ルイ・シャルル・ドルレアン (ヌムール公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルイ・シャルル・ドルレアン
Louis Charles d'Orléans
LodewijkNemours.jpg
ヌムール公ルイ・シャルル像、フランツ・ヴィンターハルター画、コンピエーニュ城所蔵
称号 ヌムール公
出生 (1814-10-25) 1814年10月25日
パレ・ロワイヤル
死去 (1896-06-26) 1896年6月26日(81歳没)
ヴェルサイユ
配偶者 ヴィクトワール・ド・サクス=コブール=コアリー
子女 ガストン
フェルディナン・フィリップ
マルグリット・アデライード
ブランシュ
父親 フランスルイ・フィリップ
母親 マリー・アメリー・ド・ブルボン
役職 赤十字社総裁
テンプレートを表示

ルイ・シャルル・フィリップ・ラファエル・ドルレアン(全名:Louis Charles Philippe Raphaël d'Orléans, duc de Nemours, 1814年10月25日 - 1896年6月26日)は、フランスの王族。ヌムール公。フランス王ルイ・フィリップと王妃マリー・アメリーの次男。

生涯[編集]

パリパレ・ロワイヤルで誕生する。12歳でシャッスール師団の大佐、1830年にサンテスプリ修道会のシュヴァリエとなった。1825年頃にルイ・シャルルの名はギリシャ国王の候補者として挙げられ、1831年2月にはベルギー国王の候補者となった(ルイ・シャルルはベルギー独立革命の際にフランス軍を率い、ネーデルラント連合王国からの分離独立を目指してベルギーへ入国していた)。アントウェルペン包囲戦でも活躍した。

1836年秋にはフランス領アルジェリア平定作戦の一環としてコンスタンティーヌへ上陸する。1837年1841年とアルジェリアへ派遣された。

1842年、長兄オルレアン公フェルディナンが急死すると、ヌムール公は自然と幼い甥、パリ伯フィリップ摂政役に就いたことから、立場の重要性が大いに増した。しかしヌムール公は国民の支持を得られず、不人気であった。1848年2月革命イギリスへ亡命した。

1871年にフランスへ帰国し、翌1872年3月に陸軍士官としての地位を回復した。退役後も、1881年まで赤十字社の総裁を務めた。パトリス・ド・マクマオン大統領時代には、時折エリゼ宮へ姿を現したという。1896年にヴェルサイユで死去した。

家族[編集]

1840年ザクセン=コーブルク=ゴータ=コハーリ家出身のヴィクトワール(ヴィクトリア)と結婚した。なお、1843年にはルイ・シャルルの妹クレマンティーヌとヴィクトリアの兄アウグスト公子が結婚し、初代ブルガリアフェルディナンド1世らをもうけている。

ルイ・シャルルはヴィクトワールとの間に2男2女をもうけた。

脚註[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

参照[編集]

関連項目[編集]