ロンギング・イン・ゼア・ハーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロンギング・イン・ゼア・ハーツ
ボニー・レイットスタジオ・アルバム
リリース
録音 1993年8月-10月
ジャンル ブルースロック, カントリーポップ
時間
レーベル キャピトル
プロデュース ボニー・レイット, ドン・ウォズ
ボニー・レイット アルバム 年表
ラック・オブ・ザ・ドロウ
1991
ロンギング・イン・ゼア・ハーツ
1994
ロード・テステッド
1995
『ロンギング・イン・ゼア・ハーツ』収録のシングル
  1. 恋が生まれるとき - Love Sneakin' Up On You」
    リリース: 1994
テンプレートを表示
専門評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典評価
オールミュージック4.5/5stars[1]
エンターテインメント・ウィークリーB[2]
ロバート・クリストガウ(neither)[3]
ローリング・ストーン4/5stars[4]

『ロンギング・イン・ゼア・ハーツ』(原題:Longing in their Hearts)は1994年にリリースされたボニー・レイットの12枚目のアルバム。 アルバムにはメインストリームのポップヒットである「恋が生まれるとき (Love Sneakin 'Up On You) 」が収録されており、 ビルボードシングルチャートで19位に達し、「ユー (You)」は、これまでに彼女の唯一の英国トップ40ヒットであり、最高で31位となった。

トラックリスト[編集]

  1. 恋が生まれるとき - Love Sneakin' Up On You 」(トム・スノー 、ジミー・スコット)– 3:41
  2. 「ロンギング・イン・ゼア・ハーツ - Longing In Their Hearts 」(ボニー・レイットマイケル・オキーフ)– 4:48
  3. 「ユー - You」(ジョン・シャンクス 、 ボブ・ティーレ・ジュニア 、 トニオ・K)– 4:27
  4. 「クール、クリア・ウォーター - Cool, Clear Water」(レイット)– 5:27
  5. 「サークル・ダンス - Circle Dance」(レイット)– 4:11
  6. 「アイ・ショー・ドゥ - I Sho Do」(ティーニー・ホッジス 、ビリー・オールウェイズ)– 3:38
  7. 「薄暗い部屋で - Dimming of the Day 」(リチャード・トンプソン)– 3:39
  8. 「フィーリング・オブ・フォーリング - Feeling of Falling」(レイット)– 6:17
  9. 「スティール・ユア・ハート・アウェイ - Steal Your Heart Away」( ポール・ブレイディ )– 5:44
  10. 「ストーム・ウォーニング - Storm Warning」(テリー・ブリッテン 、リー・マールフリード)– 4:31
  11. 「ヘル・トゥ・ペイ - Hell to Pay」(Raitt)– 4:03
  12. 「疑いの影 - Shadow of Doubt」(ゲイリー・ニコルソン)– 4:26

パーソネル[編集]

