リード・ギャレット・ホフマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

リード・ギャレット・ホフマン[1](Reid Garrett Hoffman、1967年8月5日 - )は、アメリカ合衆国起業家ベンチャー資本家、著作家である。LinkedInの共同創業者として知られる。

来歴とキャリア[編集]

ホフマンはカリフォルニア州スタンフォード市にディアナ・ルス・ラッターとウィリアム・パーカー・ホフマン・ジュニア[2][3]の間に生まれ、同州バークリー市で育った。彼の父親方の曾、曾、曾祖父は長老派教会牧師インディアナ大学の大学長セオフィリス・アダム・ワイリーに代わって一時的な大学長を務めた。[3] プトニー高校に通い、そこでメープルシロップ農場を管理し、牛の群れの番をし、認識論を勉強した[4] 1990年、象徴システムと認識科学の理学士号を得てスタンフォード大学を卒業。(そこで彼はマーシャル奨学金とディンケルスピーエル賞を受賞[5] 1993年には哲学において博士号を得るためオックスフォード大学へ進学した。

ホフマンによると、大学時代に、将来世界に大きな影響を与えたいと思うようになったという[4]彼は、学究的世界をその「影響」を与える機会と見ていたが、後に起業家としてのキャリアの方がより多くの機会に恵まれると気づく。「スタンフォードを卒業した時点では大学教授になって公的な知識人になる予定だった。カントの言葉を引用することが重要なのではない。本当に重要なのはレンズを通して社会に「私たちは何者なのか?」「個人として、そして社会としてどうあるべきか?」と問いかけることだ。ただ私が気づいたことは、大学教官が書く本など50、60人が読むだけで、私はそれよりももっと偉大な影響を探していた。」[6]

それを念頭に、ホフマンはビジネスマン、そして起業家としての活動を通してのキャリアを追い求めた。1994年にはアップルコンピュータに入社し、初期段階のソーシャルネットワーク、eWorldの開設を担当した。1996年AOLによりeWorldは吸収された[7] 後にFujitsuで働き、そして1997年に彼の最初の企業であるSocialNet.comを共同開設した。SocialNet.comはオンライン交際や同じような趣味を持つ人をつなげる、例えばゴルフをする人が近所でゴルフのパートナーを探す目的に焦点を当てた[8] ピーター・ティールによれば、SocialNet.comが知られる前までそれはただのアイディアに過ぎなかったと語っている。SocialNet.comが流行となるまで7、8年かかった。

Paypal[編集]

SocialNetで働いている間、ホフマンは電子マネー送信サービスであるPayPalの開設にあたる理事会の一員であった。2000年1月にSocialNetを辞め、Paypalの最高執行責任者としてフルタイムで常勤となる。[8] ホフマンがPayPalで雇ったアレン・ブルーは、「PayPalは様々な利益を得るためにこれまで苦労を重ねてきたが、リードは極度に競争率の高い環境で効率的に競うエキスパートになった」と話している。[7] ホフマンは、支払いインフラ(ビザマスターカード、ACH、ウェルズファーゴ)、事業開設(eBay、イントゥイット等)、行政(規制や統括)、そして法律用件を含めたPayPalが持つ全ての外部との関係の責任者であった。PayPalで上司であったピーター・ティールは、ホフマンがPayPalでの問題解決担当のリーダーであったと語っている。しかし多くの問題を抱えていたPayPalでのその役割は彼の名声を落とすこともあった。[8] 2002年に15億ドルでPayPalがeBayに吸収された際には、ホフマンはPayPalの副社長であった。

LinkedIn[編集]

