ルイス・エドゥアルド・ダ・シルバ・ドス・サントス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はダ・シルバ第二姓(父方の)はドス・サントスです。
ドゥドゥ Football pictogram.svg
名前
本名 ルイス・エドゥアルド・ダ・シルバ・ドス・サントス
Luiz Eduardo Da Silva Dos Santos
ラテン文字 DUDU
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1996-02-24) 1996年2月24日(23歳)
出身地 カンポ・グランデ
身長 172cm
体重 67kg
選手情報
在籍チーム ブラジルの旗 AAポンチ・プレッタ
ポジション FW
利き足 右足
ユース
2011-2012 ポルトガルの旗 ベンフィカ
2013-2015 ブラジルの旗 グアイクルス
2015-2016 ブラジルの旗 クルゼイロ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2016-2018 ブラジルの旗 クルゼイロ 0 (0)
2016-2017 日本の旗 柏レイソル (loan) 9 (0)
2018 ブラジルの旗 ナウチコ 16 (2)
2019- ブラジルの旗 ポンチ・プレッタ - (-)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年2月27日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ドゥドゥ(Dudu)こと、ルイス・エドゥアルド・ダ・シルバ・ドス・サントス(Luiz Eduardo Da Silva Dos Santos、1996年2月24日 - )は、ブラジルマットグロッソ・ド・スル州カンポ・グランデ出身のサッカー選手[1]カンピオナート・ブラジレイロ・セリエBAAポンチ・プレッタ所属。ポジションはフォワード

経歴[編集]

15歳の時にポルトガルへ渡り、SLベンフィカの下部組織で1年半プレーした[1]。帰国後は故郷のクラブ・CEグアイクルスポルトガル語版に加入し、2014年マットグロッソ・ド・スル州選手権2部ポルトガル語版と同州U-19選手権でチーム得点王となる活躍を見せ、翌年にクルゼイロECへ移籍した[1][2]

2016年1月に開催されたU-20カテゴリーの全国大会・コパ・サンパウロ・ジ・フチボウ・ジュニオールポルトガル語版ではベスト4進出に貢献したが、トップチームへの昇格は見送られることが決まり移籍先を探していたところ、同大会での活躍に注目したJリーグ柏レイソルからオファーが届き、同年3月に期限付き移籍で加入した[2][3][4][5]。契約は最大3年間の期限付き移籍期間延長、および買取オプション付き[2][5]。同年7月9日J1 2ndステージ第2節浦和レッズ戦でJリーグ初出場を果たし[3]9月3日第96回天皇杯2回戦奈良クラブ戦で来日後初得点を記録した。

2017年5月24日のルヴァンカップグループステージ第6節・FC東京戦で負傷し、右膝前十字靭帯断裂と診断され治療に専念するために、6月23日に登録抹消となった[6]

登録抹消となって以降も柏の練習には参加していたが、2018年4月にクルーベ・ナウチコ・カピバリベへ移籍した[7]

人物[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2016 34 J1 7 0 0 0 2 1 9 1
2017 18 2 0 5 1 0 0 7 1
通算 日本 J1 9 0 5 1 2 1 16 2
総通算 9 0 5 1 2 1 16 2

出場歴[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]