Detail クラーク・ジョンソン 2002年6月9日 (2002-06-09) 280[2]
3 3 ディーラー The Buys Peter Medak 2002年6月16日 (2002-06-16)
4 4 オールドケース Old Cases Clement Virgo 2002年6月23日 (2002-06-23)
5 5 ポケベル The Pager クラーク・ジョンソン 2002年6月30日 (2002-06-30) 297[3]
6 6 ワイヤー・盗聴 The Wire Ed Bianchi 2002年7月7日 (2002-07-07) 298[4]
7 7 逮捕 One Arrest ジョー・チャペル 2002年7月21日 (2002-07-21) 412[5]
8 8 直感 Lessons Gloria Muzio 2002年7月28日 (2002-07-28) 331[6]
9 9 決戦の日 Game Day ミルチョ・マンチェフスキ 2002年8月4日 (2002-08-04) 342[7]
10 10 代償 The Cost ブラッド・アンダーソン 2002年8月11日 (2002-08-11) 415[8]
11 11 一斉捜査 The Hunt Steve Shill 2002年8月18日 (2002-08-18) 343[9]
12 12 身辺整理 Cleaning Up Clement Virgo 2002年9月1日 (2002-09-01) 366[10]
13 13 判決 Sentencing ティム・ヴァン・パタン 2002年9月8日 (2002-09-08) 377[11]

シーズン2 (2003年)[編集]

通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日 視聴者数
(万人)
14 1 引き潮 Ebb Tide Ed Bianchi 2003年6月1日 (2003-06-01) 443[12]
15 2 巻き添え Collateral Damage Ed Bianchi 2003年6月8日 (2003-06-08) 350[13]
16 3 ホット・ショット Hot Shots エロディ・キーン 2003年6月15日 (2003-06-15) 264[14]
17 4 難問 Hard Cases エロディ・キーン 2003年6月22日 (2003-06-22) 433[15]
18 5 伏流 Undertow Steve Shill 2003年6月29日 (2003-06-29) 362[16]
19 6 プロローグ All Prologue Steve Shill 2003年7月6日 (2003-07-06) 411[17]
20 7 余波 Backwash Thomas J. Wright 2003年7月13日 (2003-07-13)
21 8 ダック・アンド・カバー Duck and Cover ダン・アティアス 2003年7月27日 (2003-07-27) 364[18]
22 9 流れ弾 Stray Rounds ティム・ヴァン・パタン 2003年8月3日 (2003-08-03) 304[19]
23 10 前触れ Storm Warnings Rob Bailey 2003年8月10日 (2003-08-10) 351[20]
24 11 悪夢 Bad Dreams アーネスト・ディッカーソン 2003年8月17日 (2003-08-17) 370[21]
25 12 Port in a Storm Robert F. Colesberry 2003年8月24日 (2003-08-24) 448[22]

シーズン3 (2004年)[編集]

通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日
26 1 繰り返し Time After Time Ed Bianchi 2004年9月19日 (2004-09-19)
27 2 思い違い All Due Respect Steve Shill 2004年9月26日 (2004-09-26)
28 3 デッド・ソルジャーズ Dead Soldiers Rob Bailey 2004年10月3日 (2004-10-03)
29 4 ハムステルダム Hamsterdam アーネスト・ディッカーソン 2004年10月10日 (2004-10-10)
30 5 表と裏 Straight and True ダン・アティアス 2004年10月17日 (2004-10-17)
31 6 逆戻り Homecoming Leslie Libman 2004年10月31日 (2004-10-31)
32 7 使い捨て Back Burners ティム・ヴァン・パタン 2004年11月7日 (2004-11-07)
33 8 不道徳 Moral Midgetry アニエスカ・ホランド 2004年11月14日 (2004-11-14)
34 9 スラップスティック Slapstick アレックス・ザクシェフスキ 2004年11月21日 (2004-11-21)
35 10 改善 Reformation Christine Moore 2004年11月28日 (2004-11-28)
36 11 落としどころ Middle Ground ジョー・チャペル 2004年12月12日 (2004-12-12)
37 12 任務完了 Mission Accomplished アーネスト・ディッカーソン 2004年12月19日 (2004-12-19)