ホフマンはSocialNetで同僚だった二人(アレン・ブルーを含む)と大学時代のクラスメート、Fujitsuで同僚であった一人と共に、2002年12月、LinkedInを共同開設した。[4] It launched on May 5, 2003 as one of the first business-oriented online social networks.[9] LinkedInはビジネスに焦点を置いたソーシャルネットワークの一つとして2003年5月5日にリリースされた。PayPalで同僚だったピーター・ティールとキース・ラボワがLinkedInに投資をした。[4]LinkedInには2012年11月の時点で200以上の国と領地で18 億人以上の利用者が登録している。[9]利用者は、ある程度の関係やつながりを持つ人の連絡先などのリストを維持することができる。利用者は誰でも(サイト利用者でなくても)紹介することができ、つながりを持つことができる。Forbesは、「LinkedInは、仕事を探している人やビジネスで活躍する人々が今日利用できる最も有利なソーシャルネットワーキングツールである」としている。

ホフマンは最初の4年間LinkedInの共同開設者である最高責任者であり、そして2007年2月には議長、社長となる。LinkedInは2007年の5月に初めての黒字年度を祝った。[7]2009年の6月に最高議長となる。[10]2011年5月19日公開のLinkedInの株式公開にて、2009年にパートナーとなったGreylock Partnersからの潜在利益を除外して、20.34億ドルに上るステイクを所有している。2012年8月9日、サラ・レイシー・ホフマンと会話中に、自分の能力を以前はできなかった方法で発揮できるようになるツールをどう利用するか果敢に考えることが必要だと語った。

投資[編集]

eBayによる買収の後、ホフマンはシリコンバレーで最も富み、成功しているエンジェル投資家の一人となる。ベンチャー資産家のデービッド・ズィは、ホフマンのことを「おそらくここ10年間で一番成功している投資家である。」[11]と語っている。

SurveyMonkeyの最高責任者であるデーブ・ゴールドバーグは、ホフマンのことを企業を立ち上げる時に相談したい存在だと言っている。[7]ホフマンは技術系企業に80以上のエンジェル投資を行った。2010年にはGreylock Partnersに加わり2億ドルのディスカバリーファンドを管理している。[12]Greylockにおける彼の焦点は消費者とサービス、事業ソフトウェア、消費者インターネット、事業2.0、モバイル、ソーシャルゲーミング、オンライン市場、支払い、そしてソーシャルネットワークである。[13] Facebookの創業期に会社評価額500万ドルで3万7500ドルを投資した。

Zynga[編集]

ホフマンは、Zyngaの初回の資金提供に個人的に投資をし理事会に加わった。ホフマンとZyngaの最高責任者であるマーク・ピンカスはSix Degrees Patentの共同所有者である。[14] Zyngaは2012年8月の時点で20.48億ドルの市場資産を公的にトレードする企業である。[15]

その他の投資[編集]

ホフマンが投資するその他の企業にはWikia, Permuto, SixApart, thesixtyone, Tagged, IronPort, Flickr, Digg, Ping.fm, Nanosolar, Care.com, Knewton, Kongregate, Last.fm, Technetto, OneKingsLane, Wrapp, Edmodo, Vendio そしてshopkickがある。[16]ホフマンはシリコンバレーで全ての役職を経験した人として知られている。これまで、製品管理者(アップル、Fujitsu)、急成長を遂げていた企業 (PayPal) での責任者、エンジェル投資家、社会事業の投資家、ベンチャー企業 (LinkedIn) の最高責任者と共同開設者、そして個人、または公共の企業の独立した理事会のメンバーという役割を経験している。

公共知的事業[編集]

ホフマンはスイスのデイボスで行われるWorld Economic Forumに頻繁に参加し、2011年と2012年のBilderberg Meetingsに参加した。[17][18]ホフマンはベン・フランクリンに影響を受けた冒険好きな友が集まり世界を変えるためのアイディアを出し合う会The Weekend To Be Named Laterを共に組織している。[4] 2012年のロングビーチで行われたTED協議とXPrize Foundationの協議で演説し、さらに、スタンフォード大学、オックスフォード大学ハーバード大学、MIT、メディアラブなどに講師として頻繁に呼ばれている。CNNのチャーリーローズショー、フェアドザカリア、グローバルパブリックスクエアやその他のテレビプログラムにも登場している。

