ルイサ・ディオゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はディアス第二姓(父方の)はディオゴです。
ルイサ・ディオゴ
Luísa Dias Diogo
Luisa Diogo, World Economic Forum Annual Meeting 2009 1.jpg
生年月日 (1958-04-11) 1958年4月11日(62歳)
出生地 ポルトガルの旗 ポルトガルポルトガル領モザンビーク英語版(現モザンビークの旗 モザンビーク
出身校 エドゥアルド・モンドラーネ大学卒業
ロンドン大学修了
前職 財務省予算局長
所属政党 モザンビーク解放戦線
称号 経済学士(エドゥアルド・モンドラーネ大学、ロンドン大学)

在任期間 2004年2月17日 - 2010年1月16日
大統領 アルマンド・ゲブーザ
テンプレートを表示

ルイサ・ディオゴポルトガル語:Luísa Dias Diogo、1958年4月11日 -)は、モザンビーク政治家モザンビーク解放戦線所属議員。同国第3代首相を務めた。

経歴[編集]

1958年4月11日に当時はポルトガル領英語版だったモザンビークにて生まれる。1980年にモザンビーク財務省に入省した。首都マプートの国立エドゥアルド・モンドラーネ大学経済学を学び、1983年学位を授かった。他にもロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS)の学位を得ている。1989年に財務省の予算局長に就任し、実施した政策が評価され、1994年財務大臣の座に就く。

2004年2月17日に第2代首相パスコアル・モクンビ英語版の退任後、同日に初の女性首相として就任した。その後、2005年9月に開催されたイギリス労働党会議に主席し、ルイサ・ディオゴの演説は高く評価された。2010年に首相を退任。

ルイサ・ディオゴは、エイズに対して熱心に取り組んでいる。男女平等差別の撤廃政策がルイサ・ディオゴのスローガンである。

公職
先代:
パスコアル・モクンビ英語版
モザンビークの旗 モザンビーク首相
第3代:2004 - 2010
次代:
アイレス・アリ英語版