シーズン4 (2006年)[編集]

通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日
38 1 夏休み Boys of Summer ジョー・チャペル 2006年9月10日 (2006-09-10)
39 2 優しい目 Soft Eyes Christine Moore 2006年9月17日 (2006-09-17)
40 3 新学期 Home Rooms Seith Mann 2006年9月24日 (2006-09-24)
41 4 避難民 Refugees Jim McKay 2006年10月1日 (2006-10-01)
42 5 同盟 Alliances David Platt 2006年10月8日 (2006-10-08)
43 6 接戦 Margin of Error ダン・アティアス 2006年10月15日 (2006-10-15)
44 7 黄金律 Unto Others Anthony Hemingway 2006年10月29日 (2006-10-29)
45 8 街角の少年たち<コーナー・ボーイズ> Corner Boys アニエスカ・ホランド 2006年11月5日 (2006-11-05)
46 9 この街で Know Your Place アレックス・ザクシェフスキ 2006年11月12日 (2006-11-12)
47 10 憂慮 Misgivings アーネスト・ディッカーソン 2006年11月19日 (2006-11-19)
48 11 新時代 A New Day ブラッド・アンダーソン 2006年11月26日 (2006-11-26)
49 12 己の恵みを持つ者 That's Got His Own ジョー・チャペル 2006年12月3日 (2006-12-03)
50 13 最終成績 Final Grades アーネスト・ディッカーソン 2006年12月10日 (2006-12-10)

シーズン5 (2008年)[編集]

通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日 視聴者数
(万人)
51 1 削減と効率 More with Less ジョー・チャペル 2008年1月6日 (2008-01-06) 123[23]
52 2 未確認情報 Unconfirmed Reports アーネスト・ディッカーソン 2008年1月13日 (2008-01-13) 119[24]
53 3 匿名 Not for Attribution Scott Kecken
Joy Kecken
2008年1月20日 (2008-01-20) 85[25]
54 4 移行 Transitions ダン・アティアス 2008年1月27日 (2008-01-27) 128[26]
55 5 取材 React Quotes アニエスカ・ホランド 2008年2月3日 (2008-02-03)
56 6 ディケンズ的視点 The Dickensian Aspect Seith Mann 2008年2月10日 (2008-02-10) 74[27]
57 7 騙し Took ドミニク・ウェスト 2008年2月17日 (2008-02-17) 57[28]
58 8 解明 Clarifications Anthony Hemingway 2008年2月24日 (2008-02-24)
59 9 最新版 Late Editions ジョー・チャペル 2008年3月2日 (2008-03-02) 71[29]
60 10 (了) –30– クラーク・ジョンソン 2008年3月9日 (2008-03-09) 110[30]

出典(翻訳元)[編集]