  • ボニー・レイット – リードボーカル 、バッキングボーカル(1、3、6)、 スライドギター (1、6、10、11)、 アコースティックギター (2、3)、 キーボード (4)、 エレクトリックピアノ (5)、弦楽器と木管楽器の編曲(5)、ホーンアレンジメント(6)、 オルガン (8)、スライドアコースティックギター(12)、足音(12)、アレンジメント(12)
  • ジョージ・マリネッリ – エレクトリックギター(1、2、3)、 マンドリン (2、4)、ギター(4)、リードギター(9)
  • マーク・ゴールデンバーグ – エレクトリックギター(3)、 ウード (3)、"ファースト"アコースティックギター(7)
  • ランディ・ジェイコブス – リードギター(6)、 リズムギター (6、9)、エレキギター(11)
  • リチャード・トンプソン – "セカンド"アコースティックギター(7)
  • スティーブン・ブルートン – エレキギター (8)
  • スコットサーストン –キーボード( 1、6、11 )、キーボードプログラミング(5)
  • ボブ・ティーレ・ジュニア – シンセ・アコーディオン(3)、シンセ・パッド(3)、アレンジメント(3)
  • ベンモント・テンチ – ハモンドC3オルガン ( 5、7、9 )、キーボード(9、10)
  • ミッチェル・フルーム – ハルモニウム (7)
  • ジェームス・"ハッチ"・ハチンソンベースギター (1-4、6、8-11)
  • ドン・ウォズ – アコースティックベース(5)
  • ビューエル・ネイドリンガー –アコースティックベース(7)
  • リッキー・ファター – ドラムス( 1、2、4、6、8-11 )
  • パウリーニョ・ダ・コスタパーカッション (1-6、8-11)
  • デブラ・ドブキン – ケルトバスドラム(4)
  • ジョン・クラーク – アルトフルート (5)、 バスフルート (5)、 イングリッシュホルン (5)
  • デビッド・キャンベル – 弦楽器と木管楽器の編曲(5)
  • ラリー・コーベット – チェロ (5)
  • スージー・カタヤマ – チェロ(5)
  • ダニエル・スミス – チェロ(5)
  • スコット・ハウパート – ヴィオラ (5)
  • シンシア・モロー – ヴィオラ(5)
  • マーティ・グレブ – バリトンサックス (6)、ホーンアレンジメント(6)
  • ザ・メンフィス・ホーンズ
  • チャーリー・マッスルホワイトハーモニカ (12)
  • スイートピー・アトキンソン – バッキングボーカル( 1、4、6、9、10 )
  • ハリー・ボーエンズ – バックボーカル( 1、3、4、6、9、10 )
  • デヴィッド・レイズリー – バッキングボーカル( 1、3、4、9、10 )
  • アーノルド・マッカラー – バッキング・ボーカル( 1、3、4、6、9、10 )
  • レヴォン・ヘルム – ハーモニーボーカル(2)
  • ポール・ブレイディ – ハーモニーボーカル(4、7)、 ペニーホイッスル (4)、アコースティックギター(9)
  • デヴィッド・クロスビー – ハーモニーボーカル(5)

プロダクション[編集]

  • プロデューサー – ボニー・レイットとドン・ウォズ
  • プロダクションコーディネーション – マーシャ・バーンズ、アシスタント:キャリー・マッコンキー
  • エンジニアとミキシング – エド・チャーニー
  • アシスタント・エンジニア – ダン・ボスワース
  • 追加エンジニア – クリス・アルバート、ダン・ボスワース、ブラッド・クック、ジェームズ・サエズ。
  • オーシャン・ウェイ・レコーディング 、チョムスキー・ランチ、ザ・コンヴェン、レコード・プラント (以上ロサンゼルス、カリフォルニア州)およびアバター・スタジオ (ニューヨーク、NY)でレコーディング。
  • ミックス・アシスタント – マイケルライター
  • レコード・プラントでミキシング。
  • The Mastering Lab(カリフォルニア州ハリウッド)でDoug Saxがマスター。
  • アート・ディレクション – ジェフリー・フェイとトミース・ティール
  • デザイン – ジェフリー・フェイ
  • 写真 – ジョン・カサド
  • センター・スプレッド・ペインティング – クレイトン・キャンベル
  • レタリング・デザインとロゴ – Tim Girvin Design、Inc.
  • マネージメント – ジェフリー・ハーシュ、ロン・ストーン、ジェーン・オッペンハイマー

その他の情報[編集]

スティービー・ニックスは、2009年3月31日にリリースされた初めてのライブアルバムThe Soundstage Sessionsで「サークル・ダンス」を取り上げた。

チャート[編集]

アルバム - ビルボード (北米)

チャート ポジション
1994 ビルボード200 1

シングル -ビルボード(北米)

シングル チャート ポジション
1994 恋が生まれるとき アダルトコンテンポラリー 2
1994 「恋が生まれるとき」 メインストリームロックトラック 25
1994 「恋が生まれるとき」 ビルボードホット100 19
1994 「恋が生まれるとき」 トップ40メインストリーム 15
1994 「ユー」 アダルトコンテンポラリー 15
1994 「ユー」 ビルボードホット100 92

受賞歴[編集]

グラミー賞

勝者 カテゴリー
1994 ロンギング・イン・ゼア・ハーツ ベストエンジニアリングアルバム、非クラシック
1994 ロンギング・イン・ゼア・ハーツ ベストポップボーカルアルバム

脚注[編集]