レボブピバカイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

レボブピバカイン: levobupivacaine)は、アミノアミド型の局所麻酔薬の一つ。ブピバカイン光学異性体である。一般にポプスカインといった商品名で販売されている。

概要[編集]

2008年から販売されている長時間作用型の局所麻酔薬で、ブピバカインと同等の鎮痛作用をもちながら、心毒性と中枢神経系への副作用が少ないという特徴を有している。硬膜外麻酔伝達麻酔のほか、硬膜外術後鎮痛にも用いられる。

参考文献[編集]