  1. ^ HBO's 'Six Feet Under' Finishes, 'The Wire' Starts Strong”. The Futon Critic (2003年6月4日). 2017年10月21日閲覧。
  2. ^ Downey, Kevin (2002年6月19日). “Boost for Fox from 'American Idol'”. Media Life Magazine. 2017年10月21日閲覧。
  3. ^ Downey, Kevin (2002年7月10日). “NASCAR zooms Fox to a first in 18-49s”. Media Life Magazine. 2017年10月21日閲覧。
  4. ^ Downey, Kevin (2002年7月17日). “Fox streak broken by All-Star slump”. Media Life Magazine. 2017年10月21日閲覧。
  5. ^ Downey, Kevin (2002年7月31日). “Big duke-out for top network”. Media Life Magazine. 2017年10月21日閲覧。
  6. ^ Downey, Kevin (2002年8月7日). “Bum primetime summer for ABC”. Media Life Magazine. 2017年10月21日閲覧。
  7. ^ Downey, Kevin (2002年8月14日). “July sweeps belong under the rug”. Media Life Magazine. 2017年10月21日閲覧。
  8. ^ Downey, Kevin (2002年8月21日). “TV summer really belongs to cops”. Media Life Magazine. 2017年10月21日閲覧。
  9. ^ Downey, Kevin (2002年8月28日). “Some late summer trophies for 'Idol'”. Media Life Magazine. 2017年10月21日閲覧。
  10. ^ Downey, Kevin (2002年9月12日). “With fall, Fox trots again”. Media Life Magazine. 2017年10月21日閲覧。
  11. ^ Downey, Kevin (2002年9月18日). “Early premieres boost ABC and WB”. Media Life Magazine. 2017年10月21日閲覧。
  12. ^ Fitzgerald, Toni (2003年6月11日). “Tonys: not hardly a disaster”. Media Life Magazine. 2017年10月21日閲覧。
  13. ^ Levin, Gary (2003年6月10日). “Hillary and Miss Universe are ratings winners”. USA Today. 2017年10月21日閲覧。
  14. ^ Fitzgerald, Toni (2003年6月25日). “Stinko ratings for summer scripted shows”. Media Life Magazine. 2017年10月21日閲覧。
  15. ^ Fitzgerald, Toni (2003年7月2日). “And the winner is . . .'Top Model'”. Media Life Magazine. 2017年10月21日閲覧。
  16. ^ Downey, Kevin (2003年7月9日). “A flusher summer for broadcast networks”. Media Life Magazine. 2017年10月21日閲覧。
  17. ^ Fitzgerald, Toni (2003年7月16日). “Fox's dashed hopes for 'Banzai'”. Media Life Magazine. 2017年10月21日閲覧。
  18. ^ Fitzgerald, Toni (2003年8月6日). “'Restaurant' warms with the main course”. Media Life Magazine. 2017年10月21日閲覧。
  19. ^ Fitzgerald, Toni (2003年8月13日). “For 'The O.C.,' a time to find its legs”. Media Life Magazine. 2017年10月21日閲覧。
  20. ^ Fitzgerald, Toni (2003年8月20日). “The blackout ate my ratings, it did'”. Media Life Magazine. 2017年10月21日閲覧。
  21. ^ Fitzgerald, Toni (2003年8月27日). “Bang-up finish for dogging 'Amazing Race'”. Media Life Magazine. 2017年10月21日閲覧。
  22. ^ Fitzgerald, Toni (2003年9月4日). “Schedule switches to keep an eye on”. Media Life Magazine. 2017年10月21日閲覧。
  23. ^ Yanan, Travis (2008年1月8日). “Last Night's Results: Sunday 1/06/08”. Programming Insider Feedback. 2017年10月21日閲覧。
  24. ^ Yanan, Travis (2008年1月15日). “Last Night's Results: Sunday 1/13/08”. Programming Insider Feedback. 2017年10月21日閲覧。
  25. ^ Zurawik, David (2008年1月24日). “Viewership for HBO's `The Wire' declines”. The Baltimore Sun. 2017年10月21日閲覧。
  26. ^ Yanan, Travis (2008年1月29日). “Last Night's Results: Sunday 1/27/08”. Programming Insider Feedback. 2017年10月21日閲覧。
  27. ^ TOP SÉRIES DU LUNDI 4 AU DIMANCHE 10 FÉVRIER 2008”. AlloCine Blogs (2008年2月15日). 2017年10月21日閲覧。
  28. ^ Yanan, Travis (2008年2月20日). “Last Night's Results: Sunday 2/17/08”. Programming Insider Feedback. 2017年10月21日閲覧。
  29. ^ TOP SÉRIES DU LUNDI 25 FÉVRIER AU DIMANCHE 2 MARS 2008”. AlloCine Blogs (2008年3月7日). 2017年10月21日閲覧。
  30. ^ Levin, Gary (2008年3月11日). “Nielsens: 'Runway' finale rules on cable”. USA Today. 2017年10月21日閲覧。

外部リンク[編集]