ルテニウムの同位体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルテニウム (Ru) の同位体のうち、天然に産するのは7種類の安定同位体である。さらに、34種類の放射性同位体がしられており、それらの中で安定なものは 106Ru(半減期 373.59 日)、 103Ru(半減期 39.26 日)、97Ru(半減期 2.9 日)である。


放射性同位体の主な崩壊様式として、最も存在量の多い 102Ru よりも軽い同位体は電子捕獲によりテクネチウムに、重い同位体はベータ崩壊によりロジウムに変わる。

ルテニウムの標準原子量は101.07(2) u である。

一覧[編集]

同位体核種 Z(p) N(n) 同位体質量 (u) 半減期 核スピン数 天然存在比 天然存在比
(範囲)
励起エネルギー
87Ru 44 43 86.94918(64)# 50# ms [>1.5 µs] 1/2-#
88Ru 44 44 87.94026(43)# 1.3(3) s [1.2(+3-2) s] 0+
89Ru 44 45 88.93611(54)# 1.38(11) s (7/2)(+#)
90Ru 44 46 89.92989(32)# 11.7(9) s 0+
91Ru 44 47 90.92629(63)# 7.9(4) s (9/2+)
91mRu 80(300)# keV 7.6(8) s (1/2-)
92Ru 44 48 91.92012(32)# 3.65(5) min 0+
93Ru 44 49 92.91705(9) 59.7(6) s (9/2)+
93m1Ru 734.40(10) keV 10.8(3) s (1/2)-
93m2Ru 2082.6(9) keV 2.20(17) µs (21/2)+
94Ru 44 50 93.911360(14) 51.8(6) min 0+
94mRu 2644.55(25) keV 71(4) µs (8+)
95Ru 44 51 94.910413(13) 1.643(14) h 5/2+
96Ru 44 52 95.907598(8) STABLE [>67E+15 a] 0+ 0.0554(14)
97Ru 44 53 96.907555(9) 2.791(4) d 5/2+
98Ru 44 54 97.905287(7) STABLE 0+ 0.0187(3)
99Ru 44 55 98.9059393(22) STABLE 5/2+ 0.1276(14)
100Ru 44 56 99.9042195(22) STABLE 0+ 0.1260(7)
101Ru 44 57 100.9055821(22) STABLE 5/2+ 0.1706(2)
101mRu 527.56(10) keV 17.5(4) µs 11/2-
102Ru 44 58 101.9043493(22) STABLE 0+ 0.3155(14)
103Ru 44 59 102.9063238(22) 39.26(2) d 3/2+
103mRu 238.2(7) keV 1.69(7) ms 11/2-
104Ru 44 60 103.905433(3) STABLE (TDB) 0+ 0.1862(27)
105Ru 44 61 104.907753(3) 4.44(2) h 3/2+
106Ru 44 62 105.907329(8) 373.59(15) d 0+
107Ru 44 63 106.90991(13) 3.75(5) min (5/2)+
108Ru 44 64 107.91017(12) 4.55(5) min 0+
109Ru 44 65 108.91320(7) 34.5(10) s (5/2+)#
110Ru 44 66 109.91414(6) 11.6(6) s 0+
111Ru 44 67 110.91770(8) 2.12(7) s (5/2+)
112Ru 44 68 111.91897(8) 1.75(7) s 0+
113Ru 44 69 112.92249(8) 0.80(5) s (5/2+)
113mRu 130(18) keV 510(30) ms (11/2-)
114Ru 44 70 113.92428(25)# 0.53(6) s 0+
115Ru 44 71 114.92869(14) 740(80) ms
116Ru 44 72 115.93081(75)# 400# ms [>300 ns] 0+
117Ru 44 73 116.93558(75)# 300# ms [>300 ns]
118Ru 44 74 117.93782(86)# 200# ms [>300 ns] 0+
119Ru 44 75 118.94284(75)# 170# ms [>300 ns]
120Ru 44 76 119.94531(86)# 80# ms [>300 ns] 0+
  • 同位体分布が例外的な試料が地質学的に知られる。そのような試料では不確かさが大きい可能性がある。
  • # の記号は純粋に実験的に求められたものではないことを示す。核スピンのうち、議論が残っているものはカッコ内に示す。
  • 数値の最後の桁の誤差をカッコ書きで付記している。IUPAC が発表した同位体分布比と標準原子量以外は標準偏差である。

脚注[編集]