マットグロッソ・ド・スル州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マットグロッソ・ド・スル州
Estado de Mato Grosso do Sul
州旗 州章
(旗) (紋章)
位置
行政府所在地 カンポ・グランデ
最大都市 カンポ・グランデ
面積 2,267,094km2
自治体数 79
人口 244万9024人(2010年)[1]
人口密度 6.86人/平方キロメートル(2010年)[1]
GDP
 - 1人当たり
691億18百万レアル(2013年)
2万6715レアル(2013年)
ISO 3166-2:BR BR-MS
標準時 UTC-4
ウェブサイト www.ms.gov.br

マットグロッソ・ド・スル州Estado de Mato Grosso do Sul)は、ブラジルの西部に位置する。州庁所在地はカンポ・グランデ。略称は「MS」。

地理[編集]

ゴイアス州ミナスジェライス州マットグロッソ州パラナ州サンパウロ州、それにパラグアイボリビアと隣接する。

世界的な湿地帯であるパンタナール(Pantanal)が北のマットグロッソ州やボリビア・パラグアイにわたって広がっており、南の州都カンポグランデからもアクセスできる(北の玄関口はマットグロッソ州クイアバである)。

州全域においてブラジリア時間より1時間遅い時差が設定されている。

主な都市[編集]

人種[編集]

白人が51.78%、混血が44.51%、黒人が5.15%、インディオが0.84%、アジア人が0.64%である。

教育[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Estados@ ブラジル地理統計院 (英語) 2017年1月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]