執筆活動[編集]

ホフマンは2009年にLet Startups Bail Us OutというタイトルでThe Washington Postに署名入り論評を執筆した。[19]ビジネスにおけるネットワーキングについてStrategy+Businessを執筆し、「思考されたリーダー」としてLinkedInに独自に記述し公示している。[20]

スタートアップ![編集]

ホフマンはベン・カスノーカと共同でビジネス書籍であるスタートアップ!-シリコンバレー流成功する自己実現の秘訣を執筆した[4]書籍は2012年の2月14日にアメリカで発売された。個人が自分自身をビジネスとして、自分たちのキャリアの最高責任者として考えるべきと唱え、シリコンバレーの成功している技術系企業の話から学ぶ教訓と個人のキャリアから学ぶ教訓を比較している。[21] 2012年9月の時点で10万部以上を売っている。[22] New York TimesとWall Street Journalのベストセラーになった。[23][24]

出版社であるWeeklyはホフマンの本を前向きに批評し、いかなるキャリアの段階における妥当な価値のあるアドバイスがたくさん書かれており、読者にとって、ビジネスが不確かな時期にも生き残るための手助けになるだけではなく、群集から傑出し成功するための手助けとなる、と評価している。[25] The Economistは、ホフマンとカスノーカはビジネスの世界における変化に対するいくつもの抜け目無い観察をしている、と評価している。[26]

慈善事業[編集]

LinkedInの最高責任者であるジェフ・ワイナーは、「リードの信念は、一番重要な方法で前向きで永久的な影響を世界に与えることだ。」と話している。[7] ホフマンはDo Something(行動を起こしたい若者のための組織)、Kiva.org(マイクロ財政組織)Mozilla(Firefoxの開設社)、Exploratorium(科学、芸術、人間知覚力の博物館) 新しい市場で多大な影響のある企業を探し出し援助する国際的非営利開発組織であるEndeavor Globalの議会のメンバーである。さらにホフマンはQuestBridgeの後援者でもある。

名誉と受賞歴[編集]

2012年5月、Forbes Midas Listはホフマンを、最高投資家の中で第三位のランクとした。[27] Forbesはホフマンを、「シリコンバレーの無敵な投資家」と記述し、ほぼ全ての有利なソーシャルメディアの起業に携わったとしている。

2012年、NewsweekとThe Daily Beastは初めての「Digital Power Indexにその年のデジタルの世界で一番重要な100人のリスト(さらに「一生の成功者」の勝者10人)を記載し、「エンジェル」の部でホフマンは第3位にランク付けされた。[28]

LinkedInのリード・ホフマンとジェフ・ワイナーは2011年のErnst and Youngアメリカ起業家に選ばれた。[29]

Fast Companyのビジネスにおける一番創造力のある100人の中で第17位に選ばれた。[30]

2012年にKahn Academyのサルマン・カーンと共に、ホフマンはWorld Affairs CouncilとGlobal Philanthropy Forumより表彰を受けた。協議会は、個人的な起業や社会活動において社会的な変化に影響し、またはこれから影響し続ける著しいリーダーの栄誉をたたえている。2012年の表彰は社会に影響したテクノロジーを祝すテーマであった。[31]

ハイテク産業、コミュニティーそして人間性に関してホフマンの功績と成功を称え、2012年のTechAmericaによる業績表彰であるDavid Packardメダルを授与した。[32]

注釈[編集]

