ロターリオ2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロターリオ2世
Lotario II
イタリア王
在位 945年 - 950年
出生 926/8年
死去 950年
配偶者 アーデルハイト・フォン・ブルグント
子女 エンマ
王家 ボゾン家
父親 ウーゴ
母親 アルダ
宗教 カトリック教会
テンプレートを表示

ロターリオ2世Lotario II, 926年または928年 - 950年)は、イタリア王(在位:945年 - 950年)。アルルのロターリオ(Lotario di Arles)とも呼ばれる。

生涯[ソースを編集]

プロヴァンスのウーゴの息子で、931年にはイタリアの王位を手にした。937年に父はイタリアと隣接する国との和平のために、彼とブルグンド王ルドルフ2世の16歳の娘アデライーデとを結婚させた。945年、イヴレーアのベレンガーリオは、ウーゴを退位させ息子に譲り、「最高顧問」の地位を封建領主に譲らせた。ロターリオはそのため唯一の王となるが、その期間は短く、彼の父は再び王位を得る事に成功し、それは947年の父ウーゴの死の年まで続いた。945年から後は権力は実質的にはイヴレーア辺境伯により管理された。

ロターリオはベレンガーリオによりおそらく毒殺され、950年に没した。ベレンガーリオはイタリアにおける自身の権力を固めるため、ロターリオの未亡人アデライーデを息子アダルベルト2世と結婚させようとした。しかし、アデライーデはドイツ王オットー1世の保護を求め、951年パヴィーアにてオットー1世と再婚した。ドイツ人の王オットーは、パヴィーアの戴冠によりベレンガーリオの後継者として認められた。

子女[ソースを編集]

アデライーデとの間に1女をもうけた。