プロカイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プロカイン
Procaine Structural Formulae.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
胎児危険度分類
法的規制
投与方法 注射
薬物動態データ
生物学的利用能 n/a
代謝 血漿中のエステラーゼによって加水分解
半減期 40–84 秒
排泄 腎臓
識別
CAS番号
59-46-1
ATCコード N01BA02 (WHO) C05AD05 (WHO)S01HA05 (WHO)
PubChem CID: 4914
DrugBank APRD00650
KEGG D08422
化学的データ
化学式 C13H20N2O2
分子量 236.31 g/mol

プロカイン: procaine)は、エステル型の局所麻酔薬の一つ。麻薬であるコカイン代用薬であり、毒性はコカインよりも弱い。日本薬局方には塩酸プロカインとして収載されている劇薬、指定医薬品である。作用機序は神経の電位依存型Naイオンチャネル阻害による。コカインに比べ粘膜からの吸収が弱く、表面麻酔には不適当である。また、エステル型の局所麻酔薬は血中のエステラーゼで容易に分解されるため、プロカインはアミド型の局所麻酔薬であるリドカインよりも加水分解されやすい。浸潤麻酔脊髄麻酔に用いられる。

血管拡張作用を有するため歯科領域での局所麻酔剤の場合、持続性を持たせるためにアドレナリン等の血管収縮剤を併用する場合がある。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 獣医学大辞典編集委員会編集 『明解獣医学辞典』 チクサン出版 1991年 ISBN 4885006104
  • 伊藤勝昭ほか編集 『新獣医薬理学』 近代出版 2004年 ISBN 4874021018