  1. ^ http://www.quora.com/Reid-Garrett-Hoffman
  2. ^ Bigelow, Catherine (2012年4月30日). “Citizens United for Research in Epilepsy SF benefit”. The San Francisco Chronicle. http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/c/a/2012/04/26/LV051O5T5C.DTL 
  3. ^ a b http://www.losaltosonline.com/index.php?option=com_content&task=view&id=25760&Itemid=177
  4. ^ a b c d e f The Start-Up of You: Adapt to the Future, Invest in Yourself, and Transform your Career. New York: Crown Business. (2012). ISBN 978-0307888907. 
  5. ^ Reid G. Hoffman: Chairman and Co-Founder, LinkedIn Corporation. Bloomsberg Business.
  6. ^ Cree, Richard (July 2009). “Well connected”. Director magazine. 
  7. ^ a b c d e Reid Hoffman Revealed: Bloomberg Gamechangers”. Bloomberg Television. 2012年12月15日閲覧。
  8. ^ a b c Rusli, Evelyn (2011年11月5日). “A King of Connections Is Tech’s Go-To Guy”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2011/11/06/business/reid-hoffman-of-linkedin-has-become-the-go-to-guy-of-tech.html?pagewanted=all 2012年12月15日閲覧。 
  9. ^ a b LinkedIn: About”. LinkedIn. 2012年12月15日閲覧。
  10. ^ LinkedIn: Reid Hoffman”. 2012年12月15日閲覧。
  11. ^ http://techcrunch.tv/disrupt/watch?id=tpMm5xMToTc7kZDVc10Z1bGBjym3sUAc
  12. ^ http://techcrunch.com/2010/09/27/greylock-gives-super-angel-turned-vc-reid-hoffman-a-20-million-seed-fund/
  13. ^ Endeavor's Board of Directors: Reid Hoffman”. Endeavor Global. 2012年12月15日閲覧。
  14. ^ http://www.allfacebook.com/the-zynga-influence-2009-09
  15. ^ http://www.google.com/finance?q=znga
  16. ^ LinkedIn http://www.linkedin.com/in/reidhoffman
  17. ^ Final List of Participants”. Bilderberg Meetings. 2013年5月12日閲覧。
  18. ^ Final List of Participants”. Bilderberg Meetings. 2013年5月12日閲覧。
  19. ^ Hoffman, Reid (2009年3月3日). “Let Start-Ups Bail Us Out”. The Washington Post. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2009/03/02/AR2009030201947.html 2012年12月14日閲覧。 
  20. ^ Hoffman, Reid. “Connections with integrity”. Strategy + Business. 2012年12月15日閲覧。
  21. ^ “LinkedIn co-founder on "The Start-Up of You"”. CBS News. http://www.cbsnews.com/video/watch/?id=7398910n 
  22. ^ Takahashi, Dean. “Crunchfund founder quizzes Reid Hoffman about what it’s like to be ‘ridiculously wealthy’”. VentureBeat. 2012年12月14日閲覧。
  23. ^ Best Sellers - The New York Times”. New York Times. 2012年12月14日閲覧。
  24. ^ Best-Selling Books, Week Ended Feb. 19”. Wall Street Journal. 2012年12月14日閲覧。
  25. ^ Nonfiction Review: The Start-Up of You: Adapt to the Future, Invest in Yourself, and Transform Your Career”. Publishers Weekly. 2012年12月14日閲覧。
  26. ^ Becoming a social worker: What finding jobs and founding businesses have in common”. The Economist. 2012年12月14日閲覧。
  27. ^ “Reid Hoffman - Forbes”. Forbes.com. http://www.forbes.com/lists/midas/2012/reid-hoffman.html 2012年12月14日閲覧。 
  28. ^ The Newsweek Daily Beast Digital Power Index”. The Daily Beast. 2012年12月14日閲覧。
  29. ^ Ernst & Young Entrepreneur Of The Year”. Ernst & Young. 2012年12月14日閲覧。
  30. ^ The 100 Most Creative People in Business 2010”. Fast Company. 2012年12月14日閲覧。
  31. ^ 2012 Awards Dinner Technology for Social Impact”. World Affairs Council. 2012年12月14日閲覧。
  32. ^ Foremski, Tom (2012年10月10日). “LinkedIn's Reid Hoffman Awarded David Packard Lifetime Acheivement Medal”. Silicon Valley Watcher. 2012年12月14日閲覧。

外部リンク[編集]